にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 小倉2歳ステークス・新潟記念 予想

暑く、そして厳しかった夏競馬もいよいよフィナーレ。
つい昨日おとといぐらいにキタサンブラック衝撃の敗戦があったように思えるのだが、月日が経るのは恐ろしく早い。

そういえば昨年の夏競馬最終週は新潟にいたんだっけなあとか思い出したりして。
願わくば年中旅をしていて、毎日全国どこかの競馬場に姿を現わすという暮らしを送りたいものだが、それを叶えるには宝くじでも当てるしかないか。
いや、万馬券を当てまくれば良いじゃないかと。

◆小倉2歳ステークス

◎⑪モズスーパーフレア
◯⑩バーニングペスカ
▲⑰アサクサゲンキ
△⑨ヴァイザー
△⑦ペイシャルアス

新馬戦の時計、パフォーマンス、専門家の評価を見るにモズスーパーフレアに逆らうのは天邪鬼といったものだろう。
牝馬ということもあり、昨年の勝ち馬のように大きいところへの飛躍も期待される。もちろんそのためには、ここは軽くクリアしなければならない。

逃げ・先行馬がズラリと並んだスプリント戦。さすがにペースは速くなると踏み、ハイペースを押し切って勝った馬を高評価したところ、ほとんど人気どころに落ち着いてしまった。

そんな中、新馬戦抜群のパフォーマンスだったバーニングペスカは武豊から川須に乗り替わったこともあるのだろうが、人気も薄め。絶好の狙い目に思えるが、何か罠があるのだろうか。
大体において「あれ? 何でこの戦績でこんなに人気してないの?」という馬は、実際全然走らないことが多い気もするので不安ではある。
 



◆新潟記念

◎⑫マイネルフロスト
◯⑬トーセンバジル
▲②ルミナスウォリアー
△⑪アストラエンブレム
☆⑥ハッピーモーメント

土曜日の新潟芝を見る限り、超がつくほど極端な外差し馬場だった昨年とは異なり、まあ外の方が伸びるけど、そこまで激しく脚質による有利不利の差はないかなといった印象。
展開としては、ウインガナドルが押し上げていくだろうが、他は割と控えそうなメンバーで、そんなにはペースが流れないものと予想する。

となると強い先行馬は着内に残るんじゃねということで、本命はマイネルフロスト
ブリンカーを付けてからのここ3走はこれまでとは別馬。新潟の同舞台でも結果を出しているし、アポジー潰しのために異様なペースに持ち込まれた前走・七夕賞では好位から早めに仕掛けて2着に残るという、最も強い競馬をやってのけていた。仮に先行馬に厳しい展開になったとしても、この馬だけ残る可能性はあるんじゃないかと。

逆に、長い直線でぶち抜いてくるんじゃないかと思えるのがトーセンバジル
ここのところ戦ってきた相手はトップクラスばかり。この舞台ではもしかしたら楽勝まであるかもしれない。

前走ようやく重賞で馬券内どころか、初勝利を掴んだルミナスウォリアーだが、元々安定感があり、キャリアを通してほとんど掲示板を外していない。
新潟得意な石橋騎手がうまく伸びるところに持ち出すことができれば、サマーチャンピオンの座はこの優等生のもとに転がり込んでくるのではないだろうか。

アストラエンブレムは距離延長さえ問題なければ勝ち負け必至。

前走曲がりなりにもGⅡで3着のハッピーモーメントも油断はできない1頭。

あとは、タツゴウゲキ、ソールインパクト、ロッカフラベイビー、ロイカバードあたりを取捨迷っているところ。
佐渡S組は軽視したいところなんだけど、東スポの虎石・館林、スポニチの記者各位と、結構みんな高く評価してるのが気がかりなんだよなぁ……


我が道を行き、なおかつ当てることができれば一番なのだが。