にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 神戸新聞杯・オールカマー 予想

さて、今週は日曜に2重賞。
中山では無料で入場できる上に、粗品までもらえて、レース終了後にはジョッキーたちのイベントまであるという。

こんな週に限って日曜出勤。哀しき社畜。

せめてもの救いは職場に他に誰もいない一人番であること。
ワーイ競馬やり放題だーと言いたいところであるが、作業は山積しており、それらがまるで片付いていないとなると、週明け月曜日には正座の膝にバットを挟んで仕事しなければならなくなってしまう。

ここは良識ある社会人として、作業をやっつけつつ競馬のことを考え、メインの時間に休憩とってWINSに出向くぐらいに留めておくことにしておこう。
 



◆神戸新聞杯

◎③ダンビュライト
◯⑤キセキ
▲⑨マイスタイル
△④ベストアプローチ
☆⑥アダムバローズ

スタート直後に坂、その後すぐにコーナーがあり、最後にまた坂ということで、スローペース必至の阪神2400。
キレ味勝負になりがちということで、サトノアーサー、キセキ、カデナあたりが優勢に思える。まあ実際この辺が直線後方から進出してきたら、さぞかし華と見応えのあるレースになることだろう。

が、サトノアーサーはこの頭数での内枠がどうか、カデナはそもそも使える脚が長くはない印象があり、休み明けで賞金も足りてるここでは無理もしてこないだろうと考え、基本切りの方向。

キセキも1000万勝ちでほぼ菊花賞には出れるラインにはいるが、元々サトノアーサーに肉薄する強さだったところ、この夏の充実ぶりを見るにここでもしっかり勝ち負けするんじゃないかなあと。条件戦とはいえ、前走の持ったままの圧勝劇は衝撃だった。

が、本命はダンビュライト。ドスローのヨーイドンになったとしたら先にあげた3頭相手に分が悪いが、位置どりでそれを補えるんじゃないかと。
なにげにここで権利を取らないと本番出られないということで、むしろ勝ちを目指すより、何が何でも3着以内を勝ち取りにくるという点で信頼度高いのかなあと。

ここのところ、存在感が半端でないのが大ベテランの横山典弘。とりわけ逃げ馬に乗ったときのパフォーマンスには目を惹くものがある。
巧みにスローに落とし込んだり、差し有利なはずのハイペースでも残してしまったり。思うに、単にペースが速い遅いでなく、息を入れさせるタイミングとかが巧みなのだろう。
そんな名手が操縦するマイスタイルも、思えばダービーの超絶スローを演出し、僅かの差での4着、すんでのところで大一番での大荒れを引き起こすところだった。
ここは抑えないわけにはいかないだろう。

ベストアプローチは青葉賞で真の世代最強とも言われるアドミラブルと遜色ない末脚を見せており、直線不利っぽい煽られがなければもっと肉薄していた筈。
本番は存在感を出せなかったが、デビューからダービーまでほぼ1月間隔で7戦をこなし、しかも後半4戦は輸送であったことを考えるとむしろ健闘と言えるのでは。

最後にアダムバローズ。怪我の休み明けではあるが、しっかり乗り込んであり、直線だけの勝負にならない程度のスローに持ち込めればマイスタイル同様チャンスはあるかと。

そして問題はレイデオロ。もちろん強いとは思うが、初輸送で叩きの一戦。ダービーこそ鞍上のファインプレーで勝利をもぎ取ったものの、元来スローよりもペース流れての消耗戦で力を出せるタイプの筈。
ダービー馬への敬意を度外視すれば、今回は切るのも全然アリなんじゃないかなあと。
 


オールカマーはさらっと。

◆オールカマー

◎②アルバート
◯⑭モンドインテロ
▲⑧ステファノス
△⑮カフジプリンス
☆⑫デニムアンドルビー

普通予想するときは何頭か強そうだなあってのがいて、そん中でこっちかなあっちかなと考えるものだが、今回は正直アルバート以外見えない。
GⅡ、GⅢでは【3.1.0.1】で馬券外の一戦も4着。GⅠでも総じて好走しており、鉄砲もOK。ステイヤーのイメージだが中距離も実績あり。
不安要素満載の他の人気馬と比べ、着外に飛ぶことは考えにくいのではないかと。
複勝2倍つくなら、単複だけ突っ込もうかなあとも思っている。

相手を考えるとしたら、安定感のモンドインテロ、実力さえ発揮すれば圧勝もありえるステファノス、充実してきたカフジプリンス、キレ勝負になればチャンスありのデニムアンドルビーあたりかなと。


東西ともに楽しみな一戦。現地で見てえなあ……