にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 毎日王冠 予想

ダービー馬×2、オークス馬、海外GⅠ馬、マイルGⅠ馬と、豪華メンバーが揃った毎日王冠。
こんな一戦見ないわけにはいかないと、こちらも春以来久々にチャリ漕いで府中に向かう所存。
そのためにもしっかり睡眠とっておきたいのに、早朝どころか夜中に覚醒してしまい、こうしてブログなんぞ書いてるのは何の因果か。
ジジイつらい。

◆毎日王冠

◎②マカヒキ
◯①ソウルスターリング
▲⑧リアルスティール
△⑦グレーターロンドン
 


カッチカチである。
一応、穴馬なんてのを探してみたものの、人気上位メンバーが揃って崩れない限り、付け入る隙はないように思う。
もちろんサトノアラジンが力を発揮すれば上位に入ってくることはむしろ順当なのだが、安田記念は馬場から展開から全て向いたことを考えると、スローになる公算の高いここでこのメンバー相手では切っておきたいかなと。

本命はマカヒキ
昨年のダービーがピークで、何ならもう終わった馬と見る向きもあるようだが、4歳秋にそう断を下すのは早計というもの。
失意に終わった春だって、そこまで大崩れはしていない。ダービー馬というフィルター無しに考えて、京都記念3着・大阪杯4着の馬が長めの休みを経ての秋に出てきたらどうか。大きく飛翔するのではと期待を寄せたくなるのではないだろうか。
鞍上・内田博幸がずっと重賞で馬券圏外ということで不安が囁かれてもいるが、これまでの乗り馬を眺めると、じゃあルメールなら馬券にしていたって馬に何頭乗っているのかと。むしろここは意地の見せどころというものだろう。
4歳の大将格のこの馬に、秋は盛り上げてもらいたいなって願望もあるのかもしれない。

明確な先行馬がおらず、おそらくヤングマンパワーあたりが押し出される形でハナに立つんじゃないかと思うが、それを程良いターゲットとばかりにマークして、直線半ばからぶっちぎる。そんなレースが想定されるのは若き女王ソウルスターリング
斤量53で挑めるということもあり、このメンバー相手でも抜けた一番人気となっている。確かにアッサリもありそう。
怖いのは、誰かに徹底マークされることぐらいだが、何が何でも勝ちたいGⅠレースでも無し、社台&藤沢厩舎のこの馬に誰がそんなマネするだろうか。

春、国内で惨敗後にドバイに渡ったものの鼻血ブーで走らず戻ってきたリアルスティールは大丈夫なのか。
調教の爆走を額面通りにとれば、調子を戻してると考え、東京1800といかにも向きそうな舞台で勝ち負け必至かと思うが、どう捉えたものか難しい。

重賞初挑戦がGⅠ安田記念で、馬群を割っての0.1差4着のグレーターロンドンは、勝ち馬のサトノアラジンよりむしろ印象良く、斤量減ったここは逆転もあるのではと思える。
リアルスティールとは逆に調教がイマイチに見えるがどうなのだろうか。


ここまでに絞って厚く買うべきレースなのか、いやいやサトノやアストラエンブレムも抑えとくべきなのか。
こういうのはこういうので、案外難しい。