にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 京都大賞典 予想

好調だった先週とは一変。
重賞のみの土曜日も、東京競馬場へ行ってガッツリ参戦の日曜日も、まーーったく当たらぬ。

オレは世界で一番競馬の下手な奴なんだと自嘲しながらチャリ漕いで帰って、心身ともに疲弊しきった身体にビールやらハイボールやら流し込んで気絶して。

意識が戻るや、混濁した頭で3日開催オーラス大逆転を賭けて、馬柱に向かい合う。

◆京都大賞典

◎⑮マキシマムドパリ
◯②サウンズオブアース
▲③シュヴァルグラン
△⑤ミッキーロケット
×⑧トーセンバジル
☆⑫カレンミロティック

本来の実力は抜けてるのが2頭いるが、いずれも磐石とは言えない気がする。
 


サウンズオブアースはGⅠでも好走する代わりに、GⅡでもちょいちょい取りこぼしてきている。しかも4着が多いという馬券師泣かせの特徴まであったり。
シーズン二戦以上してすべて馬券外というのは今まで無いので、ここはまず勝ち負けとは思うのだが、どうか。

本来、ダントツの本命で然るべきシュヴァルグランについては、力を発揮できれば圧勝もあり得るとは思う。
が、この馬自身の前走含め、天皇賞春激走組のその後を見ると、ここで心身を回復できているかどうか。また、宝塚記念で逃げを打って沈んだりもしたことも、良い影響を与えている筈はないのかなと。
一方、鞍上を見るにつけ、やっぱ何も考えず買うべき馬なのかな……なんて思ったりもするのだが。

ここは、そんな飛ぶ要素のある二強よりも、思いきってマキシマムドパリに◎を付けたい。
牡牝混合の重賞で実績がないが、そもそも走っていないのでしょうがない。
後ろから行ってしまうと展開ハマらねば厳しいが、好位から行ったレースは安定している。
そして、外枠入った時の好走率は目を惹くものがある。現在7番人気、盲点かなと。

GⅠクラスには勝ち負けできていないが、上2頭の不安点が当たってしまった場合、順当に勝つ筈なのはミッキーロケット
個人的に人馬ともに頑張ってもらいたいなあというコンビでもあるので、応援も込めて。

9歳馬カレンミロティックは、蹄のアレで春は使えず、オーストラリアで惨敗してから約1年ぶりの出走。
まさかな……とは思うのだが、京都大得意の逃げ馬とか、大穴開けそうな匂いもプンプン。ちなみに京都の成績は【1.3.4.4】だが、馬券外4回中3回は4着、しかも3歳春までの戦歴であり、以降はすべて馬券内ときている。
鞍上もこういう時に燃える男。昨年の天皇賞春以来の番狂わせがあるかもしれない。

スマートレイアーは、武豊とは案外相性が悪く、良馬場の京都も向かなそうということで切る方向で。

怖いのはフェイムゲームとトーセンバジル。後方からの展開待ちの馬であり、今回あまりペースが流れなさそうにも思えるのだが、厄介なのがフェイムゲームと同馬主のハッピーモーメントの存在。
この先行馬が前でゴチョゴチョ仕掛けて、お仲間を押し上げるようなこともあったりするのかなあ……とか思ったり。
その場合、利を得るのは本命サイドの有力馬と、トーセンバジルのような気もしなくはないが。


◎ー☆とかで決まれば幸せやなあ。