にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



競馬

2019 京都牝馬ステークス・ダイヤモンドステークス・小倉大賞典 感想戦

GⅠロード開幕戦の他にも、GⅢ戦が3つばかり。 よっしゃやったるぜと鼻息荒く臨んだところ、なーんも当たらんかったとさ(ネタバレ)。www.bakenbaka.com ◆京都牝馬ステークス ◎⑪ワントゥワン ◯⑭ミスパンテール ▲⑮リナーテ △①ディメンシオン △②ベルーガ △④リバ…

2019 フェブラリーステークス 感想戦

当日朝を迎えてしまうといてもたってもいられず、結局現地に行っちゃうオジサン。 今年初めて競馬場へと連れていってくれる電車へと乗り込む。やはりココは良い。 菜七子フィーバーによる大混雑が懸念されたが、言ってもフェブラリーステークス。開門ちょう…

2019 小倉大賞典 予想

GⅠ裏開催のローカル重賞であるが、なかなかどうして面白いメンバーが集まった感。 旅打ちに出向いて現地観戦してからもう丸二年が経ったかと思うとただ呆然。 ◆小倉大賞典 ◎②エアアンセム ◯⑫スティッフェリオ ▲⑧マイスタイル △④マウントゴールド逃げ・先行馬…

2019 フェブラリーステークス 予想

土曜の重賞はお話にならない負けっぷり。競馬ってイミわからんね。 日曜フェブラリーステークスは今年は指定席ゲットならず。昨年は9時ぐらいにでも行けば十分一般席も取れそうだったが、今年は藤田菜七子騎手効果もあってそんな甘いことにはならんのかなと…

2019 京都牝馬ステークス・ダイヤモンドステークス 予想

馬券師の金曜日は忙しい。 まして重賞が四つもあるとなると尚更。 ましてその一つがGⅠとなると尚更。 ましてよしときゃいいのに、UMAJOシリーズ第二弾とか誰も読みゃしない小説もどきを書いてたりしたら尚尚更。まあそれについては乞うご期待(そもそも書き…

2019 クイーンカップ 感想戦

競馬のこと、今取り組もうとしていること、職場のこと、自分とは直接関係ない巷の出来事までも、何もかもにモヤモヤしてしまうメランコリーな週中。 一個一個向き合って、やっつけていかねばならないのよね。言うまでもなくGⅠを控えている今の第一優先は競馬…

2019 京都記念・共同通信杯 感想戦

こんにちは。毎度おなじみ、銀河系で最も競馬がヘタなヤツでございます。 いつも通り恥を晒して惨めな思いに苛まれようかと思います。ヨロシクどうぞ。www.bakenbaka.com ◆京都記念 ◎⑤ブラックバゴ ◯②ノーブルマーズ ▲⑧ダンビュライト △⑦パフォーマプロミス …

2019 京都記念・共同通信杯 予想

極寒に見舞われた土曜日の東京、馬も休んでいるというのに、労苦にあえいでいた当方。 ガチガチに決まった京都メインだけセコくゲットして、さあ仕事も休みの日曜日に本腰入れてと言いたいところであるが、友だち少な人間としてはきわめて珍しく終日仲間うち…

2019 クイーンカップ 予想

牡牝ともにクラシックへと繋がるはずの重賞が我がホームである東京競馬場で行われる週末であるが、いずれも小頭数で穴馬を見出すのが難しい割には配当は美味しくならなさそうで、しかも土曜は仕事、日曜も所用で現地はおろかリアルタイム観戦も能わないとな…

2019 きさらぎ賞・東京新聞杯 感想戦

関東は好天とこの季節としては温暖な気候に恵まれた週末。 絶好の競馬日和だったのだが、悲しいかな土曜は仕事で、日曜は目覚めたときは既に昼前と、今年の現地初参戦の好機を逃してしまう。まあいい。窓外に春の香りを感じながらのテレビ競馬もオツなもの。…

2019 きさらぎ賞・東京新聞杯 予想

昨年調子良かった1月が今年はあかんかったということは、昨年あかんかった2月は今年は調子良い筈。きわめて論理的。最初の週はGⅢ二本立て。 東京マイルということで、牡馬なら安田記念、牝馬ならヴィクトリアマイルを見据えた強豪が集まってくる東京新聞杯…

2019 愛知杯・シルクロードステークス・根岸ステークス 感想戦

もう木曜日も終わり、また週末がすぐそこというのに、今更先週の惨事を振り返る。 目を背けてばかりはいられない。せめて1月のうちにしっかり反省することにしよう。www.bakenbaka.com ◆愛知杯 ◎①レッドジェノヴァ ◯④コルコバード ▲⑪ノームコア ☆⑥レイズア…

2019 シルクロードステークス・根岸ステークス 予想

愛知で躓き、雪化粧の白富士を横目にすっ転ぶ。 そんな東海道惨敗紀行といった憂き目に陥った土曜日。ただただ己が不甲斐ない。 こうなれば我が地元のほど近く、根岸の地で雪辱を果たすか、はたまた遥か西方・シルクロードへ飛んでくか。何を言ってるのかよ…

2019 愛知杯 予想

GⅢも3つ揃えばGⅠと同等の盛り上がり。 とはさすがにいかないものの、週中の交流重賞でわけわからんのが来てしまったこともあり、トントンから明確な負け越しに転落した1月の、最後の逆転のチャンス。まずは牝馬の戦い。なにげに牝馬限定の古馬重賞で中距離…

2019 AJCC 感想戦

GⅡ二本立てのもう一本。 AJCCは昨年一昨年と現地参戦しており、今年もGⅠ馬参戦やら、かつて王道路線でレインボーラインとともにキタサンブラックに立ち向かっていた馬の復活やらワクワク要素満載で、是非現地へと思っていたのだが、どうにもダルくて自重。お…

2019 東海ステークス 感想戦

今年最初の現地参戦とするか、或いは家事片付けつつこれも久々の自宅WINSを楽しむかと目論んでいた日曜日であったが、朝起きたら何やら頭がズッシリ重く、競馬を楽しむ気力も湧いてこない状態。 垂れ流しのグリチャはぼんやり眺めるものの、メインレースの時…

2019 東海ステークス・AJCC 予想

土日のやって来る早さの恐ろしさときたら。 こんなんが50回ばかりあったら、もう一年が過ぎ去ってしまうとか。戦慄すら走ってしまう。この日曜日はGⅡふたつということで、かたや春の王道に繋がるかもしれず、かたや気がつけばもうだいぶ近づいてきた今年最初…

2019 京成杯 感想戦

3日開催3重賞のその参。もとい惨。 せめて一つは勝ちたい。週明け火曜日に溶かした小麦粉をすすって飢えをしのぐなんて羽目には陥りたくない。皐月賞と同舞台ではあるものの、世代のトップクラスはこの時期にここに持ってくるぐらいなら年末のGⅠ使うのであ…

2019 日経新春杯 感想戦

3日開催3重賞のその弐。 目指すは勝ち越し。週明け火曜日には多少なりともお財布を厚くしていたい。GⅡには珍しいハンデ戦ということもあり、大体クラシックでは少し足らなかった明け4歳馬を買っておけば良いレース。カンタンカンタン。www.bakenbaka.com …

2019 フェアリーステークス 感想戦

3日開催3重賞のその壱。 もちろん目指すは3連勝。週明け火曜日には大金持ちになっていたい。まずは昨年万馬券ゲットしたゲンの良いレースで弾みをつけたろうと。www.bakenbaka.com ◆フェアリーステークス ◎⑪アクアミラビリス ◯⑧ホウオウカトリーヌ ▲⑬グレ…

2019 京成杯 予想

三日開催の三日目。土曜のフェアリーステークスは3頭に絞って2着3着もワイドを買っておらず涙。 日曜の日経新春杯はとりわけ先行得意な名手が跨がる先行馬が妙味アリと思いきや絵に描いたような出遅れで涙。祝日の月曜日こそ、その名の通り祝いの日となる…

2019 日経新春杯 予想

土曜のフェアリーステークスは混戦の中3頭に絞ったうち人気薄めの2頭が2着3着にも関わらず、馬連しか持ってなくてワイドは抑えていないという結果。 1,500円もついてたのに何で抑えとかネーンダヨという所以は感想戦で書くとして、勝てたレースでみすみ…

2019 フェアリーステークス 予想

前記事で書いたように、束の間の休暇を取得したわけだが、ポイントは敢えて月〜金という中央競馬のない5日間としたこと。 今回は本当に『休み』をとることが第一義としてあり、「競馬ある日だと競馬やっちゃうから休めないんで」と土日を避けた理由を述べた…

2019 シンザン記念 感想戦

日曜も前日に引き続き休日出勤にて、新春競馬をリアルタイムで楽しむことはできず。ちなみに放送はグリチャではなく久々にフジテレビのみんなのKEIBAを録画。 現在グリチャ解約を検討中の身として、地上波はどんなんだったかなと再確認しておこうと。 決して…

2019 中山金杯・京都金杯 感想戦

土日ともに労苦にあえがねばならず、新年の競馬初めを満喫とはいかない悲しみ。 こうなれば休憩中に足を向けるWINSで歓喜の雄叫びをあげ、年の初めを飾ろうではないかと。金杯で乾杯を目指し、馬券仕込んで場外へ。www.bakenbaka.com ◆中山金杯 ◎⑧マウントゴ…

2019 シンザン記念 予想

昨年のアーモンドアイの後方からのぶち抜きも記憶に新しいが、その前の年はペルシアンナイトとアルアイン、更にその前は我らがレインボーラインとファインニードルといった具合に、後のGⅠ馬が結構輩出されているあたり、歴史に残る名馬の名前を冠しているの…

2019 中山金杯・京都金杯 予想

あけました。おめでたい。とのことではあるが、こうも実感がないのはどうしたものか。どこかで年月が経り、己が老境に近づいていく事実を拒絶しているのだろうか。大台がいよいよ近づいてきてしまい、さすがに今年は期するものがある。今年こそ、と言っても…

2018 ホープフルステークス 感想戦

痛みすら感じる冷気に包まれた年の瀬、中央競馬は最終開催。有馬で締めに戻してほしいという意見にはほぼ全面的に賛同の立場であるが、まあやってるもんはしょうがないんで仕事の休憩時間にPATにて購入。 キャリーオーバーもあるってことでここは一攫千金の…

2018 ホープフルステークス 予想

2018年中央競馬最終開催日の12/28が仕事納めという諸兄も多いのだろうか。 当方仕事納めは12/31であり、ホープフルSの日も東京大賞典の日も、会社で社畜やってなければならない。今年もどうにもならなかった己にため息をつき、あまり時間もないので最後の予…

2018 有馬記念 感想戦

時は来た。それだけだ。新しくなった地下通路を通り、入場口より足を踏み入れ、そう呟く男がひとり。平成最後のグランプリ、第63回有馬記念。 この大勝負の行く末を見届けようと、そして勝利の栄光を勝ちとろうと、中山競馬場へと到来。 幸甚なことに空席販…