にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 北九州記念・札幌記念 予想

札幌に来ている。
土曜日は当地の全レースを買い、わずかながら収支プラスで終えることができた。
夏競馬ずーーーっとボコボコにやられ続けていたが、この旅打ちをキッカケに上向いてほしいもの。

そして勝負の日曜日は、今週こそ久しぶりの重賞的中といきたいもの。

◆北九州記念

◎②アクティブミノル
◯⑬キングハート
▲⑧ファインニードル

馬柱を眺めるに、ほとんどの馬が近走ではオープン以上では勝ち負けできておらず、そんな強かった日々は昔のことといった感じの馬が多く、どうしたもんだろうなと。

アクティブミノルは内枠の先行馬、前々走よりブリンカー付けてからは安定した結果を残しており、ここも期待できるんじゃないかと。
なにげに3年越しでサマースプリントシリーズ皆勤というあたり、まさしくアクティブ。

戦績でヒケをとらず、かつ近走も衰えていないのはキングハート。中団好位につけて、前を行く馬をまとめてやっつけてもらいたいところ。

古馬重賞初挑戦の4歳馬が1・2人気だが、一度OPに跳ね返されてからまた上がってきたファインニードルの方が通用しそうかなと。

あと何かが飛び込んで来る気もするが、それがどなたかはわからない。まあ2〜4人気の3頭だし、これだけボックスで買っとけば良いかなあと。
 



◆札幌記念

◎⑬エアスピネル
◯③ヤマカツエース
▲⑪アングライフェン
△①サクラアンプルール
△④ロードヴァンドール
△⑥タマモベストプレイ

これまで馬券外はGⅠと明らかに脚を測っていた感のある神戸新聞杯のみ、それらのレースでも掲示板内は確保している超安定戦績馬のエアスピネル
確かに外枠は不利ではあろうが、このメンバーで勝ち負けできなくなるほどとは思えない。賞金的にもここで積んでおかないと、秋GⅠで登録具合によっては除外対象にもなりかねないので、本気度は高いはず。

逆に、賞金的にはここは叩きで良いヤマカツエースだが、ここのところの充実ぶりを見るに、八分の仕上げでも全然勝っちゃいそうなレベルにはいる。
夏・札幌はイマイチなんて囁かれてもいるが、昨年5着、一昨年4着はまあまあ安定した結果とも言えるのでは。そもそもメンツ的に昨年5着なら今年は馬券内濃厚じゃなかろうかと。

土曜はイイトコ無しだった福永騎乗のアングライフェンは、おそらく外側から好位に付けようと出していくエアスピネルをマークする形をとるんじゃなかろうかと。
そういうときの福永は侮れない。この鞍上で道悪でしまいの伸びを欠いた前走の鬱憤を晴らしてほしい。

△の3頭はこれから取捨を考えるかも。

タマモベストプレイは前走の快走を道悪と展開が向いたで片付けて切ってしまうのはどうかなあと。

初ブリンカーのロードヴァンドールの前残りもいかにもありそう。

土曜日2勝・2着2回の蛯名騎乗のサクラアンプルールは、ロスなく回りうまく抜け出せれば十分勝てる力のある馬。

マウントロブソンは、元々モレイラに乗ってもらう予定だったのなら抑えとかねばならないが、ここは切りかなと。


ところで、札幌行を決めた時点では、ネオリアリズム、ステファノスはほぼ出走確定、他にもグレーターロンドンやらリアルスティールやら、そして我らがレインボーラインやらの参戦もあるかもと言われていた。
が、フタを開けてみればこの13頭。3歳有力馬の挑戦も無し。
まあこれはこれで、いざ予想してみればなかなか面白いメンバーと言えるし、楽しみではあるが、なんだかな感が無いと言えばウソにはなってしまう。

せめて当たってもらいたいところ。