にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 セントウルステークス・京成杯オータムハンデ 感想戦

秋開幕の土曜日、競馬場といういつもながらに素晴らしい場所を堪能し、馬券もエエ感じで、苦しい夏を経て、我成長したり、なのかなと。

日曜重賞も自分なりにしっかり検討し、意気揚々と2日連続の中山行。
が、西船橋駅から武蔵野線逆方向に乗ってしまい、もしや今日は控えときなさいという啓示だろうかと不安になりつつも、2レース目発走前の頃合いに到着。

3レースから参戦するも、案の定というかまったく当たらない。
決して予想がトンチンカンなわけではなく、大概において軸は来てくれるもヒモ抜けだったり、馬連で1・3着、ワイドで2・4着といった外し方。
こういうときこそ流れの悪さを感じ取るべきなのかもしれないが、決して読みは悪くないと前のめりになってしまうのがにわかゆえの未熟さ。ハズレ馬券を積み重ねていく。

途中から、週末出張でこちら来ていた地方在住の友人も合流し、そいつもハズレ続き。
当たり前じゃ、こんだけ普段競馬ばっかりやってるワシが当たらんのだから、何となく来てみて何となく買ってるヤツが当たってたまるかい、などと内心毒づきつつ、的中なきままメインレースを迎える。

www.bakenbaka.com

◆セントウルステークス

◎⑭フィドゥーシア
◯⑦ファインニードル
▲⑪スノードラゴン

【購入】
馬連 ⑭ー⑦⑪⑬
馬連ボックス ⑦⑪⑬

やっぱ地力あるダンスディレクターは抑えとこうかなと組み入れる。スノードラゴン以外人気馬ばっかりなんで馬連のみで。

【着順】
⑦ファインニードル ◯
⑥ラインミーティア
⑬ダンスディレクター
②メラグラーナ
①アドマイヤゴッド

本命フィドゥーシアは抑えられない感じでハナに立ち、最後は失速。
好位にいた対抗ファインニードルが、北九州の鬱憤を晴らすような勝利。やっぱ夏が終わればデムルメの季節なのだろうか。

千直専用機かなと思っていたラインミーティアが内側から、やはり侮ってはいけなかった実力馬のダンスディレクターが外側から伸びを見せて入着。
だ、ダンスは実質△だし……と強がったところで、ファインニードルとのワイドを買ってるでも無し、敗北。残念。
 



◆京成杯オータムハンデ

◎⑥グランシルク
◯⑪アスカビレン
▲⑨ウキヨノカゼ
△⑬ダノンリバティ
☆①ダイワリベラル

【購入】
3連複 ⑥ー①⑨⑪⑬
馬連・ワイドボックス ⑥⑨⑪
3連単 ⑨⑪→⑨⑪→⑥

【着順】
⑥グランシルク ◎
③ガリバルディ
⑬ダノンリバティ △
⑤マルターズアポジー
⑫トーセンデューク

案の定逃げるマルターズアポジーを、ウインとマイネルがマークする展開だったが、逃げ足が速すぎるのかロコツなことは出来ないのか、積極的に潰しにいくわけではなし。
それでも途中で緩めることをさせない位置には付けられており、速い流れで斤量58も堪えたか、直線で捕まり今回は馬券外のアポジー。
それでも、先行馬が軒並み2桁着順に沈んでいった中の4着は凄い。今後GⅠとシルク2頭出し以外のレースでは切るわけにはいかないのかな……と。

差し馬優勢、グランシルクは着内固いとは思っていたが、あそこまでの完勝は想定以上。ついに善戦マンから一皮向けて、もう一つ上の舞台で通用するかどうか楽しみな秋になりそう。

ガリバルディは末脚を発揮できれば……と思ってはいたが、さすがに近走を見ると厳しいか、鞍上北村宏司もテン乗りで追い切りも載ってないし無いかなと思い、買えなかった。
追い込みならこっちだろと思っていたウキヨノカゼは、開幕週で開くわけがない内側を悠々と、他の馬のお尻を見ながらのジョギングで終了。

期待のアスカビレンも、悪くはないけど決め手に欠けるいつもの走りで着内進出はならず。
 


肩を落とす結果になった日曜重賞だが、まさかの歓喜となったのがともに参戦の友人。
京成杯AHの購入馬券が、なぜか⑤⇔⑥、⑥→③の馬単3点で大的中という、ちょっと意味がわからないことをやってのけやがった。
何で③を選んだかわからない、たぶんガンダムにこんなMSがいたからだと思う、との談。

やってらんねえわ……と少々ヤケ気味の最終レースで、ボックス買いかケンコンイッテキ軸でいくか迷った末、後者を選びタテ目でジ・エンド。
ボウズでフィニッシュ、土曜の勝ち分を全然上回る金銭を放出と相成った、秋開幕の日曜日。

友は祝い酒、こちらはヤケ酒をしこたま喰らっての帰り道。
ふらふらのアタマで、やっぱ競馬は厳しいな難しいなと。下手に考えるより、オレも名前買いとかしてみようかな、なんて思ったりもして。

とりあえず、芸人の三四郎は好きだけど、セントライト記念どうしようかな……