にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 京王杯スプリングカップ 感想戦

雨降りの土曜日。
予定していた府中チャリンコ行は断念し、家でゴロゴロ競馬を見たりボケっとしたり。
土曜の勝負レースは京都のオープン2つと、東京の重賞・京王杯SCのみ。参戦を絞る分、キッチリ当てようというスタイル。

京都の前残りを甘く見ており、オープン2つは撃沈。やってもうた。
こうなったら東京で倍返しじゃい、と。

 

www.bakenbaka.com

 
◆京王杯スプリングカップ

【予想】
◎④サトノアラジン
◯⑨グランシルク
▲③キャンベルジュニア
△⑦ブラヴィッシモ
☆①ヒルノデイバロー

【購入】
複勝 ④
馬連 ④ー①③⑦⑨
3連複 ④ー⑨ー①③⑦

実績抜群、鉄砲も効くサトノアラジンが馬券外になることはないだろう、ただヒモ抜けがありそうだなと、思ったよりは付いてくれる複勝を厚めに買ってみる。万全の構え。


【着順】
⑩レッドファルクス
⑫クラレント
⑨グランシルク ◯
①ヒルノデイバロー ☆
⑧トウショウドラフタ

次へ向けての試走程度かなと思っていたレッドファルクスが抜けた強さを見せて快勝。
馬柱初見で切ったクラレントが好位から粘っての2着。
サトノアラジンは最初から最後まで前にいる馬のお尻を見ることに徹して9着。

ネットを見ると川田への罵声が飛び交っているが、それよりも己の読みの浅さ、不甲斐なさがもう……

ここで、泣きの1回じゃいと最終レースに手を出さなくなったことが成長といえば成長なのか。

 


さて。

この土日の結果も踏まえ、ちょっと己の馬券師としてのスタンスそのものを見つめ直そうかな、なんて。

というのも、競馬を初めて1年ちょい。
ある程度競馬というものを知ってくるにつれて、どうしても穴寄りから本命寄りの予想・買い方になってきているのだが、その結果不思議なもので的中率も回収率もグングン下がっているのだからよくわからない。回収率だけ下がるのなら、まだ話はわかるのだが。

どうせろくに当たらないなら、守りに入らず、もう少し夢見る馬券師になっても良いのかなと。
もちろん、勝てそうもない人気薄を無理やり買うとか、一番人気を何が何でも避けるとかではないけど。
気持ちの中で少しだけそんな意識を持ってやってみようかなと。

パールコード軸で的中した秋華賞。多分今の自分ならビッシュかジュエラーのどっちかを軸にしているだろう。
レインボーライン軸で的中した菊花賞。今の自分なら間違いなくサトノダイヤモンドを軸にしている(結果当たってるかもしれないが)。

あの頃のような感覚を取り戻したいもんだなぁと。

そういえば、かつては買い目に必ず万馬券になる組み合わせを入れたりもしてたっけ。

まあ、試行錯誤も良いのではと。