にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 アメリカジョッキークラブカップ(AJCC) 感想戦

本年初の現地参戦も芳しくないどころか、スッカラカンで帰されそうな様相。

気分転換に、そういや行ったことのなかった内馬場に足を運んでみるも、ちょっと新鮮な視点からレースが見れるだけで、馬券はやっぱり当たりやしない。

f:id:bakenbaka:20170122192043j:plain

中京メインも順調に外し、いよいよ当場のメイン。重賞良ければすべて良し、なんて言葉があるのかは知らないが、そう思い込んで勝負をかける。

 

www.bakenbaka.com

 


◆アメリカジョッキークラブカップ

【予想】
◎⑬リアファル
◯⑥ルミナスウォリアー
▲⑰クリールカイザー
△⑩ゼーヴィント
☆⑧タンタアレグリア

【購入】
馬連 ⑬ー①⑥⑧⑩⑰
3連複 ⑥ー①⑧⑩⑬⑰
3連単 ⑥⑬→①⑥⑩⑬→①⑥⑩⑬

考えてみれば長期休養明け2走目で、前走勝ったわけでもないリアファルにすべてを託すのは危険かなと、◎からの馬連と◯からの3連複の二枚腰で勝負することに。当然理想はどちらもゲット。もしくは⑧か⑰あたりが絡む穴馬券。
中山で抜群の成績を残しているミライヘノツバサは怖いなと思いつつもこの舞台では足りないんじゃないかと無印にしていたのだが、近頃その存在を知ったスポニチの万哲が本命にしているのを見て、やっぱ入れとこうかとヒモに加える。

 

 

【着順】
⑧タンタアレグリア ☆
⑩ゼーヴィント △
①ミライヘノツバサ
⑥ルミナスウォリアー ◯
⑦ワンアンドオンリー

リアファルは番手につけて想定どおりのレース運び。よし、このまま良い位置でもってきて直線で後ろを突き放してくれよと胸躍らすも1000m59.6のタイムを見て、ああさすがにキツイかなと。しかし昨年の宝塚記念でキタサンブラックは、ハイペースの中凄まじい粘り腰で3着に残した。この馬も真価を発揮すれば……
と、拳を握りしめるも、3角のあたりで早くも大失速。ルパンならばコミカルな声で「アラ、アラララララ」とでも言うところだろう。

何かアクシデントでもあったのかと心配しつつも、こうなればルミナスウォリアー軸の3連複に賭けるしかない、3連単の目だってまだあるぞと直線の叩き合いに声を張り上げようとしたところ、本当のアクシデントが発生し、想定とは違う大声が出てしまう。

やはりリアファルに何かがあったのか、それにしてもひどい倒れ方を……と見ると、馬群の中に⑬はちゃんといる。それならどの馬が転倒したのか。そちらに気を取られている間に、次々ゴールに入着。

とりあえず馬券は軸が4着、ヒモが1〜3着の最も悲惨なタテ目。ルミナスウォリアーはここでは力が足りなかったか、それとも仕掛けが早すぎたか。ディセンバーSの豪脚を再現とはならずむしろ最後は垂れつつあった。
まあ残念な結果ではある。

 

シングウィズジョイについては情報が錯綜し、いっ時は最悪の事態は免れたのかと胸を撫で下ろしかけたものの、残念な結果になってしまった。
こういうことがある度に、いい気になって競馬を楽しんでいることについて考えてしまう。

動物を天然自然の姿とはほど遠いカタチに作り上げ、ときに生命の危機にもさらされる過酷な競走を無理強いし、観衆は金を賭けたり勝手な浪漫をそこにのせたりして楽しんでいる。
殊更に偽善的にも偽悪的にもなる気はない。自分は来週も競馬を楽しむだろう。ヘタクソなりに検討して馬券を買って、当たれば喜ぶし外れれば凹むだろう。
開き直りと言われればそれまでだが、そこに後ろめたさを感じるのであれば、初めからこんな罪深い趣味は持たない方が良い。

だから、2017年のアメリカジョッキークラブカップは、僕にとってシングウィズジョイが悲劇にみまわれたレースではなく、リアファルとルミナスウォリアーから馬券を買って外したレースとして記憶に残したい。

 

でも。
アクシデントの後競馬場で見かけた一部の人たち。

4角の方にカメラ片手に殺到していた人々。
「ルメールしねよ」とか言って笑い合ってた学生風の連中。
競馬場中に響き渡るルメールに対する怒声を喚き散らし、4角にダッシュで向かっていたちょっとアレな男性。

ああいう風には決してなるまい。

繰り返すが、別に偽善を気取りたいわけではない。
ただ、わざわざ見苦しい人間に成り果てることもないだろう。

たとえ、見る人によっては同じ穴のムジナ以外の何物でもないのだとしても。

 

 

東海ステークスはこんな感じで負けました

www.bakenbaka.com