にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 阪急杯・中山記念 予想

ついこないだ東京に競馬が帰ってきたと思いきや、アッと言う間もなく中山開催。
今週は各路線へと向かう強豪たちの力比べ、来週はクラシックへ向けた列強の選抜戦と、ますます目が離せぬ戦いが、府中よりちょっと行きづらい船橋方面で繰り広げられる。
何回足を運べるかはわからないが、存分に楽しまないともったいない。

◆阪急杯

◎⑧ヒルノデイバロー
◯④ペイシャフェリシタ
▲⑫ディバインコード
△⑥レッドファルクス
△⑰モズアスコット

開幕週の阪神内回り。極端なハイペースにさえならなければ、先行・好位勢が力の差を覆すこともあるかなあとこんな予想に。逃げの2頭はつかまるかなと。

昨年2着のヒルノデイバローは、秋にもサングレーザーと時計差なしの2着とか実績あるのになぜこうも人気しないのか。買いたくなっちゃうじゃないかと。

前走初挑戦のOPで2着だったペイシャフェリシタは好枠活かせれば。

東京新聞杯で錚々たるメンバー相手に2着と0.1差の5着だったディバインコードは、そのレースとNHKマイル以外は馬券になってる安定した強さ。
今後に向けて賞金加算も必須ということもあり、ここはしっかり仕上げてるんじゃないかと。

地力最上位のレッドファルクスは、乗り替わりや輸送など不安点はあるが、坂のある1400なら圧勝もあるかも。

モズアスコットも重賞初挑戦で、レースレベルがきわめて高かった阪神Cで堂々4着。相手レベルは下がったここでは馬券内濃厚と考えるのが自然か。
 



◆中山記念

◎④ペルシアンナイト
◯②サクラアンプルール
▲⑤ウインブライト
△⑩アエロリット

10頭立てでこのメンバーに印つけるのであれば、これ以上買い目は増やせないところ。サクラアンプルールが思ったより人気してるのが誤算だった。

マルターズアポジーが逃げて、マイネルハニーが続く展開は容易に想像でき、開幕週ってことでそのあたりが行ききってしまうこともいかにもありそう。
が、アポジーが逃げを決めるには直線平坦で相手がもう少し弱い必要があるんじゃないかなあと。休み明けで乗り替わりというのもプラスになる気もしない。てか何故中山に田辺いるのにヨシトミさんなのか……
一方、中山得意のマイネルハニーはマルターズアポジーが天敵。自分のペースが作れないここでは厳しいかと。
よってこの2頭はどっちもつかまると読む。

やはり4歳馬たちがここでも強いのでは。昨年の皐月賞上位馬が古馬重賞でも軒並み上位にきてるところから、近しい舞台のここではなおのこと、皐月賞2着のペルシアンナイトが抜けてるのかなと。

皐月賞で4着と差のない8着だったウインブライトも、秋にパワーアップして戻ってきた感があり、ペルシアンナイトが休み明けで緩めの出来ならば逆転あるかも。

古馬が割って入るとしたら、中山の鬼のサクラアンプルールか。
有馬記念も直線入ったときの手応えは良く、致命的な不利がなければ上位進出していたかもしれない。あれの後遺症などがなければ。

アエロリットは今まで馬券外だったのが、輸送して馬場が渋ったGⅠに限られており、まだ底が見えない。
このレベルの牡馬には通用しない可能性もあるとは思うが。

もう1頭有力馬といえるヴィブロスは、休み明けでウチパクさんとかいかにも叩きといった感じで、ここは買いづらいかなと。


日曜はとてつもなく久しぶりに競馬と会社以外での所用ということで、来月のハーフマラソンに向けて仲間とランニング。
頑張って走るんで、こちらが買う馬も頑張っていただければ。