にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 京王杯スプリングカップ 予想

心の洗濯を行なっている個人的大型連休だが、競馬は休むわけにはいかない。
VMの日曜日は久々に仲間連れでの競馬ってことで電車での来場となるため、ここはいっちょチャリンコかっ飛ばしてウイニング競馬の撮影でも覗きがてら土曜競馬を楽しもうかと思っていたのだが、あいにくの天候。
こんな日は自宅でピザでも食べながらの観戦に限る。

安田記念へと繋がる府中1400決戦。
雨で馬場傾向がガラリと変わる可能性があり、マイルの実績馬にスプリント王者とメンバーも多彩。なかなかに予想しがいのあるレースになるかなと。

◆京王杯スプリングカップ

◎④サトノアラジン
◯⑨グランシルク
▲③キャンベルジュニア
△⑦ブラヴィッシモ
☆①ヒルノデイバロー
 


トライアル番長で、本番のGⅠでも掲示板内には入ってくるサトノアラジンが明らかに一枚上手かなと。
道悪実績が少ないのと、鉄砲は利くものの前走海外なのが気掛かりではあるが、中心に考えざるを得ないだろう。

本命以外では、今年はボーダーが高くなるのではと囁かれている安田記念に向けて、是非とも賞金加算したい馬を中心に考えたい。

グランシルクは戸崎騎手との相性抜群で、馬券外はNHK杯の5着のみ。
折しも今日は雨。アメトーークにシルク姉さんが出てたのがサインと取れなくもない。

キャンベルジュニアも柵が動いて良くなった筈の内枠で前めから競馬、そのまま勝ち負けといった内容になりそうだが、中山マイルのシュタルケからルメールテン乗りは、鞍上弱化の可能性もあるのかなと。調教にも乗ってないみたいだし。

ブラヴィッシモは過去10戦ばかり鞍上も脚質もコロコロ変えてきており、どうにも真価がわかりにくいが、このメンバー、渋った馬場ならワンチャンありと見た。

現時点で最低人気のヒルノデイバローは最内枠で横山典騎手。不気味。
戦績を見る限りダートに戻した方が良さそうに思えるが、一発やらかす力があるのは阪急杯で実証済。抑えときたい。

人気の一角・レッドファルクスについては、古馬になってから芝1400では馬券になっておらず、ここは次へ向けてのお試し感がプンプン。
この天候の中、人馬ともに無理に勝ちにはこないかなと。


実のところ、全然わからんわというのが本音。
現時点でアラジンが複勝でも結構付くので、大人しくそれだけ買っとくのも一つの手かと。