読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 日経賞 偏愛的週中展望

高松宮記念、ドバイでのあれこれ、練馬こぶしハーフマラソンと、大勝負ひしめく今週末であるが、とりわけ大注目なのは愛してやまない我が推し馬・レインボーライン出走の日経賞。

かの馬への思い入れは、以前このブログで恥ずかしげもなくポエム的に綴らさせてもらった。

 

www.bakenbaka.com

 

もちろん当日はハーフマラソン前日も何のそのと、中山に参戦する運びとなっている。
JC以来の勇姿に再会することが今から楽しみである。

が、個人的な思い入れは別にして、馬券の検討は冷静沈着かつ客観的に為さねばならない。
もちろん応援する馬を贔屓目で見るあまり、他の馬へのリスペクトを欠くなどもっての外。

どの馬が強いか、どの馬が勝つか、来たるべき大勝負の展望を記しておきたい。

 

 

 


・アクションスター
もう2年以上、馬券はおろか掲示板にも入っていない。脂ののってるレインボーラインの敵ではないだろう。

・アドマイヤデウス
ここ数年、GⅠでは馬券外、GⅡでは馬券内とわかりやすい成績。レインボーラインに次いで2着か3着はあるかも。

・ゴールドアクター
昨年のJCではレインボーラインより上の着順だが、一度菊花賞で仕上げきったお釣りで戦ったにも関わらず同タイム。斤量差据え置きの今回は、逆転してることだろう。

・シャケトラ
レインボーラインの下位互換であるミッキーロケットに、ハンデ差もらいながら惜敗。ここでは大敗。

・ショウナンバッハ
アウトオブ眼中、と思いきや腹違いのアニキだった。せいぜい頑張って。

・ジュンヴァルカン
素質はありそうだが、所詮菊花賞大敗後の条件戦上がり。再びレインボーラインと一緒に走れることを光栄に思うが良い。

・ツクバアズマオー
中山で幅をきかせてるアニキ。2500も経験済で、油断できない一頭。あ、マジメに書いちゃった。

・ディーマジェスティ
菊花賞・JCと戦い、完全にレインボーラインの格下になったかつての最強候補。本来レインボーさんと呼ばなきゃいけないのだが多分呼んでいない。
せめて人気を吸ってもらいたいのだが、想定4番人気と、買うにも切るにも実に中途半端なのが困ったもの。

・トーセンレーヴ
おじいさん

・ナスノセイカン
ここでは格下だが、似たような脚質なのでレインボーラインの邪魔だけはしないように。

・フェルメッツァ
OPで勝ち負けするようになってから出直してくるが良い。

・プランスペスカ
前走障害て。

・マイネルサージュ
前走障害の馬に負けてるて。

・マイネルメダリスト
ショウナンバッハの項参照。

・ミライヘノツバサ
前走AJCCでは前に付けた馬が軒並み崩れる中、唯一3着に粘り、強さを見せた。
が、距離延長・相手強化・鞍上弱化のここでは掲示板が精一杯か。

・ヤマカツライデン
コイツ自体は大したことないが実は厄介な存在。コイツの単騎逃げは結構ペース緩くなりがちなので、しまい勝負にしたいレインボーラインは不利になってしまう。誰か突っかけていってくれい。

・レインボーライン
昨年の秋、もしもサトノダイヤモンドが凱旋門賞に挑戦し、マカヒキが国内に留まっていたら、この馬が菊花賞馬になっていたであろうGⅠ級ホース。
札幌記念でモーリスに肉薄し、JCでは消極騎乗でほぼノーチャンスの中、上がり最速の豪脚でその力を見せた。
この春、いよいよ大輪の花を咲かせ、レジェンド級名馬の仲間入りをする公算は限りなく高い。

・レコンダイト
参加することに意義。


こんな感じで。
お読みいただいておわかりのように、極めて公正中立に各馬の分析をしたものであるので、どうか参考にされたい。

 

まあ、どの馬もそれぞれ素晴らしく、甲乙付けがたいと言ったところ。

何ンボーラインを買おうかなぁ……?

 

 

追記:ちゃんと予想してみた

www.bakenbaka.com