読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



将棋連盟三理事の解任について

既報の通り、本日の臨時棋士総会にて、青野照市専務理事、中川大輔常務理事、片上大輔常務理事の解任が賛成多数で可決された。

www3.nhk.or.jp

この度の解任劇を報じた各紙の見出し。

朝日→ソフト不正騒動の対応問題視
毎日→ソフト不正疑惑の対応で
読売→三浦九段問題で

まあ他も見た限りでは似たようなもの。相変わらず世間の人のミスリードを誘っているのか、正しく「三浦九段冤罪問題」とか「連盟理事による不正処分問題」としているところは見当たらず、それは業腹ではあるものの、とりあえずは最低限の第一歩かなと。

どうせ大半の棋士は日和見だろう、決議は否決され、理事たちは民意を得たとばかりにますます我が物顔でのさばるのだろうと予測していただけに、まだ自浄作用は働く組織であったことにささやかな感動すら抱いている。
ていうか、この組織の構造、力関係で過半数が解任支持とか通常ではあり得ない。どれほどのことを仕出かしたのか、三氏にはまず噛みしめて頂きたい。
我々一般のファンが把握している限りでも断然アウトであるが、おそらくそれ以上の情報も棋士たちには伝わっているのだろう。

 

もちろんこれで良かった良かったではない。
連盟は速やかに新体制を稼働させ、かの第三者委員会の報告書に則り、冤罪事件が発生するにあたり関係するとされる棋士(今回解任された理事含む)がどのような行動をしていたか、そこに甚だ不適切な欺網や脅迫じみた行為はなかったかを洗い直し、顛末を説明し、必要とあれば関係者を処分する責務がある。
が、どうやら記者の方がツイッターなどにあげられている佐藤康光会長への質疑応答を見る限り、その辺りは基本的には有耶無耶なご様子。新理事を選任する日時の目処さえ立っていないというのだから、相変わらずのんびりな組織ではある。

この際、そちらの進捗は期待しないとして、もう一つの責務の方は早急に果たしてもらいたい。
つまりは三浦九段の名誉回復、あの疑惑は完全なる濡れ衣であり、彼は証拠不十分で加害者にならなかったという立場でなく、被害者そのものであるということを、世間に広く伝えるよう全力を注いでいただきたい。
これに関しては、とりあえず邪魔な足枷がとれた康光新会長ならばしっかり取り組んでくださると信じている。

それにつけても、総会前日に出てきた、名誉回復に真っ向から反するような怪文書。

https://web.archive.org/web/20170226051459/http://www.keijibengo.com/9901/index.html

もうね。どこからツッコんでよいかわからない有様で、そりゃまあ速攻で削除されるわなと。

100歩譲って、仮に三浦九段に疑惑を抱くに足る証拠があったのだとしても。何だったら本当は黒だったとしても。
適切なプロセスを経た告発を越えた、何らかの不適切な行動をしていたのなら、それは裁かれるべきことであると。

小暮観戦記者もこの大山という弁護士も、更にはこの期に及んで、少なくともこういう手合いに資料を提供してしまう竜王も。
まったく理解していないんだなあと。呆れ果てる他ない次第で。

しかも今更一致率云々とか離席云々とかセーターwとか。

お笑いかよ。

ともあれ、竜王にも一刻も早く然るべき場に出てきて説明を求めたい。ていうか味方から撃たれてばっかりなんだからホント早くした方がいいよ。

将棋以外バカなんだろうから下手な小細工してねえでさ。

 

関連記事 

www.bakenbaka.com

www.bakenbaka.com