にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 札幌記念・北九州記念 感想戦

一昨年のメンバーでさえ、なかなか立錐の余地もなかった札幌記念デーの札幌競馬場。
今年はキャンセルによる空席を何とかゲットして指定席にて観戦。土曜の16時頃にキャンセルしてくれた人ありがとー。

とはいえ木曜の門別、土曜の当地に続き馬券は芳しくない。
夏の間馬券休止していて忘れていたが、オレってヘタクソなんだった。

何とか大舞台で逆転したい。
でなければ、何のために此処まで飛んできたのかわからないじゃないか。
願いを込めて、マークシートをぐりぐりする。

www.bakenbaka.com

◆札幌記念

◎⑩サングレーザー
◯⑭クロコスミア
▲⑫ワグネリアン
△⑨フィエールマン
☆⑪ペルシアンナイト

【買い目】
馬連 ⑩⑫⑭
馬連 ⑪ー⑭
3連複 ⑩ー⑨⑪⑫⑭
3連単 ⑩→⑭⇔⑪⑫

【着順】
①ブラストワンピース
⑩サングレーザー ◎
⑨フィエールマン △
⑫ワグネリアン ▲
⑪ペルシアンナイト ☆

エイシンティンクルを前に行かせ、クロコスミア、サングレーザー、ワグネリアンと、こちらが重い印を付けた3頭が好位につける。
オイオイ、こりゃひょっとしたら3連単の目もあるんじゃないのか!? なんて胸躍らせられる時間がそこそこあったので、それだけでも良しとしたい。

サングレーザーこそ流れるように前に出てきてくれたが、外から早めに出てきたワグネリアンがあろうことかクロコスミアの進路をカットしてしまう。

▲が◯を潰したことに頭抱えている間に、内側からいつの間にか前に出てきていたのは無印のブラストワンピース。
テン乗り川田の立ち回りが素晴らしかったこともあるだろうが、今日はよく似た弟でなく本物のブラストが来ていた模様。グイグイ伸びて、ベストの騎乗をした札幌巧者を抜き去って勝利。

それに劣らぬインパクトだったのは、後方から大外を回す羽目になり、追い出しのタイミングで前にいるペルシアンナイトに進路を塞がれたフィエールマン。
これだけスムーズさに欠ける競馬で、ペルシアンとワグネリアンを交わしての3着、それもおそらく出来は完全には遠いとなると、コイツはどれだけ強いのか。
凱旋門でなくJCに向かっていれば、間違いなく最有力候補だったろうなと。
(もちろん挑戦を否定するわけではないが)

結局、4頭のGⅠ馬はみんな掲示板に入ったということで、ナメたらあかんのよなあと痛感した次第で。
 


北九州記念の方は見。

◆北九州記念

⑯ダイメイプリンセス
⑤ディアンドル
⑪アンヴァル
⑬モズスーパーフレア
⑱ミラアイトーン

3ハロン32.7とかなり速く、付いていった先行馬には厳しい展開だったとはいえ、ダイメイプリンセスの伸び方はえぐかった。
なかなか買い時が難しそうだが、力を出せれば強いのは間違いないだろう。

大舞台で注目になるのは、この展開で好位から粘ったディアンドルの方だろうか。
1200にこだわって使われてきており、久々に土がついたとはいえ、全連対は途絶えず。
スプリンターズSは斤量53とかで出れる筈だし、有力候補になるのでは。


夏競馬もそろそろ終わりが見えてきた。
旅打ちということで久々に馬券をやって、ごく普通に負けたあたり、どうやら充電ではなく放電してしまっていたか。

秋の復帰が楽しみなような思いやられるような。