にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 オールカマー 感想戦

勝利と敗北は大概の場合紙一重。神戸新聞杯はその紙一重の良い目が出てくれた。

www.bakenbaka.com

この調子で中山当地重賞も勝利を飾りたいものだと、胸膨らませて買い目を最終決定、超満員のスタンドでファンファーレを聞く。

www.bakenbaka.com

◆オールカマー

◎⑦レイデオロ
◯①アルアイン
▲②ダンビュライト
△⑨ミライヘノツバサ
△⑩ブラックバゴ

【買い目】
枠連 [1]ー[6]
3連単 ⑦→②⑩→①②⑨⑩

変な買い方と思われるかもしれないが、本来①ー⑦馬連(締切数分前では枠連の方が付いてたのでそちらを購入)一点勝負にしようかと思っていたところ、やはり臨戦の不安からアルアイン飛ぶパターンも抑えといた方が良いかなあと。
アルアイン以外でレイデオロを上回る馬はいなかろうとこちらは頭固定で、2着はダンビュライトか展開がハマったときのブラックバゴのみ、3着候補もそんなにいないぞと、抑えの方を3連単にするという不思議買い。
 



【着順】
⑦レイデオロ ◎
①アルアイン ◯
②ダンビュライト ▲
⑪エアアンセム
⑥ショウナンバッハ

マイネルミラノが平均ペースぐらいで逃げ、番手につけたのはもう一頭のマイネルでも、復活のミライヘノツバサでもなく、我らがアルアイン。
他方のレイデオロは中段後ろの方でじっくりいく構え。
流れや馬場を考えるといずれも出来落ちさえなければ上位争い必至ではあるものの、無力な観衆はいつでも不安。アルアインは垂れてしまわないか、レイデオロは差し届かないことがないかとハラハラの道中。

幸いなことに今回それは杞憂だった。
直線抜け出したアルアインをとらえにいけたのは進路取りも抜群のレイデオロのみ、2頭のマッチレースでダービー馬に軍配。

いらんこと考えず、抜けて強いと思っていた2頭だけ買っとけば良かった模様。
それに元々アルアインは連対かぶっ飛びかと踏んでおり、3着付はナシにしようかと思っていたのを、直前で日和って抑えてしまったのも失敗。
これにより本線の枠連に割く金額が目減りしてしまったのは悔やまれるところ。

いくら固いとはいえ、◎→◯→▲決着にしては少なすぎる実入りを嘆くべきか。
いやいや万一もあるのだし保険は必要、(他馬の着順がそのままとして)アルアインが3着でも4着以下でも的中していた我が賢明さに胸を張るべきか。

まあトリガミではないわけだし、とりあえず及第としておきたい。

東西でダービー馬が貫禄を見せて勝利という素晴らしいレースが見れた上に、現地観戦での重賞的中、しかも東西W的中と、世にも珍しい現象が起き、喜びよりも戸惑いを覚えてしまうのが我ながら情けない。金額は大したものでもないというのに。
まあ、いよいよ幕を開けるGⅠシーズンに向けて良い景気付けとなってくれれば。


最終レース後にはパドックにて恒例のチャリティオークションとジョッキーカーニバルが催される。
珍しく神戸新聞杯でなくオールカマーで来ていた武豊騎手が出るなら……と思って見に行ってみたが、ちょこっとだけ顔出して途中退場。新幹線の時間とかだろうか。まあやむなし。(ルメールは不参加だった)
登場時の歓声が一人だけ段違いだったあたり、やっぱ唯一無二のスターだなあと。

ユタカさんを探せLV.5

どうでもよいが、阪神でもジョッキーイベントがあった筈だが、この手のやつは元来なら圧倒的な西高東低であるところ、今回は武・福永不在でかなり痛手だったのでは。
和田さんの孤軍奮闘ぶりが容易に想像つくのだが、どんな塩梅だったのだろうか。


伝え聞いた和田騎手の発言。

「今は亡き福永祐一が〜」
「イベントあるのに今日中山行ってる方がおかしいですよね。僕なんかレイデオロ断ってここに来てるんですから」

心配無用だったようで。