にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



惨敗の週末、そして年度末

この土日の惨敗ぶりったらない。見るも無残。我ながら二本足で立つことができていることが不思議なほどに打ちのめされた。

まあ現象としては冷静に考えてみれば大したことではない。

体調を崩し、数ヶ月前から楽しみにしていたハーフマラソンへの参加を取りやめた。

そして、結構色々買った、ありとあらゆる馬券が外れた

時節柄、体調を崩して予定をキャンセルする人はかなり多いだろうし、ギャンブルで大敗している人もそれなりにいることだろう。
何も自分だけ特別な苦渋を味わっているわけではない。

それにしたって。

年明けからこの方の調子悪さは一体何なのだろう。
旅打ちをはじめ、楽しいことも結構あった筈なのに、ありとあらゆることが上手くいかず、自分の生そのものが停滞しているような感じ。
馬券が外れすぎていてそのように思えてしまうのか。いや、むしろこの負けっぷりは象徴なんじゃないか。
自分の下手さを棚にあげる気はないが、生活そのもののバイオリズムの悪さが馬券検討にも影響しているような気がしてならない。

そういやドラゴンボールのスタンプラリー挫折なんてこともあったなあ。本当ダメな奴。

 


どうしようもないダメな状態でも、季節は巡る。今の寒さが和らいだら、自分の元にもきっちり春がやってくるだろう。

新年度、新しい季節。
何か新しい生活が始まるわけでもなく、フレッシュさの欠片もないオッサンではあるが、ここは心機一転、気分だけでも新たにし、逆転攻勢を期さねばならない。
何かずっとこんなこと言ってる気がするが、まあきっと今度こそやってくれるのだろう。

今年度は残り5日。
良いスタートを切るための準備として、身も心も周辺環境もきちんと整理する期間に当てよう。

とりあえず体調はしっかり調えよう。
汚部屋を掃除すれば、多少は運気が向いてくるかもしれない。
仕込み中のサブブログも、公約どおり今月中に開設し、新生活の新たな習慣としよう。

第一義としては、何とか競馬に勝ちたいという思いがあるのだが、このように自身の生活そのものを見直すことが勝ちに繋がるのではと思ったりすることはオカルトなのだろうか。
まあ、だとしても日々を向上させることは悪いことではあるまい。

この5日が過ぎれば、季節は4月。そして丁度次の週末、決戦の大阪杯。

まずここを勝って、新年度の新オレの狼煙を上げるとしよう。