にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



競馬

2018 阪神ジュベナイルフィリーズ 予想

12月には2歳GⅠが3つ。 どれも2勝してれば問題なく出走可、1勝でも大体出れてしまうということで、どうにも王者決定戦という感はないのが正直なところ。とはいえ来春のクラシック戦線を占う重要な一戦……であるはずなのだが、今年の牝馬三冠馬も牡馬三冠を…

2018 中日新聞杯 予想

名古屋の地で散々に巻き上げられ、靴下の中に隠してあった汽車賃でかろうじて落ち延びてきたキズも未だ癒えず、現実も受け入れられていないのにもう次の週末。 ここで怯んで尻尾を巻くか、傷だらけの心身を克己して再び立ち上がるか。今後大成できるかどうか…

旅打ち日記 名古屋編Ⅱ① 中京競馬場 2018.12.01

2016年7月中京から2018年8月函館まで。約2年に渡った旅打ち行脚を振り返り、去来するあんな思い出こんな思い出。 JRA全場制覇という三浦雄一郎氏や白石康次郎氏に劣るとも勝らない大冒険を成し遂げてからおよそ4ヶ月は追想の海で過ごしていた。が、また大…

2018 ステイヤーズステークス・チャレンジカップ 感想戦

正直、回顧するのも結構きつい土日の中京行と重賞馬券。 土曜日は東西の二重賞。これを取って、まずは初日を飾るつもりだったのだが……www.bakenbaka.com ◆ステイヤーズステークス ◎②ヴォージュ ◯⑪リッジマン ☆⑬メドウラーク【買い目】 馬連 ②ー⑪⑬ ワイド ⑬ー…

2018 チャンピオンズカップ 感想戦

名古屋の地でコテンパンにやられ、大目当てのレースの前に足腰立たぬ状態に陥っている男がひとり。 わざわざ新幹線乗ってやって来て、早朝にホテルを出て始発電車に乗って開門に並んだのは、むざむざカネをむしりとられる為だったのか。愚人はなまじ希望を捨…

2018 チャンピオンズカップ 予想

中京旅打ち中。 初日ボウズ。 阪神メインのチャレンジカップは4頭に絞って◯ー▲で決まったのにタテ目。アーヤッチャッタヨー感満載の土曜日が明けて。 なにげに初めて開門に並びつつ、こんなブログを書いている。この大勝負で負けようものなら、心底何しに来…

2018 ステイヤーズステークス・チャレンジカップ 予想

久々ののぞみで名古屋へと向かっている。 日々クタクタに過ごしており、たまに3連休とれたときぐらい家でゆるりとしたい気持ちもなくはないところだが、ここは旅打ち馬券師にモードを切り替えて勝負といこう。日曜日のダートチャンピオン決定戦のオッズの動…

2018 ジャパンカップ 感想戦

11月最後の日曜日。 この時期としては良い陽気に恵まれ、絶好の競馬日和。 2018年東京最終開催日を、現地指定席で迎えられる幸福を噛み締める。よっしゃ今日は全レース参戦じゃいなどと意気込むとロクなことにならぬのはヘボ馬券師の常。 負けが込み、かろう…

2018 ジャパンカップ 予想

土曜日に残業を強いられたり。 勝手に書いてる小説もどきに時間取られすぎたり。 テリワンがらくらく冒険ばっかりで、いまいちゲームしてる醍醐味得られてなかったり。しのごの言っても仕方がない。 時はきたそれだけだ、なんて独りごちて迎える2018年府中最…

2018 マイルチャンピオンシップ 感想戦

頭数も含めたメンバーの充実度ではこの秋一番であろう淀のGⅠ。 そんな一大決戦をリアルタイムでは見れず、仕事から帰宅した後にVTR観戦なのも残念な限りではあるが、まあしゃあない。先週に続き、GⅠまでの全てのレースで外れまくり、背水の陣で聞く関西GⅠフ…

2018 マイルチャンピオンシップ 予想

天皇賞秋、JC、有馬、そして香港カップにヴァーズと、適性やら騎手確保の都合やらで使い分けされる王道と異なり、基本的にマイル路線の有力馬がみんな集まるこの舞台。 それだけにメンバーの豪華さ、そして難解さはこの秋一番かもしれない。まーどの馬が来て…

2018 東京スポーツ杯2歳ステークス 予想

今シーズン、2歳重賞についてはほとんど見してきたわたくし。 何しろそのほとんどが1勝馬たちによる戦い。玉石混淆の中から未知の素質を見出す楽しみはあるものの、馬券の要素としては実績から読み解きたいクチなので、本格参戦はある程度選別が進んだ暮れ…

2018 武蔵野ステークス 感想戦

土曜は朝から太陽サンサン。予定ではグリチャの中継流しつつ部屋の片付けやら小説もどきの執筆やらして武蔵野Sだけ参戦というつもりだったが、こんな日に競馬場行かないアホがいるものかと思い立ち、洗濯物干した後にチャリ機こぎこぎ府中まで。暑いぐらいの…

2018 エリザベス女王杯 感想戦

土曜日は好天に誘われて自転車こぎこぎ府中まで出向いたところ、馬券はボウズだわ帰り道は荒天だわで散々な目に。 日曜は朝から仕事でだりーうえに、休憩時間にWINSに出向いてみるも、福島記念でタテ目を喰らい、東京メインも大撃沈。こりゃリズムが完全にあ…

2018 エリザベス女王杯 予想

土曜日は久々の現地参戦でボウズを喰らい雨に降られて我が身と洗濯物がぐしょぐしょになるなど、まあまあひどい目に遭い、日曜日は朝っぱらから出社。 もはやこの週末は負け確定な気も薄っすら感じつつあるが、ここで手を引いとくなんて賢明な判断ができるよ…

2018 武蔵野ステークス 予想

いよいよ秋のGⅠシーズンも後半戦に突入ということで、また盛りだくさんなこの週末。 まずは土曜日、デイリー杯は見にしておいて、ダート王者の座を狙う挑戦者決定戦in府中といった様相のレースへと全力投球。 ◆武蔵野ステークス ◎⑯インカンテーション ◯④サン…

2018 アルゼンチン共和国杯・JBC3競走 感想戦

日曜日は約半年ぶりのハーフマラソン大会に参戦。今回の戦場は山形県の天童。 酔狂なことにオッサン4人で5時間超に及ぶ車旅での参戦。(何度か新幹線の方がと主張したのだが……)まあその辺のことは後日ブログで報告するとして、ハーフ完走後に脚も脳もフラ…

2018 アルゼンチン共和国杯・JBC3競走 予想

たまには馬に走らせてばかりでなく、己も走らねばということで、ハーフマラソン大会なぞに参加しに山形くんだりまでやってきている。 準備やら移動やら諸々忙しく、土曜日はオール見に徹したところ、買わなくて良かったなあという結果ばかり。 オジュウチョ…

2018 スワンステークス・アルテミスステークス 感想戦

会社に対して不平不満不信が一切ないなんていう変態がこの世にいるかはわからぬが、まあ私めは至って正常な人間であるので、そういうのもまあそれなりに。 が、いくら何でもな腹に据えかねる仕打ちを連発されたら、こちらとて通常範囲の不平不満不信では収ま…

2018 天皇賞(秋) 感想戦

あの荒天下の激闘からもう一年が経ったのかと気が遠くなる。 キタサンブラックが、サトノクラウンが、そして我らが永遠の愛馬であるレインボーラインがぐちゃぐちゃなターフを駆け抜けた姿は今も目に焼き付いている。一年を経て、秋の王道に臨む顔ぶれは大き…

2018 天皇賞(秋) 予想

だいぶ前から今年はとんでもないメンバーになりそうだと囁かれていた秋の天皇賞。 ダノンプレミアム、ワグネリアン、サンリヴァルといった3歳有力馬や、一瞬ここへの色気を見せたディアドラやらが出てきていればより盛り上がったのは確かだが、それはいって…

2018 スワンステークス・アルテミスステークス 予想

天皇賞の指定席が取れずテンションだだ下がりの週末。 ただでさえアレやコレやと忙しく、ほぼ検討もできていない土曜の2重賞は見もありかなあなどと考えつつ。 ◆スワンステークス ◎⑩モズアスコット ◯⑦キングハート ▲⑥レーヌミノル △③ベステンダンク ☆⑨ヒル…

にわか式1000円からの複勝コロガシ 2018秋の陣

◆1回戦 新潟記念 ⑤メートルダール 2着 →360円的中!¥1,000→¥3,600 次回持ち越し金額 ¥3,000 ◆2回戦 紫苑ステークス ⑮レッドベルローズ 14着 →惨敗!¥3,000→¥0 次回¥1,000からリスタート ◆3回戦 ローズステークス ⑬カンタービレ 1着 →310円的中!¥1,0…

2018 富士ステークス 感想戦

富士ステークスは現地観戦。来期の抽選ステージに向け指定席を取っていたものの、全然一般席は空いてるし、隣のオッサンは明らかに風邪ひきでマスクもせず延々鼻かんでるしで、この点については後悔のみ。 今後、指定席は一般席確保もままならないビッグレー…

2018 菊花賞 感想戦

3歳馬最終決戦は前週に続き実家にて観戦。 グリチャも映らないしと、菊花賞の他は東京メインのブラジルCだけザッと馬柱見てザッと買ったところワイド的中でなかなかのお小遣いゲット。OP戦は上限1,600円と定めているのだが、ろくに精査してないしと800円し…

2018 菊花賞 予想

クラシック最終戦。3歳世代最後の決戦。 何やら厳かな心持ちになってしまうのは当方だけではないだろう。ダービー馬や、春先までは世代の最強馬と目されていた馬が出てこない(しかも揃って天皇賞まで回避した)のは残念ではあるが、既に実績を積んだ強者、…

2018 富士ステークス 予想

ほんとにほんとにほんとにほんとにライオンだー。富士Sなんて表記すると、ついついそんな風に唄い上げたくなってしまうが、近くにライオンを見るよりも面白いサラブレッド18頭の戦いである。 路線的にはマイルCSの、この週末という意味では菊花賞の前菜と思…

2018 府中牝馬ステークス 感想戦

土曜日には年上のお姉さま方による豪華競演。 モズカッチャンの回避は極めて残念ではあったものの、一足早い女王杯と言っても過言ではない好メンバーが揃うとあって、当方勇んで2野口もする指定席を取得。再び馬券師の理想を掲げるために…… 万馬券成就のた…

2018 秋華賞 感想戦

新たなる三冠牝馬が誕生し、競馬界隈は熱狂と興奮。 そんな中、頭を抱えているのは、当方のようなヘボ馬券野郎と、山田のアンちゃんぐらいではなかろうか。秋華賞は実家で視聴。 前日の晩ご飯のときにそこそこ飲み、ひと眠りして夜中に起きて朝方まで小説も…

2018 秋華賞 予想

府中でなかなかひどい目にあった土曜日。 豪華メンバーの重賞であんなに楽しみにしていた頃の己が愚かに思えて仕方ない。 気を取り直して、年頃の娘さんらの重賞。何げに秋華賞は2年連続的中している(昨年はトントンだったが)。ここはどうしても勝ちたい…