にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 小倉2歳ステークス・新潟記念 感想戦

藤井聡太四段vs森内俊之九段も、やんごとなきお方のご成婚も、見向きもせんと競馬に興じる日曜日。
こんな一事をとっても、世の清廉に過ごされている方々にとっては軽蔑の対象になり得るのだということは忘れてはならない。
まあ、最近流行りのフレーズで言わせてもらえば「そんなの関係ねぇ」といったところではあるが。

さて、土曜日に夏重賞全敗をかろうじて阻止したにわか野郎。いい気になって日曜の重賞に挑んだ結果や如何に。

www.bakenbaka.com

◆小倉2歳ステークス

◎⑪モズスーパーフレア
◯⑩バーニングペスカ
▲⑰アサクサゲンキ
△⑨ヴァイザー
△⑦ペイシャルアス

【購入】
馬連ボックス ⑩⑪⑰
3連複 ⑩ー⑦⑨⑪⑰
3連単 ⑩→⑰→⑨

【着順】
⑰アサクサゲンキ ▲
⑭アイアンクロー
⑩バーニングペスカ ◯
⑨ヴァイザー △
②イイコトズクシ

妙味を考え、武→川須の乗り替わりぐらいしかマイナス要素の見当たらないバーニングペスカを軸に。その判断自体は正解だったが、浜中邪魔くせぇ……
いや、当たってもないのに後出しでみっともない限りだが、アイアンクローは前走同条件のオープン出た中では最上位だったこともあり、最後までペイシャルアスと取捨を迷い、何ならヒモに付け加えようかと迷ってた1頭。
最後の決断を間違えて万馬券を逃す痛恨のミスはダメージがでかい。◯▲で1,700円もつくワイドを押さえておかなかったのもまた痛恨。

こういうのは全然見当違いな外し方をするよりも、はるかにこたえる。

痛恨の二撃を喰らい、すっかり意気消沈して迎える、正真正銘夏競馬最後の重賞。
 



◆新潟記念

◎⑫マイネルフロスト
◯⑬トーセンバジル
▲②ルミナスウォリアー
△⑪アストラエンブレム
☆⑥ハッピーモーメント

【購入】
馬連ボックス ②⑥⑫⑬
3連複 ⑫ー②⑥⑪⑬
3連単 ②⑬→⑫→②⑬、②⑬→②⑬→⑫

【着順】
①タツゴウゲキ
⑪アストラエンブレム △
⑦カフジプリンス
⑰ウインガナドル
⑧フルーキー

前言撤回。時間かけて丹念に検討した一戦で、全然見当違いな結果が出ると、それはそれでこたえるもの。

昨年とは正反対の、前が残る展開。
かといって後ろが全然ダメということもなく、8頭が0.2秒差内でゴール、16頭が1.1秒差でゴールというあたり、ハンディキャッパーの面目躍如といったところだろうか。

こちらの馬券的にはマイネルフロストが中途半端な位置どりだった時点でほぼ終戦。直線で差せるキレがあるわけでなし、同じような位置に残ることはあっても前に進出はないだろうな、ああやっぱダメか、と溜息。

上がり最速のトーセンバジルもこの展開では届くはずなく、ルミナスウォリアーはどこにいたのかVTR見返さないとわからなかった。


かくして、夏競馬ラストは惨敗に終わり、途方に暮れて日も暮れて。
いつしか日が落ちるのが随分と早くなったなあと、目を向けた窓の外からの風は秋色。

秋競馬開幕。
東京中山に競馬が帰ってくる。ビッグレースひしめく秋。

気持ちも新たに頑張っていこう。