にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 きさらぎ賞 予想

残念ながら本日は日曜出勤。例によって休憩時間にWINSへ足を運びたいところだが、雨だと片道10分強はつらいなあと。
雨の影響を受けるのは競馬場ばかりではないようで。

 

さて、何やらここ数年小頭数で行われることが多いらしいきさらぎ賞。 今年も圧倒的確勝級実力馬が参戦ということで8頭立て。どうにかクラシックロードの切符を手に入れたい馬主やら厩舎関係者やらは、決して数多くない機会を唇かみしめて見過ごし、より可能性の高いチャンスに向けて準備しているのだろう。


◆きさらぎ賞

◎⑤プラチナヴォイス
◯①サトノアーサー
▲⑧スズカメジャー
△⑦アメリカズカップ
△④ダンビュライト

 

 

まあサトノアーサーなんだろうなとは正直思う。強いて不安要素をあげるなら、朝からの雨で馬場が散々荒れたり、小頭数とはいえ1枠1番なんで蓋されたり、騎手が怪我明けだったりぐらいかな……て、割と不安もあるじゃんと。
特に川田騎手は土曜2鞍しか乗っておらず、どちらも馬券にはなっていない。当日もメインの前には1鞍のみ。2年連続のダービージョッキーに導いてくれるかもしれない馬にどうしても乗りたく、無理して戻ってきてる可能性があるのではないだろうか。
1本かぶりのオッズであるならば、敢えて抑えまでにするのも面白いかもしれない。

となると、サトノアーサーに勝つ可能性のある馬を探さねばならないのだが、ここは同条件の京都1800で2戦2勝のプラチナヴォイスを挙げたい。前走京都2歳Sは6着だったが、直線不利があってもしっかり伸びてはいた。
雨と道悪が気にはかかるものの、前々走は良馬場も雨の影響が残る中でヴァナヘイムに大勝。期待しても良いかと。

前走新馬戦楽勝で、まだ底を見せてないスズカメジャーも面白い存在。サトノアーサー以外では無敗ロードを駆け抜ける可能性のある唯一の存在ということで。

前走GⅠで大敗とはいえ、重賞2着の実績があり、道悪実績もあるダンビュライトは本来なら本命にしたいところなのだが、どうもあおられた時によれてしまう癖が気になる。
もしかしたら克服してるかもしれないし、当然ルメールも踏まえた上で騎乗するだろうが、他陣営もそこを突いてくるだろう。

むしろ、朝日杯では痛恨の出遅れかました僚馬のアメリカズカップが、先行からそのまま押し切るなんて展開の方が期待できるかもしれない。

 

 

東京新聞杯はこちら

www.bakenbaka.com