にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 桜花賞 予想

土曜の東西重賞は、確実に取れていた筈の馬券を寸前で気の迷いから取り逃がす。

弱いから迷う。とどのつまりは実力不足。読みそのものは悪く無かったとポジティヴにとらえることもできるかもしれないが、これはまあ、フテ寝もの。

いつまでも寝ていられない。かつてない逆風の中ついにクラシックが幕開け。
自分の弱さに背を向けず、つぶさに検討し、少しでも己の分析力、直感力、そして何より決断力を鍛えよう。


◆桜花賞

◎⑭ソウルスターリング
◯⑫アエロリット
▲⑮アドマイヤミヤビ
△⑥リスグラシュー
☆⑨ゴールドケープ

 


阪神牝馬Sはじめ、土曜の阪神芝の塩梅を見るに、相当しまいが強い馬でないと後ろから差し切れないのかなあと。
が、おそらく桜花賞はスローということにはならず、前に展開利があるとは言えない筈。

これまで展開が向いて勝ってきた馬はある程度軽視して良し。
外差しの馬場で前に残った馬や、前残りの馬場で一頭だけ後ろから伸びたといった、とどのつまり本当に強い馬が勝つのではないかと。

結局のところソウルスターリングに行き着く。常に好位からでも速い上がりを使っており、まだまだ底を見せない圧勝続き。
一応、この馬を負かすのはいないかという目線で探しはしたものの、やはりどう考えても逆らいがたい。何かの事故でもない限り着外に飛ぶことは無いだろう。

常に連対しているアエロリット。現時点での想定7番人気の意味がわからない。
フェアリーステークスではタフな馬場で、先行馬で唯一残して2着。
クイーンカップでは出遅れから前につけるのに脚を使うも最後まで脚色衰えず、アドマイヤミヤビとさほど差のない2着。
不安は初輸送ぐらいだと思うのだが。

ソウルスターリングの相手筆頭とされるアドマイヤミヤビは、ルメールに選ばれず後釜にデムーロを配するなど、いかにもリターン喰らわしそうな気配プンプン。
先述のクイーンカップやカデナと戦った百日草特別は関東への輸送競馬で勝ってしまった。今回ホームでの戦いということで、さらなる真価を発揮し、ソウルスターリングとの初対決を制することもあるかもしれない。

前走いまいち強さを感じない走りではあったものの、賞金足りてる休み明けでも3着にはしっかり入ったリスグラシュー。ここは仕上げてきて、少なくともミスパンテールは逆転する可能性大ではないかと。
重馬場になる公算が高い中、切れ味を発揮できるか不安もあり、抑えておく程度が吉か。

全然人気ないゴールドケープだが、先行馬なのに痛恨の出遅れかましたフィリーズレビューでやむなく直線勝負にしたらグングン伸びて3着、優先出走権をゲット。
実力も確かだが、何だか持ってる馬なのかなと。道悪も苦とせず、むしろ時計のかかる馬場であるほどチャンスがあるかと。


さあ、渾身の予想はした。
あとは買い方をどうするか。土曜のように取れる馬券を取り逃がすのは避けたいが、ソウルスターリング◎である以上、絞る必要もある。難しい。

とりあえず複勝勝負は、◯アエロリットで参ります。