にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 CBC賞・ラジオNIKKEI賞 感想戦

夏競馬本格開幕に合わせるかのように、グンと気温が上がり、湿度の高さとも相まって、蒸し風呂のごとき我が寝ぐら。

なんの、この暑さ、この熱さこそ夏競馬よ!

と怒鳴るやいなや、クーラーのスイッチを付けて、ダラダラと観戦。

www.bakenbaka.com


◆CBC賞

【予想】
◎⑮タイムトリップ
◯⑯メイソンジュニア
▲⑬エイシンスパルタン
△③メラグラーナ
△⑩アリンナ
☆②ティーハーフ

【購入】
馬連・ワイドボックス ⑩⑬⑮⑯
3連複 ⑮ー⑬⑯ー②③⑩⑬⑯

【着順】
⑦シャイニングレイ
⑭セカンドテーブル
④アクティブミノル
②ティーハーフ ☆
⑪スノードラゴン

無印3頭で決着どころか、印付けた馬は②以外すべて半分より下の着順という壮絶な結果。

2年間の休養を経て、ダート・芝中距離大敗、距離縮めて大勝のシャイニングレイはもちろんのこと、ここ2戦は凡走も冬にはセイウンコウセイと好勝負していたセカンドテーブルも、調教抜群のアクティブミノルも、有るかもしれないかなとは思っていた。
でもまあ、やっぱ無いかと普通に切ってしまった自分を誰が責められるだろう。
 



◆ラジオNIKKEI賞

【予想】
◎⑤ライジングリーズン
◯⑧ビービーガウディ
▲⑥サトノクロニクル
△⑦ウインガナドル

【購入】
馬連・3連複ボックス ⑤⑥⑦⑧
ワイドボックス ⑤⑦⑧

【着順】
⑪セダブリランテス
⑦ウインガナドル △
①ロードリベラル
⑫クリアザトラック
④マイネルスフェーン

ライジングリーズンは、後ろからになりすぎてしまい届かないことだけが心配だったものの、好スタートから良い位置でレースをすすめてくれ、ヨシッと拳を握る。
誰があんなに垂れていく姿を想像できるというのか……

決して前が楽ではないレース展開で、しっかり残った1、2着馬は強かったのかなと。
自分の馬券傾向として、出走回数の少ない無敗馬とか、条件戦で無双した上がり馬とかが人気している場合は軽視したがる傾向が顕著なのだが、これは一考の余地があるかもなあと。


というわけで、一筋縄でいかない夏競馬の洗礼を受け、平日稼いだ残業代を吐き出させられる日曜日に。
まあこんなん当てられないのは仕方ないとして、失敗だったなと思うのは、まるで自信ないのに結構金額いってしまったこと。夏競馬なんてどうせわけわからん馬来たりするんだし、にわか人間は参加料程度で楽しむのが吉なんじゃないかと。

まあ今日は夏開幕のご祝儀と思って、来週から適度に楽しくやってくとしよう。