読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 アーリントンカップ 予想

旅打ちの余韻冷めやらぬ中、あっという間に週末が到来。

土曜日は3歳重賞のアーリントンカップ。ここの結果と走りぶり如何で春にクラシックへ向かうか、NHK杯に向かうか、はたまたどちらも難しいか見えてくる重要な分水嶺。
決して「アーリンだよぉ」「(前身がペガサスSだけに)羽根がついてるんだよぉ」などとおちゃらけながら眺めるような戦いでないことは確か。


◆アーリントンカップ

◎⑧ペルシアンナイト
◯⑪ヴゼットジョリー
▲⑤ジョーストリクトリ
△③キョウヘイ
△⑨ミラアイトーン
△②ディバインコード

 

前走、もはや不良に近いようなグチャグチャの重馬場で苦戦しつつも、しっかり3着には入ったペルシアンナイトに付け入る隙は少ないように思える。
いよいよ迫ってきた春の戦いに向けて、何が何でも賞金加算したい筈でもあり、ここは逆らいがたいかなと。

紅一点のヴゼットジョリーは、夏早々に混合戦の重賞勝って、休み明けのGⅠで5着掲示板確保。
牡馬よりレベルが高いと言われる3歳牝馬の春の主役候補の一角、ここに出してきたのは勝算十分と見たい。

馬名にざわつかれがちなジョーストリクトリだが、人気馬のディバインコードと京王杯2歳Sで0.1秒差の6着。力は間違いなくある筈。
これまで輸送の1400ばかりだったが、初めて西での1600ということで良い方への一変を期待したい。

そのディバインコードは福島新潟はあるものの、関西への輸送は初めて。鞍上は柴田善臣。馬券圏内は外したことない実績馬だが、まあ抑えまでだろうか。

シンザン記念勝ち馬のキョウヘイは良馬場でどうか、斤量プラス1がどうかと疑問はあるが、戦歴を見ると1400では少し忙しかったところ、1600にしたら力を発揮するようになったととらえることも可能。できれば今回も抑えてはおきたい。

そして、ある意味今回一番の主役候補が武幸四郎騎乗のミラアイトーン
さすがに阪急杯のカオスモスでは勝ち負けは厳しいと思われる(現在4番人気とかになっているが……)ので、実質彼が最後の重賞勝ちを収めるとしたらここなのかなと。
池江厩舎の1、2フィニッシュ決まるも、空気を読まずにイタリア人が勝つなんてこともいかにもありそう。
やはり見たいのは兄弟での1、2になるか。そうそう上手いこといかないか。


さあ、どのようなドラマが展開されるのか。刮目しなければなるまい。フワフワだよぉ。