にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 函館記念 予想

今週は重賞一つということで、否が応でも大注目の函館記念。
回顧記事書くタイミングなかったが、昨年は初旅打ちの中京競馬場にて、他場の馬券買う奴とか何なのという友人の冷たい視線を受けつつ観戦していた(そして崩れ落ちた)のを覚えている。

そんな2016年の馬券内3頭がリピーターとして出走してきている今年の函館記念は、実家にて家族の冷たい視線を受けつつ観ることになるはこび。
せめて馬券ぐらいは当たってほしいもの。

◆函館記念

◎⑫ルミナスウォリアー
◯⑪ツクバアズマオー
▲③ナリタハリケーン
☆④ケイティープライド

絶対ハナ切るマンのヤマカツライデン、極力ハナ切りたいメンのステイインシアトルとマイネルミラノの先行争いは容易に想像がつき、それぞれほどほどの主張で折り合えるタイプではないんじゃないかと。
となると、いかに直線短い函館とはいえ、差しが決まる展開になると予想したい。
 


休み明けのルミナスウォリアーツクバアズマオー、冬に中山を彩ったこの2頭は、仕掛けどころさえ間違えなければ前を摑まえる力を持っている筈。やや外目の枠もむしろライバルたちを見ながらレースを進められ都合が良いのでは。
鉄砲が効き、55㎏と比較的恵まれた斤量のルミナスウォリアーが本命、函館巧者で調教も抜群のツクバアズマオーを対抗としているが、ほぼ同列に評価している。

巴賞組では、いわゆる着差以上の勝ちだったサトノアレスが目を惹くのは当然だが、距離が2000に伸びたことと、内枠での経験があまり無い中、最内引いたことがどう出るか。少し危ない一番人気なのでは。
それよりむしろ、惜しくも敗れた馬の方が妙味があって面白いんじゃないかと。

8歳馬のナリタハリケーンは、5年ぶりに走った芝レースで3着というのが完全にフロック視されている人気の無さだが、サトノアレスと0.1秒差だった前走から斤量−2(アレスは据え置き)と、ちょっと狙ってみたい1頭。

昨年2着のケイティープライドは、軽ハンデを武器に好走してしばしば大荒れを演出してくれるが、凡走も多くて困ったもの。
まあ来たらオイシイので抑えてはおきたい。

現時点ではこんな感じ。
その他、やはり最も若くして実績上位のサトノアレスは気になるし、巴賞2着のアングライフェンがこの夏ノリにノッてる北村友一騎手乗り替わりというのも気になる。
あとは前が崩れてもしぶとく残りそうなマイネルミラノ、大外枠と蛯名テン乗りで調教にも乗ってないというあたりでとりあえず無印としたサクラアンプルールも怖いところ。
当日の様子次第で、この辺から買い目を追加することも考えている。


ところで、少し前から気づいていたが、自分の重賞予想は結構な確率で東スポ虎石氏とカブってしまう。今回にいたってはほぼ一致。
影響を受けているつもりはなく、大体重賞は東スポ買う前に当たりをつけており、買ってみたらアララってことが多い。
反対に、スポニチ万哲とはあまりカブらない模様。

まあそれでメシ食ってる方々とはいえ、個人的には予想家に乗るようになったら競馬の楽しみ半減だと思っている。
情報不足のヘタクソなりに懸命に考えるのが面白いと感じているので、まあ関係ないっちゃないのだが、一度どの予想家と傾向が近いかとか、分析してみても面白いかもしれない。