にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



マイルCSへの道

前走や条件の近いレースを見ての所見などをメモっていく記事です。
G1限定でこんなんやってみようかと。

 

サトノアラジン 川田
スワンS 1着 外から差して強い勝ち方。上位勢で上がり圧倒的。
安田記念 4着 直線詰まり気味だったが伸びた。上がりフィエロの方が速く強い印象。

・ダービー卿チャレンジT 3着 内側つくも進路があまりなかったか。最後は伸びきらなかった印象。

・2015マイルCS 4着 直線位置どり抜群でよく伸びたが上位3頭に届かず。ルメール騎乗。

イスラボニータ ルメール
富士S 2着 好位から内側伸びる。最後はやや後ろと差が縮まる。斤量58
安田記念 5着 4角あたりで早めに仕掛けるも最後はフィエロ、アラジンに差される。蛯名騎乗
※今春は3走して馬券に絡まず
・2015マイルCS 3着 出遅れ響くも唯一内側伸びてきた。蛯名騎乗

フィエロ 戸崎
スワンS 9着 躓いて出遅れ、そのまま最後まで伸びず。
安田記念 3着 上がり最速。内田騎乗
・2015マイルCS 2着 良い位置どりから直線伸びるもモーリスには及ばず。最後はイスラボニータ、アラジンに詰められる。デムーロ騎乗
※戸崎騎乗時は[0.0.1.2](ただし着外の1回はG1で4着)
マイルCSは2年連続2着なので条件は向いている。騎手は福永とデムーロ

ネオリアリズム ムーア
札幌記念 1着 モーリス、レインボーライン相手に逃げ切って2馬身差での大勝。札幌2000で上がり36.9。あまり参考にはならないか。ルメール騎乗
・2015ウェルカムステークス 1着 最後方から内側差し切る。対戦相手に重賞勝ち負けクラスはいない。
※京都初出走。これまで走ってるレース自体の質や対戦相手のレベルがあまり参考にならず、取捨が難しい。でもムーア騎乗、堀厩舎。

ヤングマンパワー バルザローナ
富士S 1着 好位から抜け出し、そのまま勝ちきる。ゆるめのペースが幸いしたと見るべきか。戸崎騎乗
関屋記念 1着 好位から直線前をとらえ勝ち。戸崎騎乗
※京都初出走、戸崎では無い、人気するなら買いづらいか。

マジックタイム シュタルケ
関屋記念 3着 後方から直線大外伸びて上がり最速。ルメール騎乗

府中牝馬S 2着 ずっと内側好位追走で直線抜け出す。内外の有利不利がそこまでではない馬場でスローペースからの末脚が少し物足りない気も。ルメール騎乗

・ダービー卿チャレンジT 1着 内側よく伸び、ロゴタイプ、アラジンに勝利。シュタルケ騎乗
京都牝馬S 2着 大外から差してきて勝馬のクイーンズリングにクビ差まで迫る。雨・重。柴山騎乗
※どこでもよく走るが、坂や道悪のタフなコースの方がより得意か。

 ミッキーアイル 浜中

スプリンターズS 2着 ハナ切って逃げるもレッドファルクスに差し切られる。先行勢が割と上位に残ってるので展開は向いていたか。松山騎乗
高松宮記念 2着 レコード飛び出すハイペースで先行勢軒並み垂れる中、唯一よく伸びていた。松山騎乗
※マイルは3歳のNHKまで連勝だったのが、その後はG1ばかりとはいえ惨敗続き。よほど展開向かないと厳しいか。

ガリバルディ 福永
富士S 5着 なにげに上がり最速。直線ピンク2頭に塞がれる。もっとスムーズに外出せていれば3着はあったのでは。
中京記念 1着 まとめて差し切る。この週の福永は中京の神と化していた。
※ペース流れて、外差し決まる展開になれば面白いかも。

 ロードクエスト 池添

富士S 9着 遅めのペースであんな最後方から届くかい、という感じの敗戦ではあるが、それにしても1度伸びかけたのがまた下がったのが気がかり。届かないのを悟って追うのをやめた様子でもないし。
京成杯AH 1着 後方から3角あたりで前に上がってきて、そのままハナに立ち完勝。
※それなりのペースで流れれば勝機ありか。逆にスローだと厳しいか。

ディサイファ
毎日王冠 6着 好位で内側を回り、弱いのは抜かして強いには抜かれましたって感じで、あまり見せ場がないレース。余力はありそう。
安田記念 6着 初マイルでモーリスとは0.1秒差
※キレ味勝負になると厳しく、スタミナ勝負になったら期待できそう。最内だし案外逃げるのもアリかも。

ダノンシャーク 松山
毎日王冠 9着 中段から伸び切れず。柴田善騎乗
安田記念 7着 実は上がりはフィエロ、アラジンに次いで速いが、最後の100mぐらいで落ちるのが印象良くない。岩田騎乗
※長く強い脚はなさそう。展開が向けば一瞬のキレ味で勝てるかもだが、騎手のレベルも必要か。

サトノルパン デムーロ
スワンS 2着 なんか知らんけど強かった、という印象。4コーナーから直線外に出すのが非常にスムーズだった。和田騎乗
スプリンターズS 7着 福永に絶望を与えつつ自身も健闘。和田騎乗
※さすがにマイルのG1では足りないんじゃないかなあと思う。騎手がアレでなければ即切るところだが……

スノードラゴン 大野
スプリンターズS 5着 勝ち馬と0.1秒差、上がりも速い。
※見栄えも良いしつい買いたくなる1頭だが、芝マイルは6年ぶり、大野騎手は当日芝レースはこの1鞍のみと、さすがにこの馬まで手を広げられないかなと。