にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 プロキオンステークス・七夕賞 感想戦

逆襲の7月、逆襲の夏競馬。
と、なるはずだった。
手乗り文鳥の涙程度の夏のボーナスが倍々ゲームになるはずだった……

www.bakenbaka.com

◆プロキオンステークス

【予想】
◎④アキトクレッセント
◯⑥チャーリーブレイヴ
▲②ベストマッチョ
△⑧カフジテイク
△⑫キングズガード

【購入】
ワイド・馬連ボックス ②④⑥
3連複 ④ー⑥ー②⑧⑫

【着順】
⑫キングズガード △
⑧カフジテイク △
⑭ブライトライン
③ゴーインググレート
①メイショウウタゲ

前から競馬してもらいたかった3頭が揃って控えてしまい、強烈な差し脚を持つ馬たちと大して変わらない位置どり。もう向正面の中間ぐらいの時点で終戦を悟る。
先行して気持ちよく走れてこその我が買い目はことごとく馬込みに沈んでいき、差してくるならこの馬だろうなってのが、当然上位進出しての決着。エイシンバッケン出れてれば勝ち負け必至だったでしょうな。

それにつけても15頭立てのレースで……

◎アキトクレッセント 12着
◯チャーリーブレイヴ 15着
▲ベストマッチョ 14着

この人、競馬辞めるべきなんじゃなかろうかと。
 



◆七夕賞

【予想】
◎⑨マルターズアポジー
◯③フェルメッツァ
▲⑧ゼーヴィント
△⑪マイネルフロスト
☆⑦タツゴウゲキ

【購入】
単勝 ⑨
3連複 ③ー⑦⑧⑨⑪

【着順】
⑧ゼーヴィント ▲
⑪マイネルフロスト △
⑫ソールインパクト
②スズカデヴィアス
③フェルメッツァ ◯

ゼーヴィントを勝たせるため、露骨にアポジーを潰しにいったフェイマスエンド陣営について、善し悪しはともかく、個人的には腹立たしい気持ちはない。むしろ腹を立てるとしたらフェイマスエンドに出資してる方じゃないだろうか。
こちらとしては、こういう可能性を踏まえて予想できなかった己の甘さが情けない。キタサンのように突っかけられたらハナを譲って控えることができる馬でもなし、シルクは3頭出し、当然この展開は考えておかねばならなかった。

というわけでアポジーが早々に終わり、こうなればフェルメッツァ軸の3連複来い、と願うも健闘虚しく5着まで。もう1頭印つけてたタツゴウゲキも6着だし、◎以外は割と惜しかった。

それにしても、先週シルクレーシングの馬で初の重賞ジョッキーになった石川裕紀人騎手が、今週はラビットとなりシルクの馬を勝たせるとか。
これはこれでドラマ。面白いじゃないか。


勝てない……