にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 中山金杯 感想戦

1年の計は金杯にあり。なんて言葉があるらしい。
本来ならば中山の馬頭観音に参拝がてら現地に行かねばならないところ、仕事なんてしていたらバチが当たるのではと先輩も心配。
まあ、満杯の競馬場で疲労困憊となり、審配のように出負けとなってもよろしくないと、今日のところは重賞だけ買って休憩時間にWINSへと。

 

www.bakenbaka.com

 

中山金杯

【予想】
◎③ツクバアズマオー
◯⑤ロンギングダンサー
▲①シャイニープリンス
△②クラリティスカイ
△⑩ストロングタイタン
☆⑫シャドウパーティー

【購入】
3連複 ③ー①②⑤⑩⑫
馬連ボックス ①③⑤
ワイド ⑤ー②⑫
3連単 ③⑤→①③⑤⑩→①③⑤⑩

今まで半分宝くじ気分で買っていた3連単を、今年からメインの勝負馬券とすることに。
点数は12点まで。あまり点数増やしすぎると首が回らなくなることと、それぐらいで的中させるのが気持ち良いのではないかと。

【着順】
③ツクバアズマオー ◎
②クラリティスカイ △
①シャイニープリンス ▲
⑫シャドウパーティー ☆
⑨カムフィー

ツクバアズマオーが余裕勝ち。6歳の1月に重賞初制覇し、更に上のステージに行くかローカル重賞でも席巻するか。まだまだ今後が楽しみな1頭。
こちらは3連複のみ的中。トントンに近いトリガミだが、自分としてはかなり痛恨の結果。
テレビ映像では3着入ったように見えたシャドウパーティーがハナ差4着で万馬券逃したのもそうだが、やっちまったのが3連単の買い目。
後からなら何とでも言えると言われてしまうかもしれないが、元々の検討ではストロングタイタンよりクラリティスカイを上位に見ていた。
しかし、スポーツ紙やネットでの予想家や指数的な評価を見るにつけ、さすがに強いのかなあと評価を改めてしまったわけで。もし2列目3列目の1つを⑩でなく当初の見立てに殉じて②に出来ていれば……と悔やまれて仕方がない。
馬券師の端くれとして巷の評価に流されて大枚つかみ損ねたのは情けないとしか言いようがない。切るわけにいかないとしても3連複の抑えぐらいまでにすべきだろーがと。

どうやら正月ボケしていたかと目を覚まさせてくれた一戦。取って負けのマイナス分は授業料ということで喜んで納めることにしよう。

 

京都はこちら

www.bakenbaka.com