にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 シリウスステークス・凱旋門賞 感想戦

この2つを同記事にまとめるのもどうかって気もするが。

ハーフマラソン走るために会津入りした土曜日、道中バスの中でラジオ聴きながらポツポツ馬券買ってたら、まあまあ良い感じで当たりをゲット。これは良い旅になりそうだと早速気分上昇。

到着後、現地近くに住んでいる知人にあちこち案内してもらったりの車の中でラジオ観戦したシリウスS。
ぶっちゃけ予想も時間かけられずかなりザックリではあったが、果たしてどうなるか。

www.bakenbaka.com

◆シリウスステークス

◎⑬ピオネロ
◯⑥マスクゾロ
▲③モルトベーネ
△⑫ミツバ
△⑭タガノゴールド

【購入】
3連複 ⑬ー③⑥⑫⑭
馬連 ③⑥⑬

【着順】
④メイショウスミトモ
⑤ドラゴンバローズ
⑬ピオネロ ◎
⑮トップディーヴォ
⑩スリータイタン

ただでさえパワー勝負のダート戦で57.5というのはやはり酷量なのか、モルトベーネは好位から前に進出できず、ミツバは早々に押しまくるも後ろから伸びていかず、先行したマスクゾロも最後には垂れていった。

であれば、実績に比して斤量軽めのピオネロと、ずっと好走してた準OPからようやく上がってきたドラゴンバローズが着内なのは必然。

メイショウスミトモの激走は謎かと思いきや、昨年も8月9月の時期にOPを二つ勝っており、重賞でも速い上がりで上位と差のない競馬を繰り返している馬だった。そして今回久々の軽さの斤量55。
こういうの拾えるようにならないといかんのだなぁ。。。

こうなりゃ中山メインで巻き返しだと挑んだところ、この馬は勝たせなきゃいかんといつになく強引な騎乗を見せたさわやかマン幸騎手のおかげもあり、珍しくプラスでフィニッシュ。
土曜日ちょっと勝って日曜日大負けなんていううんざりするほど繰り返されたパターンへの危惧を抱きつつ、東北地方で過ごす土曜は更けていった。
 

んで、日曜日の中央GⅠはこんな感じで。

www.bakenbaka.com

阪神メインが全然ダメだったんで、やっぱあかんかと思いきや、久々に勝ちらしい勝ち。浮かれポンチと化す。
 


そして、東京の片隅の小汚い寝ぐらに帰還し、疲れ切った身体にアルコールを流し込み、途中からであるがキングオブコントなぞ眺め、にゃんこスターにゲラゲラ笑って。アレ、好きなタイプの一発屋だわ。
(ちなみに嫌いだったのは波田陽区、長井秀和、ラッスンゴレライなど。ブルゾンもあんまり)

疲れと酩酊。そのような状態で異国のよく知らない馬たちのレースを検討しようというモードにはなれなくて、サトノはさすがに厳しかろうということもあって、凱旋門賞は見することに。

◆凱旋門賞

【所感】
⑰エネイブル圧倒的やん。
⑨⑩サトノやっぱダメやん。
⑪イキートスまぎらわしいやん。

まあ、負けるのはしょうがないし、勝ち目が無いに等しい戦いに挑まねばならない事情などもあるのだろうし、それはそれで意義のあることでもあるのだろう。

しかし心配なのが日本に戻った両頭のパフォーマンス。今回受けた心身のダメージを癒し、またかつてのようなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。

思えばサトノダイヤモンドもキタサンブラックも、昨年、そして今年の春に頂点を争ったトップホース2頭とも大きな挫折を味わい、頂点から転落したことになる。
ここを乗り越えて、再び年末には最高の戦いを見せてくれることを願ってやまない。
もちろん、昨年のダービー馬の復活、挑戦の3歳馬なども絡んできてくれれば言うことなし。


負けても買わなくても競馬はそれなりに楽しいね。買って勝つのが一番だけど。