にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2016 朝日杯フューチュリティステークス 感想戦

いよいよ今年の日曜日も残り2つ。競馬のみならず、1年をそれなりに畳みつつ、来年に繋がるような営為に日々励みたいというわけで。

そのためにかねてより取り組んでいる「いろいろやろうぜ」計画の一環としてTwitterを本格稼働。ええ今更ですとも。
過去、何度か始めてみて飽きてやんなくなって……を繰り返してきたSNSの定番的存在。まあ、拘束を感じない程度に気楽に呟いたり呟かなかったりしようかと。

 

 

やってる方はよろしければフォローなどしていただけると嬉しいです。

さて。本業の競馬を忘れてはならない。今年のGⅠも残り2つ。どっちも当てて、甥っ子姪っ子にお年玉でも弾みたいところ。


◆朝日杯フューチュリティステークス

【予想】
◎⑧ダンビュライト
◯⑩モンドキャンノ
▲⑮レッドアンシェル
△⑬ミスエルテ
△⑱トラスト
☆①レヴァンテライオン

【購入】
3連複 ⑧ー①⑩⑬⑮⑱
馬連ボックス ⑧⑩⑮
ワイド ⑩ー①⑮⑱
3連単 ⑧⑮→⑧⑬⑮→⑧⑩⑬⑮

昨日のマイネルアウラートといい先週のマイネルハニーといい、前もかなり残りそうな馬場。となると、武豊のGⅠ制覇にも期待したいものの、予想は予想。タガノアシュラは残れないと判断。
勝ったとしたら外れ馬券を握りしめた手で拍手を贈れば良いじゃないと。いや購入はPATだけど。

【着順】
⑰サトノアレス
⑩モンドキャンノ ◯
④ボンセルヴィーソ
⑬ミスエルテ △
⑱トラスト △

荒れた。サトノアレスはまあわかる。前々走中山で未勝利辛勝からの前走の快勝は、ムーア補正と東京が向いてたからじゃないかと軽視して切ってしまったが、あーやっぱ強かったのかーと。
モンドキャンノは鞍上乗り替わりと、異様に人気が低いのでついこちらも評価を下げてしまったが、本来なら本命クラスの馬。こっちもやっぱ強かったかーと思いつつ、結局あの人気薄は何だったのかと首を捻る次第。
問題はボンセルヴィーソ。粘って3着というのは恐れ入った。ちょっとこいつはどうあっても選べなかったですね。

本命のダンビュライトも展開は悪くなく、好位からさあ前をこじ開けて突き抜けろ、といったところでズルズル失速。馬群で揉まれてやる気をなくしてしまったか。残念無念。
話題のミスエルテは惜しくも着外も強さは見せた。春はやはり期待できそう。


惜しくなくも外れてしまい、いよいよ有馬記念に乾坤一擲を託すことに。
この秋からのGⅠ戦線は今のところ3勝6敗1トリガミ。まあトリガミは敗の方に入れるんじゃないのかというご指摘はさておいて、4-6と3-7では同じ負け越しでも随分印象が変わってくる。順位戦で4-6ならまず降級の心配はないだろう。

さあ、すぐにでも検討を始めよう。