にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2018 クイーンカップ 予想

3連戦最終日(小倉順延でプラス代替開催の可能性あり?)は、家の片付けやらすませつつ、クイーンカップだけ買っとこうと心に誓ったわたくし。なぜならお金なくなっちゃう……

昨年はアドマイヤミヤビやらアエロリットやらレーヌミノルやらが春に主役級の活躍をする前に使っていた重要レース。その前の年はメジャーエンブレムも出ており、クラシックのみならず、同舞台のNHKマイルカップをも占う一戦。

前走GⅠの馬もいれば1戦1勝馬もいたりで、ここで台頭する1頭を見極めるのは実に難しい。

◆クイーンカップ

◎⑥テトラドラクマ
◯⑩マウレア
▲①ナラトゥリス
△⑫レッドベルローズ
△⑬ツヅミモン
☆④ハトホル
 


明確な先行馬はあまりおらず、多くの馬が好位に潜む競馬をしたいところ、牽制しあってだいぶスローになるか、思いのほか位置どり争いが激しくなってペースも流れていくか。
まあ後者かなーと考えている。

となると、2走前3走前は今回と同じ舞台で前の方から良い脚を使い、後に重賞馬となるプリモシーンとクビ差の戦いも演じたテトラドラクマを推したい。
フェアリーSの負けは、出遅れから無理に好位つけたところ展開が向かなかったという不幸の賜物であり、それで人気落ちれば有り難かったが、そう上手くいかず現在3番人気。まあ自分が気づくようなことは皆様百も承知ということだろう。

1番人気のマウレアは、阪神JFで最後はリリーノーブルに少し迫っての3着。重賞勝ち馬がいない今回の中では最も格上だが収得賞金は900万と昨年でいえば桜花賞抽選のラインなので、ここて加算しておきたいことだろう。

そのマウレアに0.1差3着があり、上がりは凌駕していたのが最内のナラトゥリス
1番枠をうまく活用して立ち回れれば、今度こそ差すことができる筈。

後ろから来れるとしたらレッドベルローズハトホルの末脚が魅力。
前が残るのであればツヅミモン
それぞれ先月の重賞ではある程度展開向いての好結果だったが、ここではどうなるか。


フェアリーS同様、若いお嬢さんたちに稼がせてもらうことにしよう。