にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 CBC賞・ラジオNIKKEI賞 予想

さあ夏競馬本格始動。
次のGⅠシーズンまで競馬は小休止、なんてもったいないことはできない。夏を主戦と走る馬、秋以降の飛躍を虎視眈々と狙う馬、駿馬たちの戦いはいつでも熱い。

そんな中、繁忙期につき金土と残業でくたびれ果て、当日になりようやく検討。
職業・馬券師になれるのはいつの日か。

◆CBC賞

◎⑮タイムトリップ
◯⑯メイソンジュニア
▲⑬エイシンスパルタン
△③メラグラーナ
△⑩アリンナ
☆②ティーハーフ

人気サイドにも全幅の信頼はとてもおけず、何が来てもおかしくない大混戦。
前に行きたい馬が多い中、タイムトリップが内を見ながら好位置につけ脚を溜めることが出来れば、軽々とごぼう抜きといけるんじゃないだろうか。

その他、斤量に恵まれる3歳馬のメイソンジュニアアリンナ。さすがに実績が抜けているメラグラーナエイシンスパルタンを絡めていくのが吉ではないかと。

もしハイペースで前が崩れる展開になると、高松宮記念4着のティーハーフもおっかない。
当日の馬場や展開の様子を見て取捨決めようかなと。
 



◆ラジオNIKKEI賞

◎⑤ライジングリーズン
◯⑧ビービーガウディ
▲⑥サトノクロニクル
△⑦ウインガナドル

黄色枠の2頭が力上位。それだけに斤量を背負わされているが、物ともせずに勝つことができるか。
特にハイレベルといわれる牝馬戦線で良い戦いをしてきたライジングリーズンの末脚は魅力的。新馬戦から乗り続けてる丸田騎手が仕掛けどころを間違えなければ勝ち負け必至と思うが、初めての混合レースで牝馬1頭だけというのがどうかなあと。そんな状況でぶっちぎって勝てば爽快だが。

2走前にモズカッチャンと互角に戦ったビービーガウディが斤量53で、鞍上はこのメンバーでは最格上のウチパク。現時点で8番人気なのが解せない。


もうしばらくは仕事が忙しい日々が続く。
今日ぐらいは大いに楽しんで気分転換しつつ、しょぼい月給のためにヒーコラ言うのがアホらしくなる収入を得たいもの。