にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2019 福島牝馬ステークス・マイラーズカップ・フローラステークス 感想戦

既報の通り時間外労働続きのうえ風邪までひいてしまい、ぐったりと過ごしていた週末。
折しも春のGⅠも中休みということで、競馬もひと休みというか、重賞ぐらいはザッと出走表眺めて買っときますかねモードで。

◆福島牝馬ステークス

◎⑥フローレスマジック
◯⑤デンコウアンジュ
▲⑧ウインファビラス
△③ランドネ
△④カワキタエンカ

【買い目】
枠連 [5]ー[6]
3連複 ⑥ー③④⑤⑧

【着順】
⑤デンコウアンジュ ◯
⑥フローレスマジック ◎
⑩ダノングレース
⑦ペルソナリテ
⑨ミッシングリンク

ドがつくスローで、逃げ・先行馬してやったりの流れかと思いきや、あんまり遅すぎると後ろもやりようがあるもので、ダノングレースが3コーナー前からまくり始める。
それをシメシメと見ていたであろうヨシトミ先生騎乗のデンコウアンジュが名前どおりの電光一閃、決め手の違いを見せつけ勝利。
2歳時のデビューした月に未勝利・重賞と勝って以来3年半ぶりの勝利とか、すげーや。

このメンバーでは実力安定のフローレスマジックが2着に入り、こちらは連のみゲット。
惜しむらくは、そこまでのレース見るに前有利になるかなと、当初の予定よりこの組み合わせに厚くいかなかったことと、購入時点では馬連より枠連の方がついてたのに、結果逆になっていたこと。
折角たまに当たっても勝負勘が鈍くていかんと反省の土曜日。
 


日曜はGⅡふたつ。風邪は治りそうでなかなか治らない。もどかしい。

◆マイラーズカップ

◎⑥ダノンプレミアム
◯⑨ケイアイノーテック
▲④モズアスコット
△③インディチャンプ
△②パクスアメリカーナ

【買い目】
馬連 ⑥ー⑨
3連複 ⑥ー⑨ー②③④⑧

【着順】
⑥ダノンプレミアム ◎
⑧グァンチャーレ
②パクスアメリカーナ △
③インディチャンプ △
①ストーミーシー

別格のダノンプレミアムはともかく、逃げたグァンチャーレが上がり32.5を使うような展開であれば、中団より後ろの馬にチャンスなどあろうはずがない。
後から思えば、好位につけた馬が返り討ちに合う公算が高い状況でダノンプレミアムを負かしにいくことなどあるはずなく、福永・藤岡兄ともにお互いを2着狙いのライバルとしてレースするであろうことは読まなければならなかった。
結果として先行するであろうグァンチャーレに利するところまで読めれば完璧だが、全ては終わった後だから言えること。プロ馬券師への道は遠い。

◆フローラステークス

◎⑨ジョディー
◯④ウィクトーリア
▲②シャドウディーヴァ

【買い目】
馬連 ②④⑨
ワイド ⑨ー②④
3連複 ②ー④ー⑨

このレースに至っては土曜の夕方まで出走馬もろくに把握しておらず、ほぼ紙上の情報だけでの検討。
④と⑨の前残りを祈念しつつ、常に上がりの速い②を抑える。

【着順】
④ウィクトーリア ◯
②シャドウディーヴァ ▲
⑨ジョディー ◎
⑧パッシングスルー
⑱フェアリーポルカ

ゲート早々隣に寄られて、ウィクトーリアが後方からになってしまい天を仰ぐ。
一方のジョディーは好スタートできっちりハナを取りきる。

こうなればジョディーに何とか残ってもらいつつ、シャドウディーヴァには伸びてきてもらって願わくば馬連、何とかワイドをゲットできれば……と拳を握る直線。
両馬とも期待どおりの健闘を見せてくれ、こちらも風邪でやられた喉を振り絞っての絶叫。

「よし、ヤスナリいいぞ! あとはジョディー! ジョディー残れ! ジョディー頼む! うわ外からなんか来た! でも3着! 3着には残って! ジョディー!! ぢょでぇぇぇぇぇ!!」

決着線を過ぎ、どうだ? 3着には残ったか!? えーい早よリプレイ流せとテレビにかじりつくと、外から飛んできたのがもう1頭の買い目であったことに気付く。
いやん戸崎さんステキと賛嘆。本命のジョディーもアタマ差3着に残っており、少点数でのワイド・馬連・3連複全取り。会心の一撃が決まり、フトコロも幾分か温まる。

とはいえこれはマグレの類。体力気力のない状態でシンプルに検討したのが功を奏した形であり、むしろ時間かけて丹念に予想してたら取れてなかった公算大。

まあこんなことが起こるのも競馬と、幸運はありがたく享受し、次は実力でデカい一撃を決めるべく鍛錬を重ねて参る所存。

www.bakenbaka.com
www.bakenbaka.com