にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 東海ステークス・AJCC 予想

土日のやって来る早さの恐ろしさときたら。
こんなんが50回ばかりあったら、もう一年が過ぎ去ってしまうとか。戦慄すら走ってしまう。

この日曜日はGⅡふたつということで、かたや春の王道に繋がるかもしれず、かたや気がつけばもうだいぶ近づいてきた今年最初のGⅠへと繋がる注目レース。
が、どちらも普通に人気どころが勝ちそうで妙味は見出すのが難しい顔ぶれ。

人気どころに厚く張るか、無理やりにでも穴馬を探すか、混戦のレースよりも馬券師としての在り方が問われるような大寒の戦い。

◆東海ステークス

◎④インティ
◯⑤スマハマ
▲⑦アンジュデジール
△③チュウワウィザード
☆⑥アングライフェン

1年休んでの復帰から3連勝、しかも全て圧勝。ダートにおいては谷間の世代になりつつあった現5歳世代の、遅れてきた真打といった感すらあるインティに素直に期待したい。
直線長い割に前が残りやすい中京ダートなら軽々制して、一気に頂上決戦への切符を手に入れてしまうかも。

それと同等以上の大器である可能性があるのは8ヶ月半ぶり登場のスマハマ。
春にはオメガパフュームやテーオーエナジーより先着しており、最強4歳世代の層の厚さを見せつける存在になるかも。

先行して粘り強いアンジュデジール。
やはり最強世代の一角で、デビュー以来一度も馬券圏外になっていないチュウワウィザード。

この記事を書いている時点では以上の4頭が単勝一桁台となっており、この中から2頭以上は飛びそうもなく、今回は固い決着かなと思える。
が、あえて割り込んでくる穴馬を探すとしたら、中途半端はせずしまい勝負に徹すると宣言しているアングライフェンだろうか。
上手いこといけば、一頭だけ後方から飛び込んでウェスタールンドしてくれるかもしれない。
 



◆アメリカジョッキークラブカップ

◎①ジェネラーレウーノ
◯⑤ダンビュライト
▲④フィエールマン
△⑧シャケトラ
△⑪サクラアンプルール

わずか4戦でクラシックの栄光を手にしたフィエールマンに人気が集まっており、まあ確かに圧勝もあり得るのだが、菊花賞が最後のキレ勝負という極めて特殊なレースだったことや、どうしても後ろからになる脚質など考えると不安も少なくないのかなと。

ここは中山の非根幹距離ということで、格よりも適性重視で考えてみたい。
フィエールマン自体も中山で勝ったことはあるが、3歳500万戦ではちと不足ということで。

京成杯、皐月賞、セントライト記念と、いずれも先行馬に厳しい展開の中、勝ったり馬券に入ったりのジェネラーレウーノが本命。
開催最終週でだいぶ差しが効くようにもなってきてしまったが、3頭以上に交わされる心配は少ないと見る。というわけで複の軸に最適。

昨年の勝ち馬のダンビュライトは、ここのところの気性の悪さが大いに不安ではあるが、中山では重賞を4戦しておりすべて馬券内。
多少出遅れても、4歳馬2頭が強すぎない限りはかなり有力。

1年以上戦列を離れていたシャケトラは愛してやまないレインボーラインの良きライバルだった馬として、個人的に思い入れはひとしお。
2年近く前の日経賞以来馬券内はないが、使ってきたのはすべてGⅠ、良いときのシャケトラに戻っていれば勝ち負け必至ではあるが、さすがに5歳時に一度も走れなかったブランクは大きいだろうか。

中山巧者で忘れてはいけないのがサクラアンプルール。昨秋は天皇賞、有馬記念と使い、決して話にならない負け方ではなかった。
この舞台なら勝ち負けまで望めるかも。


固かろうが荒れようが、結局は当たらねばどうしようもない。
当たる馬券を買うことにしよう。