にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 安田記念 予想

マイルの実績馬、4歳新鋭、ほぼ全勝で来てる上がり馬、王道からの距離短縮、スプリント王者の距離延長、しばしば穴開けかます伏兵、そして香港馬……
甚だしく混戦模様で、予想は困難を極める。勝ってもおかしくない馬、3着内は全然ありそうな馬がひしめいており、てことは実力馬が着外に追いやられる可能性も全然あるということ。

www.bakenbaka.com

10頭ボックスとかで買いたいところ、血を吐く思いで絞っていかねばならない。

◆安田記念

◎⑯ロゴタイプ
◯⑪ブラックスピネル
▲⑮イスラボニータ
△⑧エアスピネル
 


てか、思ったより絞りすぎちゃった。

当日の芝レースももちろん注視しなければならないが、土曜日のレースを見る限りだと内側は結構悪くなってきている様子。
そうなると、外寄りの馬は不利に思われがちだが、先行馬であれば馬場の一番良いところにスムーズに入っていけると、NHKマイルのときに横山典さんが言っていた。
そして、出走馬のメンバー的にも、ここのところのGⅠのトレンド的にも、展開はスロー必至。

そうなると、ロゴタイプに昨年の再現を期待したくなる。
あの大勝利はもちろん、負けたレースでも前で粘って大崩れしない印象。エイシンヒカリのように勝つか大敗かではなく、3着内の信頼度で言ってもかなり高いかなと。

前走は前にいないと話にならない展開のところ、後方からになってしまい、それでもあと少しで3着には届きそうだったブラックスピネルは、人気を考えると買わずにいられない。
うまく好位につけることができれば、スローの前残りのときはもちろん、スローすぎてラスト3ハロン勝負になった場合でも有力な1頭である。
不安は初めて背負う58の斤量ぐらいか。まあこの馬に限ったことではないが。

続いてはイスラボニータ。GⅠ4連勝のかかったルメールが、実績も相性も抜群の一番人気馬に乗るとあれば、買わないのは無謀というもの。
前目につけたい馬が外枠に集中する中、すぐ内側は位置どりで競合しなさそうなサトノアラジンなのも有利なのでは。

巨大な期待を背負ってマイル路線に参戦してきたエアスピネルだが、今のところ突き抜けるイメージは無い。が、安定した実力を披露してきているのもまた確か。
できればある程度ペースが流れてほしいところだが、スローにも対応はできる。中ほどの偶数枠を得て、当日芝レースはメインのみの鞍上がどう操縦してみせるか。

この4頭を中心に、あとは当日の状況見て追加するか、絞ったままワイド中心で買っていくか検討することにしましょ。

今のところ、後方からの馬は軽視しているが、1頭ぐらいは突っ込んでくるのもいそう。問題はそれがどの馬かってことだが……
上がり馬の実力はどうか? 本日1鞍のみの川田はどうか? 典さんは口出し激しい調教師への当てつけのような超ポツンを見せてくれるか? 悩ましい。

複勝コロガシ(もはや今からコロガシもへったくれもという気もするけど)はロゴタイプで。
レアルマドリーは連覇を果たした。となるとこちらもあるのでは。