にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 秋華賞 予想

異様にブログのアクセス数が伸びている。
どうやら、前回の府中牝馬ステークス予想記事が検索上位に来たようで、グーグルさんやらヤフーさんやらから流入している模様。
クロコスミアもヴィブロスも切り、掲示板入ったのは1頭だけというクソ予想かましただけに汗顔の至り。
まかり間違って、このにわか野郎の予想を参考に馬券を買ってしまった方などはいらっしゃらなかったと願いたい。

いよいよ明日は牝馬三冠最後の一冠である秋華賞。昨年は二万馬券ゲッツした甘美な思い出のあるレース。
今年も若いムスメさんらに良い思いをさせてもらえるかどうか。

◆秋華賞

◎⑦リスグラシュー
◯①アエロリット
▲⑪ミリッサ
△⑭ディアドラ
△⑰ポールヴァンドル
☆⑱カリビアンゴールド
★⑥メイショウオワラ
 


スタートをしくじらなければアエロリット、カワキタエンカのいずれかがハナに立つ筈。
そして、そのどちらもこの舞台でスローに落とし込むよりは、それなりの流れを作り、ついてくる馬を振り落としにかかるんじゃなかろうかと。
とはいえ京都の内回り、あまり後ろで控えすぎても届かない公算が高い。
騎手がいかにエスコートするかが重要な一戦になるんだろうなあと。

となると、先週の素晴らしい騎乗も記憶に新しい、京都を庭にする男・武豊騎乗のリスグラシューが最も馬券になりそうなのかなと。
馬も展開問わず安定した力があり、あれだけチグハグなレースになってしまったオークスでも掲示板は確保、足元もグチャグチャな不良馬場とかは分からないが多少渋る分には問題なしときている。
4枠は過去10年で昨年のヴィブロス以外、馬券になっていない死枠と見る向きもあるようだが、3番人気以内という条件を加えれば勝率5割である(てかヴィブロスとレッドリヴェールしか当てはまらないが)。データなんて見よう次第ということで。

そんなリスグラシューがベストを尽くせたとしても届かないかもしれないのが、人気を分け合うであろうアエロリット
今日東京で強さを見せたクロコスミアやらアドマイヤリードに影も踏ませなかったクイーンSでの逃げ切り勝ちは衝撃的だった。
ここ2走はロケットスタート決めているが、久々の奇数枠、しかも最内ということで出遅れが不安だろうか。
それでも、桜花賞のときはディアドラに次ぐ上がりを見せて掲示板確保。展開ハマらなくても地力の強さで何とかできるかもしれないというのは頼もしい。

リスグラシューを本命にする以上、前走ローズSでハナ差4着、直線で前捌くのにもたついていなければ上回っていたかもしれないミリッサを軽視するわけにいかない。
ノープレッシャーの福永ほど、素知らぬ顔で複勝圏内に飛び込んでくる男はいないということで、3着以内は可能性高いのでは。

ディアドラは正直岩田騎手のままの方が良かったが、まあルメールは言うまでもなく嫌う必要のある騎手ではない。
前走紫苑Sでは終始外回しながらも差し切り勝ちを収め、いわゆる着差以上の強さを見せた。
ハタから見る分にはファンディーナよりこちらの方がチャンス大きいように思えるが、乗ってる身としては違うのだろうか?
万一、陣営が岩田を降ろしてルメールを選んだのだとしたら、心の底から何だかなって感じなのだが、実際どうなのだろう。

穴どころで、ポールヴァンドルを推す理由については、東スポの爆笑田中が言及しているのとまったく同じ。
先行・好位での競馬を得意としてきたところ、図らずも後方からの競馬となってしまった紫苑Sでは上がり最速でタイム差なしの3着。地力の証明といえるだろう。
外枠すぎるのがつらいところだが、揉まれず中の馬をじっくりと見てポジションを取れれば良いところまでいくかもしれない。

となると、全然人気していないが、ここ2戦ポールヴァンドルとまったく互角に戦っており、春にはしっかり勝っているカリビアンゴールドも無視はできない。
なのに人気ではだいぶ落ちるのは、大外と鞍上で嫌われているからだろうか。何やかやで前哨戦2着、なめちゃいけない。

使ったことない印が出ているが、メイショウオワラについては、どうも夏前にレベルアップした疑惑があって気になるところ。
でも今回このメンツに入ったら強みに欠けるかなという印象もあって、まあほとんど切りの方向で定まりつつある。
が、明らかな重馬場巧者。渋り具合によっては抑えておいた方が良いかなといったところ。
 


こんな感じ。なお、切る予定の馬についても何頭か触れておこう。

ラビットランは、芝転向後2戦2勝、ローズSで見せた末脚を考えると、超一線級の名牝である可能性すらある。
が、芝で買った2走はいずれも外枠。出足がつかないこの馬が内枠に入ってしまい、なかなか難しいんじゃないだろうか。
コーナー4つも向いてなさそうな気がする。

モズカッチャンは鞍上が鞍上だけに、抑えといた方が良いかなとも思ったのだが、春に勝ち負けした重賞2つを見るに、いずれも内枠を利してロスなく立ち回っての結果&スローでの戦い。
ある程度ペースが流れたローズSでの申し訳程度の伸びを見るに、難しいのかなあと。

レーヌミノルは桜花賞がハマりすぎただけで、今回馬場が渋っても、オークスやローズSで感じた上位馬との差を埋められそうに思えない。

ファンディーナも、いくら太め残りといっても前走見る限り、次にGⅠを勝ち負けできそうには思えなかった。


こんなところで。
ちなみに当方日曜出勤を余儀なくされており、リアルタイムで見ることもできなければ、馬場状態や馬体重などを見てから馬券を買うこともできない。
それが却って奏功した、なんてことになってくれればなあと。