読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 フラワーカップ 予想

競馬

珍しく東西ともに重賞的中するも、折角対抗→本命で決まってくれたスプリングSで馬連は抑え程度でしか買っていなかったため、ガッポリ丸儲けとはいかなかった日曜日。

そして祝日だってのに普通に仕事のある月曜日。勤労よりも競馬で稼ぎたいんじゃい、と。

クラシック前の最後の3歳牝馬重賞のフラワーカップには、賞金的に余裕のある馬などは参戦しておらず、勝つか負けるかで天国か地獄といった様相。
ここで賞金を加算できれば、オークスかNHKか、はたまた桜花賞に滑り込むかと、この春の選択肢も広がってくる。

さあ、大舞台への切符を掴むのはどの陣営だろうか。


◆フラワーカップ

◎⑫ファンディーナ
◯④サンティール
▲①ディーパワンサ
△⑧ドロウアカード
△⑤デアレガーロ

 


驚異的な勝ちっぷりについつい夢を見たくなってしまうファンディーナだが、果たして単勝1倍台に見合うほどの絶大な信頼を置いて良いものかどうか。
何やかやでキャリアは2戦で、走ったのは京都のみ。初輸送、初中山でパフォーマンスが落ちないとも限らない。配当を考えると、軸にはせずに妙味を追求したいところ。

とはいえ、じゃあ他に本命に相応しい馬がいるかと言われると、どれもこれも物足りないのも事実。
展開はスローになりそうで、後ろから届きそうな馬も少ないので、良さげな先行馬をボックスで買うか、妙味の多い馬から流すのが得策か。

サンティールは、同条件のレースで勝利経験があり、出負けした京成杯でも直線よく伸びていた。アタマは厳しそうだが馬券内は期待できる。

GⅠ4着と、実績上位のディーパワンサは、うまく好位につけ、再内枠の利を最大限に活かしたレースができれば勝ち負けまであると思う。
反面、前走のようにスタートイマイチだと俄然厳しくなるか。距離も不安あり。

武豊に逃げ馬のドロウアカードは恐ろしい。ペースは握りやすそうだし、展開利で押し切ることも十分考えられる。こちらも距離に不安あり。

デビュー2戦、いずれも先行して勝ちきっているデアレガーロも当然有力候補だが、そこまで強い勝ち方ではなかった印象。でも中山での実績。
人気もあるので、できれば切りたいところではあるが……


こんなところで。
本日は、どう遅くとも15:00前には休憩入らなけりゃいけないので、WINSへ行って帰ってくるのは難しい。職場の休憩室でRADICOかな。奇声を上げないようにせねば。