にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 函館記念 感想戦

実家で過ごす連休。
姪っ子甥っ子ヤンチャでカワイイというべきか、ガキどもうっせえ、普段どういう躾してんだ? と言うべきか。
感想は色々あるが、こちらが競馬の検討に余念のないときにガーガー騒ぎ暴れられようものならば圧倒的に後者。

ハンデ戦の函館記念は、こちらもそんなハンデを背負っての戦い。

www.bakenbaka.com


◆函館記念

【予想】
◎⑫ルミナスウォリアー
◯⑪ツクバアズマオー
▲③ナリタハリケーン
☆④ケイティープライド

【購入】
馬連・3連複ボックス ③④⑥⑪⑫

思わぬ雨で馬場は稍重から重へと変化。何頭かの追加候補のうち、馬場状態もマイナスってこと無さそうで、サトノアレス以上に後ろから飛んでくる気がしてならない⑥アングライフェンを加えてのボックス勝負。
 


【着順】
⑫ルミナスウォリアー ◎
⑭タマモベストプレイ
⑮ヤマカツライデン
⑥アングライフェン
④ケイティープライド ☆

もうわっかんねえなコレ、としか言えない。

期待以上の走りを見せたルミナスウォリアーは見事1着だったものの、それだけ。
差し優勢と見ていたところ、先行勢の中でもとりわけ軽視していたタマモベストプレイとヤマカツライデンが沈んでいかず、2・3着に粘りこむとか。それでいてステイインシアトルとマイネルミラノはしっかり沈んでるところとか。
ちょっと上級すぎてお手上げ。まあ春に戦ってきた相手が違うってことですかね。

直線向いたときの、ルミナスウォリアーは勿論のこと、アングライフェンとケイティープライドの手応え見て、よっしゃとったべと拳を握ったんだが……あと0.1秒を削り出せず、残念。


なお、翌日の盛岡競馬場にて行われた交流重賞のマーキュリーカップはミツバ、ピオネロが抜けているのはわかりきっていたものの、少額購入者がそんなところからいってもということで、ミツバとドリームキラリの2頭軸で攻めてみて悔しい撃沈。
前走買ってて全然だったクリノスターオーが3番人気で3着入っちゃったんで、まあしゃあない。

来年の夏は、ほぼ間違いなくJRA10場制覇のゴールとして、函館に訪れるはず。
番組編成が変わらなければ、函館記念の後にフェリーとバスで盛岡に移動というのも良さげかなあと薄っすら考えてみたり。