にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 シンザン記念 予想

京都ではシンザン記念。オルフェーブル、ジェンティルドンナ、モーリス、ミッキーアイル……歴代の錚々たる参戦馬を眺めるに、とても谷間のGⅢとは思えないものがある。
やはり、伝説の名馬を冠名にしたレースということで、自ずと強者たちが引き寄せられてくるものなのだろうか。
ちなみに何かにつけて名前を出してしまい恐縮ではあるが、自分の推し馬レインボーラインも昨年参戦しており、特に見せ場なく6着に終わっている。まさか秋には菊花賞2着になり、JCにも出走するなんて馬券師の先輩諸兄も想像できなかったのではなかろうか。

さて、今年はどんな駿馬が出てくるだろうか。


◆シンザン記念

◎②ブレイヴバローズ
◯⑦アルアイン
▲⑧トラスト
△⑤ペルシアンナイト
△⑭タイセイスターリー
☆③メイショウソウビ

過去データを見ると、とにかく内枠が圧倒的に有利。過去5年で2ケタ馬番が馬券になったのは3着が2回あるのみ。
2着以上に2ケタ馬番が入ったのは過去10年で1回のみという極端な傾向が見てとれる。
向こう正面からなのに……と、にわかには意外であるが、おそらくホームストレッチでも内側が伸びるので、外目の馬が有利に進めるには早めにポジションを取らねばならず、難しいのであろう。

そんな傾向に逆らわず、主に内枠引いた馬を買っていきたいかなと。

ブレイヴバローズは、①や③の馬が先行くなら無理なく番手でも良し、行かないならハナを切っても良しという絶好枠。先行から粘り強い足を発揮して、そのまま先頭でゴールとなるのでは。

アルアインは過去2走強い勝ち方。重の阪神でも強さを見せており、雨で馬場傾向が変わっても信頼がおけそう。

トラストは過去2つの重賞で、展開が向かないながらも掲示板は確保しており、世代上位の実力馬だと思っている。もしここが勝負の大一番であれば文句なしに◎だっただろう。
が、今回の出走そのものが、何故出してきたのかと首を傾げてしまうような状況。何か試したいことがあるのか何なのか……とりあえず軸にはできない。ここをメイチに仕上げてきたら、むしろ意味不明。

1番人気のペルシアンナイトは過去3戦出遅れており、今回の鞍上はテン乗りのミルコと、もはや出負けは必然。掛かり癖も見受けられる。
それらをカバーして余りある強さを持っているのだろうが、先述したように位置どりが重要なこのレースで、出遅れから外外を回すような展開になったらさすがに苦しいのでは。危険な人気馬ということで抑えまでで。

外枠ではタイセイスターリーが無理なく好位をとれれば、直線の追い比べで勝る可能性があるのかなと。川田→武豊乗り換えは微妙なところか。

逃げを打つのが濃厚のメイショウソウビ。マイルは持たなさそうな戦績ではあるが、今の京都であればよもやの逃げ切り、もしくは3着までに残るかもしれない。幸四郎は当日芝のレースはここだけだが、それだけに思い切り良く行ってくれれば。

とりあえず福永とルメールには余計なことせず、おとなしくしてもらうということで。


当たりますように。

 

フェアリーステークスはこちら

www.bakenbaka.com