ドラゴンボールスタンプラリーに自前の足で挑戦 其之一

我々の世代にとって、かつて水曜夜7時は世界で一等いかしたドラマを堪能できる、最もプレミアムな時間だった。 時にナイターで潰れてしまっていた悲嘆が世代共通のあるあるネタになっているが、個人的にはむしろ珍しく早く帰宅した父親が裏でやっているナイターにチャンネルを合わせてしまい、涙を飲んだ記憶の方が印象深…