にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 鳴尾記念 予想

ダービーは終わっても、競馬関係者並びに馬券師連中には休息など無い。

6月に入っても、2つのGⅠをはじめ大注目の重賞レースがひしめいており、また、来年のクラシックを目指す若駒たちが登場する新馬戦が始まるとあり、どんな新星が現れるか楽しみでならない。

ちょっと気になって昨年の6月初日の新馬戦を眺めてみると、後にクラシック主役候補に躍り出るも無念の離脱と相成ったブレスジャーニーが早くもデビューしていたり、東西で1番人気張ってた馬が未だに未勝利戦を突破できないでいたり、それなりに順調にキャリアを積んでる馬もいたり、地方に行ってるのもいたり、残念ながら抹消になっている馬もいたりと、悲喜こもごも。
競馬の面白さと、それ以上に厳しさや切なさがを感じられてならない。

昨年は競馬歴も極短だったので、新馬戦をしっかりチェックすることまではできなかったが、今年はなるべく新馬戦、2歳戦、明け3歳戦を追っかけていき、来年のクラシックをより楽しむためのウォッチャーになれればと。

さて。日曜に控えたGⅠも、幕を開ける新馬戦も注目であるが、土曜日は重賞・鳴尾記念が阪神競馬場で行われる。

例によって仕事で生観戦できないのと、メンバーが微妙な上に少頭数と、なかなか高揚しづらいレースではあるが、ここはしっかり仕留めて、悪い流れはダービーまでで一区切りってことにしたいと。
 


◆鳴尾記念

◎⑧スマートレイアー
◯④スズカデヴィアス
▲⑥デニムアンドルビー
△⑨ステイインシアトル
☆⑦レッドソロモン

ちょっとスマートレイアーが格上すぎて、前日夜の時点とはいえ1番人気でない意味がわからない。戦ってきた舞台、相手が他とは違いすぎるかと。
GⅠ戦っての中2週というローテは気がかりであるが、そもそも前走は休み明け。調教も良さげだし、そこまで消耗はしていないんじゃないかなぁと。

スズカデヴィアスは、距離を2000にしてから割と好走しており、金鯱賞3着の実績が光るはもとより、白富士Sで後の中山記念2着馬を破るなど、フロックでは無い実力といえそう。前走大阪杯はステージが違うので参考外で良いかと。
横山典さんが阪神までわざわざ一鞍だけ乗りにいくあたり、期するものがあるのでは。

デニムアンドルビーは長期の休み明け後は、なかなか馬券に絡めないでいるが、金鯱賞や中山牝馬Sの走りを見る限り、完全に終わってはいない。
今回のメンバーで勝ち負けできないとなると、もうダメだろうと、陣営にとっても乾坤一擲の勝負の筈。得意の阪神を復活の場にできるかどうか。

スマートレイアーに不安材料があるとしたら、すぐ隣に武豊騎乗のステイインシアトルがいること。どちらも先行馬とあって、かぶせて潰しにくる可能性大。そのくせ、自分はしっかり馬券内入ってしまうのだから恐ろしい。

ここ2走ばかり凡走が続いたことでレッドソロモンが人気下位になるのであれば絶好の狙い目。菊花賞での武豊騎乗17着こそあるものの、基本的には上位騎手が乗れば強い走りをみせてきている。
重賞では用無しと思える戦績だが、可能性は秘めているのではないかと。

バンドワゴンは何だかんだで準OPを抜けたばかり。それにしては人気が過剰すぎかなあと。今のままならちょっと買いにくい。


一応候補馬5頭上げたけど、絞っていくかもしれないです。