にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 チューリップ賞・オーシャンステークス 予想

3月になり、いよいよクラシック直結のトライアルレース。非常に昂まる。

だというのに、明日は6時半起きで仕事。メインレースの時間に休憩行くのは難しい。退勤時間は丁度最終レースが終わる頃合い。
なんとご無体極まりない。

こうなればどれだけ仕事が立て込んでいようとも定時に速攻で帰って、録画したレースを見て、馬券的中に万歳してやろうとも。


◆チューリップ賞

◎⑩ソウルスターリング
◯③リスグラシュー
▲②カワキタエンカ
△④エントリーチケット
△①ミリッサ

まあ2強には逆らいがたいかなと。休み明けで本番前の叩きとはいうものの、ここは格の違いを見せるだろうし、見せてもらいたい。

阪神JFでは後塵を拝したリスグラシューが、関西戸崎→武豊という鞍上強化もあり、逆転する目もあるかもしれない。
が、やはりソウルスターリングのGⅠにして余力十分の勝ちっぷりは強烈だった。ここは更なる怪物ぶりを見せてもらいたい。

2強に割って入る馬がいたとしたら、好枠の先行馬にペースが向き、そのまま残ってしまうパターンぐらいではなかろうか。
安定感抜群のエントリーチケット、そして過去2走重馬場でしか走ってないカワキタエンカの未知数の魅力に賭けてみたい。

あとは順当にいけばナンバー3のミリッサ。前走は末脚爆発を見せたもののスタートの不味さを取り戻せず3着。
スタート上手いとされる福永が乗りどうなるか。内枠で詰まるのであれば、それはそれで見てみたい。

 


◆オーシャンステークス

◎⑩スノードラゴン
◯⑨メラグラーナ
▲④クリスマス
△⑤バクシンテイオー
☆⑪コスモドーム

9歳馬スノードラゴンだが、昨秋のスプリンターズSで堂々5着と健在。中山成績は【0.2.1.1】で唯一の馬券外がそのGⅠだったりする。このレースでは昨年3着、一昨年2着と大得意の舞台。まだ底力は残っていると思いたい。

田んぼのような馬場での惨敗を度外視すれば破竹の勢いのメラグラーナ。ここで重賞をきっちり獲り、有力馬が次々脱落している春のスプリンター路線で主役へと羽ばたけるだろうか。

先行馬では白枠の2頭よりも、鞍上が特徴を知り尽くしているであろうクリスマスを推したい。

前走良い脚を見せ、叩き2戦目のバクシンテイオー、出遅れが怖いが後ろからでも届く展開ならコスモドームも油断ならない。

ナックビーナスとブレイブスマッシュも有るのだが、この人気なら買いたくないかなぁと。


こんなところで。
会社行かねばならんのは甚だツラいところなのだが、考えてみれば仕事してる間にPATでガッポリお金を増やせるということ。
思えば良い時代である。