にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 マーメイドステークス・エプソムカップ 予想

何だかこの一週間、何となくバイオリズム的に良くないというか、色々間が悪いなって感じで過ごしてしまい、迎えた週末。
そんな感じゆえに、競馬の予想もろくすっぽ出来ておらず、土曜のレースは仕事の休憩時間に東西メインだけザックリ馬柱見てそれぞれ中穴どころの単複のみ買ってみる。

あらどうしたことでしょう、西は複勝、東は単複ともに的中。
普段長い時間かけて検討してるのは何なんだろと思えなくもないが、ここに来て上向いてきたかもしれない。
俄然やる気を起こし、日曜の重賞にとりかかる。

◆マーメイドステークス

◎④クインズミラーグロ
◯⑤トーセンビクトリー
▲①アースライズ
☆③プリメラアスール

10番人気で準オープン勝ってから、重賞3戦連続3着のクインズミラーグロで良いんじゃないかと。
好位から粘る競馬が今の阪神の馬場と、内回りにあってそうだし、ペースもそこまで流れないんじゃないかと思う。もし前走のように出遅れてもこのメンバー相手なら挽回できる可能性あるかなと。

そのクインズミラーグロを中山牝馬Sで下しているトーセンビクトリーは、さすがに背負わされすぎ感のある斤量が気がかり。

10ヶ月休んでる間に降級するも、復帰戦をひと叩きがてらしっかり勝ったアースライズは、成長具合如何によっては秋には女王の座を争う一角になりうる一頭なのかなと、期待を込めて。

プリメラアスールには、逃げからの、あれ今回は止まらないぞに期待。
 



◆エプソムカップ

◎⑨クラリティスカイ
◯⑩アストラエンブレム
▲⑦マイネルハニー
△⑥デンコウアンジュ
△④ヒストリカル

マイネル2頭により、ある程度ペースは流れると想定され、馬場は完全に外差しときているので、一見追い込み馬が有利そうではある。
が、土曜の芝レースの内側の開けっぷりを見るに、先行馬が馬場の四分五分ぐらいの良いところを通り、後方からの馬は外で詰まったり、荒れたインに入らなければいけなくなる恐れがあるように思える。

となると、流れたペースでも粘り強い先行馬にこそ注目をしたい。

その筆頭がクラリティスカイ。前走メイSの上位勢の中でも休み明けで3着に粘っており、今回は斤量も−1.5となっている。逆襲の期待大かと。

もう一頭はマイネルハニー。小倉では惨敗だったが、それ以外の近走は前からの競馬でよく粘っている。チャレンジカップのときのような、差し有利の展開でも残してしまう強さをまた見せてもらえれば。

あとは、どの馬が先週のサトノアラジンになれるか。
アストラエンブレム、デンコウアンジュが詰まらずスムーズに追い出せればまず勝ち負け間違いなしだろう。

大体最後方から上がり上位の足を使い、届いたり届かなかったりのヒストリカルは、鞍上ともども展開向けば凄いことやらかしそう。


こんな感じで。ちなみに昨年のエプソムカップは、本命のルージュバック+本線の馬券では切った有力馬2頭の組み合わせで3連単ボックス買ってみたら当たった記憶がある。
今年もそれやってみようかな……