にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 マイラーズカップ・フローラステークス 予想

副業でやってるサラリーマン稼業がド多忙で疲労困憊なうえ、週末には久々にガッツリ風邪なぞひいてしまい、活力ゼロで一日臥せっていた土曜日。
こんなんで一生が過ぎてゆくのかななどと沈鬱になる心を救ってくれるのはいつも競馬。福島牝馬Sと東京メインとで少ないながらも当たりにありつき、少しだけ浮上。
日曜日は更なる的中で、舞い上がりたいもの。

◆マイラーズカップ

◎⑥ダノンプレミアム
◯⑨ケイアイノーテック
▲④モズアスコット
△③インディチャンプ
△②パクスアメリカーナ

10頭立てながらGⅠ馬3頭、上がり調子の重賞勝ち馬2頭、OP連勝馬など、なかなか粒ぞろいの好メンバーが揃った当レース。

その中でも、やはり久々登場の金鯱賞で衝撃的な強さを見せつけたダノンプレミアムが頭二つ三つは抜けているのかと。
久々のマイルで、次へ向けての試走的な気配が漂っており、また京都は初出走といったあたりは不安要素ともいえるが、脚質などからしても紛れは少なく、どう転んでも馬券外は想像しにくいのではないかと。

約一年前のNHKマイルカップで勝って以来、どうにも結果が芳しくなく、陣営も迷走気味のケイアイノーテックだが、この馬とてマイル路線の主役候補の一角になり得るポテンシャルは持っているはず。
何とかダノンプレミアムを捕まえようと他の有力馬が早めに動いてくれればしめたもの。少し仕掛けを遅らせたこの馬が突っ込んできて、見事に決着線では入れ替わってくれる期待大。

まあ後は強いところに。
モズアスコットは海外帰り、しかも負けて帰ってきてるあたりで当初は軽視していたが、GⅠどうこう以上に高速決着だった昨年2着の実績は重く見るべきかなと。
 



◆フローラステークス

◎⑨ジョディー
◯④ウィクトーリア
▲②シャドウディーヴァ

混戦のフルゲート。この時点で切符を持たざる者たちのトライアル戦ということで、明らかに強いっしょという馬は見当たらず、現時点で1戦1勝の馬が1番人気となっている。

こういうとき狙いたいのは前残り。仕掛けのタイミングを邪魔されないというのは大きなアドバンテージになるし、やはり穴が開くのは後ろより前からである。
ジョディーは血統から距離が不安視されているのか、クロノジェネシスと0.1差の接戦を演じた割には人気しなさすぎかと。
東京競馬場、武藤騎手との相性も抜群で、同型との先行争いが激化しなければスルスルと逃げ残りは期待できる。

その厄介な同型になりそうなのがウィクトーリア。陣営が逃げを示唆しているが、消耗しあうことを避けて番手で折り合ってくれれば◎◯で共存共栄も狙えるんじゃないかと。
また戸崎騎手はそういうのやらせたら上手い。どうか調教師とかから何が何でも逃げろ指令が出ていないことを願いたい。

常に速い上がりを使え、前走以外はずっと2000を使い好走してきたシャドウディーヴァは、内側で閉じ込められたりしなければまず上位に進出してくるはず。
それがアタマなのか連対圏か複勝圏か掲示板内なのか、どこに届くかまではわからないが。


できれば現地行ってタダでもらえるというメモブックをゲットしたかったのだが、ベンザブロックが効いてきたとはいえ風邪っぴきの身。
自重してまた家ゴロしながら観戦することとしておこう。