にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



旅打ち日記 札幌編Ⅱ① 小樽ぼっち観光 2019.8.14

3年連続3回目の北海道旅打ちへ。よく月収が年齢×万円であれば社会人として上出来なぞというが、だとしたら俺めっちゃ若手やん平成生まれやん残業ない月はほぼ新卒やんといった低所得中年としては実に身の程をわきまえぬ所業と自覚はしている。しかも今月は…

2019 札幌記念・北九州記念 感想戦

一昨年のメンバーでさえ、なかなか立錐の余地もなかった札幌記念デーの札幌競馬場。 今年はキャンセルによる空席を何とかゲットして指定席にて観戦。土曜の16時頃にキャンセルしてくれた人ありがとー。とはいえ木曜の門別、土曜の当地に続き馬券は芳しくない…

2019 札幌記念 予想

この夏は馬券休止期間と定めている自分にとって、予想記事を書くのも随分久々で、夏休み中の登校日に友人らと顔を合わせるときのような昂揚と面映ゆさを感じている。今年もまた北海道旅打ちと洒落込んでおり、水曜日から当地にいるわけだが、門別でちょい負…

エルムステークス・関屋記念 感想戦

巨星、また墜つ。近年を代表する、いや、オールタイムレジェンドと言って何ら差し支えない名馬・名種牡馬のディープインパクトが亡くなった僅か11日後に、それと並び立つ唯一の存在だったキングカメハメハまでも永遠の旅立ちを迎えてしまった。 (言ってもGⅠ…

2019 小倉記念・レパードステークス 感想戦

まったく競馬に興味のなかった頃の自分にもその名がはっきり伝わってきていた馬はこれまでに3頭。 オグリキャップ、ナリタブライアン、そしてディープインパクト。偉大なる名馬の突然の訃報が駆け巡り、競馬ファンとして悼む気持ちは持ち合わせてはいるのだ…

2019 クイーンステークス・アイビスサマーダッシュ 感想戦

馬券ナッシング生活も早一ヶ月。生活サイクルに慣れてきた反面、来月半ばの札幌旅打ちに向けてイイ感じで馬券買いたい欲求も高まってきており、この点については思い描いていた通り。 一方、これにより生まれた時間で取り組もうと思っていたことはほとんど着…

りぼん特別展〜250万りぼんっ子おじさん大増刊号〜 at新宿高島屋

中学二年の頃だったか。部活の友人の家にみんなで集まり、そいつん家の居間でスーファミやら何やらして遊んでいた日のことだった。 あまりゲームが得意ではなく、すぐに番が終わってしまった自分は、なにげなくそこにあった友人いわく姉の所有物という少女漫…

2019 函館2歳ステークス・中京記念 感想戦

いわゆるヨゴレ芸人がいましたとさという話から、吉本興業の存亡に関わるほどの騒動へと展開を見せたこの週末。 岡本社長がガキの使いで山崎をしばいていたときは腹筋がぶっ壊れそうになったが、シャレにならないことになっちまいましたな。どうなることやら…

2019 函館記念 感想戦

昨年は現地にて観戦し、手に汗握った函館記念。 今年は実家にて甥っ子なぞと戯れつつ、馬券も買わずに見のみというのだから、随分と異なる状況下。 二人での坊主めくりという、冷静に考えたら何が面白いんだコレという遊戯を中断し、今週もまたやらかした地…

2019 プロキオンステークス・七夕賞 感想戦

短冊に願いを託す年齢でもないが、自分なりに希求するところがあっての、馬券休止生活。 創出された時間を有効に活用しなければならないところなのだが、ここのところ平日の時間外業務がパなく、この土日はくたびれ果てて狭く薄汚い寝ぐらにてダラダラと。馬…

2019 CBC賞・ラジオNIKKEI賞 感想戦

ローカル3場開催の幕が上がり、いよいよ夏競馬が本格スタート。 既報の通り、当方今年は旅打ちでの現地参戦時以外は馬券活動は休止し、メインレースや2歳戦を中心に見するというスタイルでこの夏は競馬を楽しむことに。んで、コレやると間違いなく付き物に…

2019 帝王賞 感想戦

正真正銘上半期最後の、そして個人的には馬券休止期間に入る前最後の大勝負。安心と信頼のケイティブレイブ号こそ不在であるものの、ダートの横綱級が揃い踏みして、その名のとおり帝王を決める頂上決戦になると興奮し、有休までとっておったところ、大看板…

2019 宝塚記念 感想戦

あなたの、私の夢が走り出す。などとは言うが、夢が必ずしも幸せなものとは限らない。 例えば週明け月曜日。寝過ごしてしまい目が覚めたのはとっくに電車に乗ってなければいけない時間で、どうしたもんかと頭を抱えるも、もういっそのこと今日は体調不良って…

2019 宝塚記念 予想

真っ向勝負をした逃げのキタサンブラックと追い込みのドゥラメンテを、マリアライトがまとめて打ち破った3年前。絶対王者として君臨していたキタサンブラックが一敗地にまみれた2年前。和田竜二が17年ぶりにGⅠを勝ち取り、ファンも本人も涙した1年前。出…

2019 函館スプリントステークス・ユニコーンステークス 感想戦

イイ年して競馬にハマってしまった2016年5月1日から、何かしらの馬券は1週も欠かさず買い続けて3年余。 一大決心のもと完全見とすることに決めた初めての週で、156頭もの除外が出るという競馬史に残る大事件が起こるとか、一体どういうめぐり合わせなのか。…

馬券休止宣言

夏競馬の間、旅打ちで行く札幌現地以外では、馬券を買うことを控えようと思っている。こんな宣言をすると、アイツ負けすぎてもうイヤになってしまったんじゃないかと見る向きもあるだろうか。 実際のところ、それも穿った見方とは言い切れない。もし好調でマ…

2019 マーメイドステークス・エプソムカップ 感想戦

かくも思い通りにならぬ世の中よ。日曜日は所用があったため、朝一番で東西重賞の馬券だけ購入しておく。 この時点ではどうやら天気はもつかな、東京なんかはもしかしたら良に回復するかななんて見込んでいたりして。www.bakenbaka.com ◆マーメイドステーク…

2019 マーメイドステークス・エプソムカップ 予想

多くの競馬ファンの方同様、なんだかなぁ感に包まれた安田記念の後で、なかなかよっしゃまた競馬だとはなりづらいのが正直なところ。 週中に何となく東京ダービーやら北海道スプリントやらに手を出してみて、手に汗握るでもなく負けたとなったら尚更のこと。…

2019 鳴尾記念 感想戦

伝統の重賞・鳴尾記念。鳩尾記念ではないのであしからず。 9頭立てといかにも寂しい頭数ではあるが、うち4頭の4歳馬はここからの飛翔を睨む好メンバー揃い。歴戦の強者たちを越えていけるか。www.bakenbaka.com ◆鳴尾記念 ◎⑥ステイフーリッシュ ◯⑦メール…

2019 安田記念 感想戦

どんなにやり直してほしいと願っても叶うことはない。それは競馬も人生も同じ。 安田記念は終わってしまった。それはどうあっても覆しようのないこと。友だち少ないことアラシヤマのごとしと言われている当方としては珍しく、友人とともに臨んだ東京競馬場。…

2019 安田記念 予想

土曜日は東西メインだけ買って、三浦と戸崎に邪魔されてお金を失ったのだが、日曜の大一番を思うと、そんな些事に気を取られている場合でもない。アイツとアイツの参戦により、マイル王決定戦という位置付けを超え、日本競馬最強決定戦といった空気さえ漂う…

2019 鳴尾記念 予想

まだ春のGⅠシーズンの只中でありながら、新馬戦をはじめ競馬界全体が新たなシーズンへといった感もある、何とも妙な感覚が漂う六月競馬。 まあ、馬が走り、我々は馬券を買う。この愚かでもあり尊くもある営為は変わらないわけで。宝塚記念の前哨戦となる芝中…

2019 目黒記念・葵ステークス 感想戦

ダービーデイもう一つの決戦。競馬始めてから四年連続ダービー現地観戦しているということは、四年連続目黒記念も現地で観ているということで。 そして恥をしのんで告白すると、目黒区民としてあるまじきことにこれまで一度も当たったことがない。今度こそ、…

2019 日本ダービー 感想戦

令和元年、灼熱のダービー。さすがにこの暑さの中府中まで出向き、人混みに揉まれるのもしんどいか、今年はWINS自宅にしとこうかなと考える。 が、やはり祭りは現地で参加してこそのもの。行けるうちは行っとけ行っとけと、結局電車に乗って西へと向かう。 …

2019 目黒記念 予想

ダービーデイの大一番はダービーのみにあらず。 宝塚記念を見据えた戦いでもあり、春唯一の東京芝の古馬中長距離重賞ということで、骨っぽいメンバーがここ狙って集まってくる印象があったが、まさか昨年の有馬記念馬で、先の大阪杯で1番人気だった現役トッ…

2019 日本ダービー 予想

時はきたぁ、それだけだぁ。そんなことを呟く決戦前夜。 にわかに気温が上がってきて、明日も真夏日。おそらく府中の人混みの中では実質猛暑日になると思われる。 席も取れなかったし、今年は初めてのダービー自宅観戦にしとこうかなと思ったりもしつつ。 ◆…

2019 葵ステークス 予想

3歳馬の頂点を決める日本ダービーを翌日に控え、昨年より重賞となった3歳スプリント王決定戦。そんな位置付けではあるのだが、昨年の勝ち馬は現在ダートに戦場を移している、昨年の1番人気馬は4歳にして障害へという現実を見るに、思わずうーむと首をひ…

2019 平安ステークス 感想戦

さあいよいよ。ダービーに向けて一直線。 と言いたいところであるが、とりあえず先週の重賞をもう一つ振り返っておかねば。ダート界隈でトップ少し手前にいる古豪たちと、これからトップ争いに加わろうという新鋭とのぶつかり合い。 色々この後を占う一戦で…

2019 オークス 感想戦

気づいたらクラシックシーズン最高潮。もうオークスとか。もう春のGⅠ残り4つとか。 日々に追われて、豊潤な季節を満喫するゆとりもないのが悲しいが、そんな日々の中だからこそ刹那が輝くのかもしれない。とかなんとか言いつつ、馬券が当たりゃせん。 どう…

2019 オークス 予想

昨年会心の的中を決めた記憶も新しい、3歳牝馬の頂上決戦。手前味噌だが、本当にえがったので貼っちゃう。 www.bakenbaka.com 馬連はリリーノーブル軸の2点なのが素晴らしいじゃあないの。さて、いつまでも過去の栄光にすがっていても仕方ないのが馬券師。…