読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



旅打ち日記 京都編① 京都競馬場 2017.04.29

古来、都を抑えたものが天下の主になるものと相場はきまっている。
馬券師とてそれは例外ではない。

というわけで、昨夏の名古屋行以来3度目となる西に向かうのぞみに乗り込み、いざ上洛。
気分は源義経か今川義元か。あれ、なんか最期が悲惨な人ばかりのような……

まあそんなことはさておき、今回は窓際の席をとれたので、スポーツ紙やスマホばかりでなく、景色も楽しみつつの道中。
まあ、四十近くのオジさんが「わぁ富士山だぁ」なんて写真をパシャパシャやってるのも、よくよく考えたらなかなか壮絶なものがあるところだが。

f:id:bakenbaka:20170504192754j:plain

 

京都駅に到着し、ミヤビ感を味わういとまもなく、電車を乗り継いで淀駅へと。

 

f:id:bakenbaka:20170504192834j:plain

駅のホームから馬場を臨むことができ、否が応でもテンションは上がってくる。

 

京都競馬場。JRAの競馬場としては7場目となる戦いの場へと到着。

f:id:bakenbaka:20170504192920j:plain

f:id:bakenbaka:20170504192947j:plain

写真ではうまく収められなかったのだが、客席から馬場を臨むと、京都特有の3コーナーでの上り下りがよくわかる。
ナルホドこれを生かすか殺すか、馬の力であり騎手の腕であり、馬券師としての眼力なんだろうなぁと。

 

f:id:bakenbaka:20170504193020j:plain

円形のパドック。真ん中のモチノキがまた良い存在感。
よく考えたら、競馬場の周り方向はまちまちなのに、何でパドックはどこも左回りなんだろう。

 

 

さあ、京都決戦の幕開け。
が、よく考えたらこの日はレース中の写真を一枚も撮っていなかった……まあ馬券の調子は平常運転。つまり全然当たらない。

 

f:id:bakenbaka:20170504193057j:plain

福永! 福永!! ……ふくながぁ……
と、なること2、3回。東西どちらにいても相変わらずの馬券下手ぶりだが、めげずに頑張るしかない。

 

f:id:bakenbaka:20170504193154j:plain

よし、このレースは庭の京都で無双してるユタカさんで間違いない! さて相手は……

 

f:id:bakenbaka:20170504193223j:plain

ようやく馬連&3連複的中!
7番人気絡めた2頭軸、この点数でW的中という、実入りはともかくなかなかに気持ち良い馬券を当て、上々の心持ち。
翌日の大一番に向けて、良い景気付けにもなった。

他は東京での重賞も含めて散々ではあったのだが。

www.bakenbaka.com

 

結局1レースしか当たらず、ほんの僅かな浮きで土曜の戦いは終了。
なぁに本番は明日よと、自分に言い聞かせつつ歩く千年の都。

f:id:bakenbaka:20170504193353j:plain

 

この時期の土曜ということで、どこのホテルもクソ高い料金を設定しており、安く済ますにはどうしてもカプセルか相部屋のドミトリー的なところになってしまうところ、西院の近くに4,000円台のビジネスホテルに空きがあるのを発見。

f:id:bakenbaka:20170504193942j:plain

和室。まあそれなりに快適ではあったのだが、冷蔵庫が無いというのがなかなかのマイナス要素。確かにサイトの施設情報には冷蔵庫有とは載ってなかったけど、普通無いと思わんじゃん……この時期ならまだ大丈夫だったが、夏場は致命的なのでは。
しゃあないんで風呂上がってからビールを買いに行って、旅で疲れた身体に流し込むと、すぐさま襲ってくる眠気。

都の夜を堪能することもなく、まどろんでいく意識の片隅で、明日行われるお目当てのレースに想いを馳せて。

f:id:bakenbaka:20170504194144j:plain