にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 紫苑ステークス 予想

思えば、旅打ち最終日に立ち寄ったノーザンホースパークのことについても書いていないまま、半月が過ぎてしまい、秋競馬がやってきてしまった。

すべてはドラクエ11が終盤に見せかけた中盤以降、怒濤の展開でヤバイほど面白くなってしまったせいである。
おかげで、夏にみっちり走り込む予定だったのがすっかりサボりがちだし、夏競馬も散々な結果だった。

まさに危急存亡の秋。
秋競馬スタートを機に体勢を立て直していこうじゃないかと、中山開幕前日の金曜日、一切PS4には手を触れず、それどころかスポーツ新聞を置く台にしつつ、新たなシーズンの到来を告げる重賞を検討。
 



◆紫苑ステークス

◎⑦ポールヴァンドル
◯⑯ディアドラ
▲⑪カリビアンゴールド
△⑭ナムラムラサキ
☆⑬ミッシングリンク

3歳牝馬最後の1冠・秋華賞へのトライアル戦であるが、この世代最強と目されるソウルスターリングは別路線に進み、他の有力馬はこぞってローズSの方に出てきており、こちらはまあ手薄。
500万条件で勝ち負けにもなってないやん、みたいなのも混ざってのフルゲート18頭立て。これは波乱が起きそうな気配がプンプン。

まあこのメンツではどう考えても、実績・実力最上位はディアドラ。若い世代に危惧される、休みの間の「まるで成長していない……」なんて現象も心配ナシと前走で証明済。
外枠からそのままぶん回しても勝ち負け必至とは思うが、やはり後方からいくであろう馬には、常に前を捉えられないんじゃないかという心配は付きまとう。
まして開幕日で、先行馬の顔ぶれ的にあまりペースが上がらなさそうときたら尚更のこと。

そんな先行馬たちに目を向けると、ポールヴァンドルが好位から直線前に出てそのままというのがあるような気がしてならない。
右回りでは3.1.0.0と抜群の成績を残しており、そのうち2勝は中山で挙げたもの。距離も問題なし。
鞍上・三浦皇成も走れるだけで幸せなどという時期も過ぎ、重賞タイトルに飢えている筈。単複ガッツリとかもありかと。

そのポールヴァンドルに前走上がり最速で肉薄したカリビアンゴールド。2000は初めてであるが、何となく適距離なんじゃないかって気もする。

牝馬は格より調子、なんて格言を考慮するとナムラムラサキなんかもジ・上がり馬って感じで気になる存在。
右回りもこの距離も初めてという要素は、人気してれば切る理由になるし、人気薄なら未知の魅力に賭けようという要素になる。

おそらくハナをきることになるであろうミッシングリンクは、逃げ馬になってからは成績安定。
距離が長い可能性、そもそも力不足の可能性は当然あるが、押さえておきたい1頭ではある。

人気集めそうなところで、ルヴォワールは休み明けと厩舎の弱気ともとれるコメント、あとそもそも勝った相手の格が低いかなと。ホウオウパフュームは春の低調なパフォーマンスを参考外とは出来ないなと考え、切ることに。
どちらもジョッキー含め怖い存在ではあるが、まあ来ちゃったらしょうがないということで。


秋競馬、まずは開幕ダッシュといけるかどうか。