読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 高松宮記念 感想戦

競馬で負けることばかりはいつまでたっても慣れない。この週末はとりわけボコボコ。感想戦記事を書くのも憂鬱というものだが、なかったことにしても次へは繋がらない。
ここは目頭を抑えながら、各重賞を振り返り検討しよう。

 

www.bakenbaka.com

 


◆高松宮記念

【予想】
◎⑨シュウジ
◯⑥セイウンコウセイ
▲⑬ソルヴェイグ
△③レッツゴードンキ
△⑦レッドファルクス
☆⑱ワンスインナムーン

【購入】
馬連ボックス ⑥⑨⑬
3連複 ⑨ー③⑥⑦⑬⑱
3連単 ⑨⑬→⑥→③⑨⑬ / ⑨⑬→③⑨⑬→⑥
複勝(コロガシ) ⑨

予想の記事では

1着になる可能性が高いのはシュウジと考えるが、複勝馬券はセイウンコウセイにしようかなぁ……と迷い中。

なんて書いてある。書いてあるんだよ……

 

 


【着順】
⑥セイウンコウセイ ◯
③レッツゴードンキ △
⑦レッドファルクス △
①ティーハーフ
②フィエロ

「行くな! そんな行くな! 川田抑えろ!!」
テレビの前でこう怒鳴ったのは、決して自分だけではあるまい。

いずれも良いスタートだったが、抑えることができなかった(まさか敢えて行かせた?)シュウジと、好位で控えることができたセイウンコウセイ。
我が本命対抗の明暗、そして我が決断の明暗はこれでくっきり別れたかと。

まあ、たらればを言っても仕方がない。
シュウジが番手に控え、脚を残す競馬が出来ていたとして、馬券内に入れたかなんてわからないし、そもそもそういう風に走らせることが出来るジョッキーかどうか見極められなかったのは予想する側の責任。

シュウジが突き抜けて、⑨→⑥→③の決着だったら、3連単含めて全券種当たってた、なんて妄想しても虚しさの極致。
ただ目の前で繰り広げられた光景のみを現実として受け入れるしかない。

それにつけてもセイウンコウセイは強かった。2着か3着に入る可能性は高いと踏んでいたが(じゃあ軸にしろや……)、ああも突き抜けるとは。ベストウォーリア的戦歴を刻むかと思ってた。お見それ。

岩田onレッツゴードンキのイン突きは惚れ惚れ。重賞で来ない呪縛も解け、今年は勝ち鞍以外でも目をみはる成績を残している。
皐月挑戦のファンディーナも当然大注目かと。

ソルヴェイグは案外だったなあ。直線一瞬伸びかけるかと思ったけど。


この調子でいくとスプリンターズSなんかも難しいことになりそうね。
どうせ自分が選んだのは来なくて、選ばなかったのが来るんだろうなぁ……とか思ってしまったり。