にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



お盆休みは大掃除をするぞ。絶対。必ず。おそらく

日々、獄卒に鞭打たれながら、生コンクリートが固まらないよう延々とかき混ぜ続ける苦役に従事している契約社畜の身にも、本日から4日間の盆休みが与えられた。


4連休。
甘美な響きではあるが、我々は経験上、ここで与えられた96時間が、ともすれば煙のように消え去ってしまうことをよく知っている。
漫然と時間を消費してしまい、特に何もしておらず、疲れを癒せたということもないのに、気付いたら連休最後の夜。明日はもう会社やんけと愕然とする--今までうんざりするほど繰り返してきた、愚かで哀しい所業。

今度こそ、自分はこの連休を有意義に過ごさねばならない。もう、あの出勤前夜の苦味を味わうのは嫌だ。
というわけで、この連休は一つの大きな目標を掲げることにした。

必ず成し遂げると心に決めた至上命題、それは大掃除。

元来ぐうたらで、いいやいいやで物事を後回しにしてダラけた日々を送り続けたツケがそろそろ限界を迎えようとしている。
ちょっと部屋の四隅を写真に収めてみた。

f:id:bakenbaka:20160813092506j:plain

f:id:bakenbaka:20160813092522j:plain

f:id:bakenbaka:20160813092544j:plain

f:id:bakenbaka:20160813092558j:plain

あまりにも見苦しいので画像をぼやかしているが、この部屋に遊びに来たいと思ってくださる方はまずいないであろう。
そこかしこにゴミやらゴミでないものやらが散乱し、埃が堆積し、いい加減にどうにかしなければ汚部屋からゴミ屋敷へとエヴォリューションを遂げてしまう。

部屋が汚いと運気も悪くなるという。お腹を壊しがちだったり、肩が痛くなったり、いつまでも安月給なのも、もしかしたら部屋の汚さが影響しているのかもしれない。
考えてみれば、こんな狭い部屋ひとつ清潔に保てない人間が何かを得られるわけがない。
ここは一つ、向後豊かで幸多い人生を送るためにも、徹底的に身の回りを綺麗にしよう。

強い決意をもって迎えた朝ではあるが、実際のところ、今まで何度もこんな決意をしたものの、脆くも崩れ去ってきた。
今回もこれまでの傾向でいえば、洗濯物でも干してるうちにかったるくなってきて、日がな横になって過ごし、結局何も片付かないまま連休は儚く終焉を迎えるのが関の山だ。
まして、今回は高校野球にオリンピック、関屋記念エルムS永世名人vs若手ホープのNHK杯などなど、怠惰な人間をテレビの前でごろつかせる誘惑はいくらでもある。

家の外に目を向ければ、今日明日は京急将棋まつりに行こうと思えば行けるし、明日から大井で開催もある。特別などこかでなくとも、街を歩けば肌を露出した夏の女性が目の保養をさせてくれることだろう。

もう敗北の歴史には終止符を打ちたい。
家の中でスポーツの中継や将棋を見て楽しく過ごすのも良いだろう。外出を楽しむのも結構なことだ。
しかし、享楽を得るのは、文化的社会的人間として最低限のことは果たしてからでなければならない。

だから、今度こそ掃除をしよう。成し遂げよう。俺はやれるっ! やれるんだっ…!

とりあえず唐津商と木更津総合の試合が終わったら動き出すこととしよう。
あ、チアめっちゃかわいい。