にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 京都大賞典 感想戦

もうスポーツの日なのか、まだ体育の日なのかわからんが、月曜日は国民の祝日。
普段、あまりカレンダー関係ない職場もこの日は営業ナシのお休み。前日に続いての行楽日和ということで、元来であれば今日も今日とて府中に出向きたいところ。

が、前日あまりに叩きのめされ、帰宅するやアルコールをがんがん入れるという、世間一般でいうところのヤケ酒をやってしまい、重賞予想も満足にできていない。
ここは無料放送のグリチャ流しながら、じっくりメインの予想をし、この3日間を終わりよければすべてよしとしようじゃないかと。

でも、やってりゃやっちゃうのが競馬。
見にしとくべき平場も馬柱眺めてるうちに、何だか当てられそうな気がするとばかりにPATで購入、その度に軽い怪我、といった具合で、馬券を当てることが出来ないイップスにかかってしまった模様。
あれよあれよと残高は減り、もう負けられない重賞の時間。

www.bakenbaka.com

◆京都大賞典

◎⑮マキシマムドパリ
◯②サウンズオブアース
▲③シュヴァルグラン
△⑤ミッキーロケット
×⑧トーセンバジル
☆⑫カレンミロティック

【買い目】
3連複 ②⑮ー②③⑤⑮ー③⑤⑧⑫
ワイド ⑫ー②③⑤⑮
単複 ⑮

サウンズオブアースも軸にしてみたり、カレンミロティックからのワイドも買っていたりと、荒れたときに取りこぼしたくないという意識を感じる。こういうので手を広げといて良かった……となるケースは極めて少ない気がするが。
 


【着順】
④スマートレイアー
⑧トーセンバジル ×
③シュヴァルグラン ▲
⑤ミッキーロケット △
⑭レコンダイト

京都外回りの特性を生かしきったイン付きが決まり、4角最後方にいた白いやつが一番最初にゴールを切った。実に素晴らしい、稀に見る名騎乗・名レースといえるのではないだろうか。
勝ち馬を買ってさえいれば。

第一感では有力かなと思えたスマートレイアーは、戦歴をつぶさに見て、ここは掲示板までかなと切ってしまっていた。
それよりは外枠得意なマキシマムドパリの方が面白いかなと。

もうこのつぶやきに尽きるのではないかと。

一方、有力馬の中でここでは一番安泰かなと思われたサウンズオブアースは、コーナーで被せられたりがあったものの、まったく伸びず。
前日のソウルスターリングやマカヒキ同様、今回たまたまダメだったのか、今後に引きずる負けっぷりなのか判別がつかなくて困る。
(後者のような気はする)

ミッキーロケットも、なかなか一線級相手には勝ち負けできなくて歯痒いばかりだが、まあこちらはまだ4歳。今後の成長に期待か。

シュヴァルグランはどうやら強さは戻してきてるようで一安心。着順を見ると福永の方が良かったやんと言いたいところだが、JCでの結果を見るまでは早計か。
てか、JCはミルコ他にお手馬いるんじゃないのかな……?

フェイムゲームは来ないだろうなと最初に切った判断だけは当たったものの、全体的に見当違いかまし、3日開催全滅。


その後、南部杯でトドメをさされ、スプリンターズSの勝ち分もすべて吐き出さされてしまい、もはやHPはゼロ。
3日とはいえ、一度の週末でここまで負けたのは初めてのこと。正直、本気で競馬やめようかとも頭をよぎったし、火曜日ぐらいまでは次の重賞の登録馬を眺めるのもしんどかった。

が、競馬の負けは競馬で取り戻すしかない。
あっという間にもう次の週末。GⅠなんてあっちゃったりして。
次なる戦いに向け、心身を立て直し、再び歓喜の週末としてやろうじゃないかと。

こういうのを、馬鹿に付ける薬はない、というのかもしれない。