にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 プロキオンステークス・七夕賞 予想

土曜日はまったく馬券買わず、メインレースだけ何となく馬柱見て、もし買うとしたらこの辺かなーと思ってたのが芳しからぬ結果であることを確認し、買わんで良かったとホッとしてみたり。

日曜はいざ勝負ということで。

◆プロキオンステークス

◎④アキトクレッセント
◯⑥チャーリーブレイヴ
▲②ベストマッチョ
△⑧カフジテイク
△⑫キングズガード

基本的に先行有利だろうと見る。少なくとも4角出たあたりでは前の方まで進出していないと厳しそうに思えるが、人気かぶりのカフジテイクが届くかどうか。海外帰りということも鑑み、ここは抑えまでかなと。

当初、まだ4歳と若く、伸び代もあるベストマッチョを本命と考えていたが、この馬今回が初輸送どころか、これまで東京ダートしか走ったことがない。
いくら左回りは変わらないとはいえ、この暑い中、今までと同じ力を出せるとも限らないかなと評価を下げた。

代わりに、近走充実のアキトクレッセント、芝スタートのダートは得意なチャーリーブレイヴの前残りに大きく期待。

②④⑥が前で争う中、後ろから突っ込んでくるとしたら、カフジテイクか昨年のこのレースで3着だったキングズガードで決まりじゃなかろうかと。
 



◆七夕賞

◎⑨マルターズアポジー
◯③フェルメッツァ
▲⑧ゼーヴィント
△⑪マイネルフロスト
☆⑦タツゴウゲキ

絶対ハナに立つマンのマルターズアポジーは今回最重量ハンデだが、近走GⅠ以外では逃げ勝っており、特に付いてきた先行馬をハイペースで潰しつつ、自身は勝ってしまった小倉大賞典での強さは衝撃的だった。
最大のライバルのゼーヴィントもかなり背負わされてる上に、5ヶ月というこれまでにない期間の休み明けとなると、もしかしたらアポジーの圧勝もあるんじゃないかと。

ブリンカー付けてみたらみちがえてしまったマイネルフロスト、福島巧者で穴っぽいフェルメッツァタツゴウゲキも侮れない。


さて、少し遅めの七夕の願いは叶うだろうか。