にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 菊花賞 予想

台風なぞ迫っており、総選挙にも競馬にも影響出ること必至な土砂降りサンデー。
強い馬が勝つ、と言われるクラシック最後の一冠も、今回ばかりは天候同様に荒れるんじゃないかと見る向きが強い模様。

ただでさえ本命馬不在の難解なレースが、おそらくは水田のごとき馬場で行われるとなると、確かに考えるのは放棄して、サイコロかなんかで決めたくなるところ。
しかしそこはにわかとはいえ馬券師のサガ。こんなんこそドンピシャ予想でズバリ的中といっちゃおうじゃないのと、前のめりになってしまう感じもあったりして。

◆菊花賞

◎⑯アルアイン
◯⑩ベストアプローチ
▲⑤トリコロールブルー
△⑮ダンビュライト
 


本命はどうも専門家筋の評価がイマイチの(東スポだけ?)アルアインで。
前走の2着は、休み明け、余裕仕上げ、輸送だったことを考えるとむしろ上々。
馬柱見るとシンザン記念の負けが際立つので、嫌う人も多いのだろうが、アレは直線えぐい不利があって内枠に閉じ込められてのものなのでノーカンとしたい。
うまいことやったマイスタイルを除けばダービー先着馬。地力最上位のこの馬が二冠に輝く可能性は高いのではないかと。

青葉賞好走のベストアプローチは、ダービーでも神戸新聞杯でも印付けていたが、結果は出なかった。
が、こちらも元来キレ勝負では分の悪いタイプ。どうあっても消耗戦になる今回こそ真価を発揮してくれる気がしてならない。
また、東スポ・スポニチ・デイリーの看板記者が揃って本命に挙げていることからも、彼らが掴んでいる何かがあるのかもしれない。

春は尻すぼみに終わったものの、休み明け+32キロで現れ、札幌最終週の時計かかる馬場での消耗戦を勝ちきったトリコロールブルー
おそろしい成長を遂げた可能性があるうえに、今回馬場や展開が向くんじゃないかと。
京都長距離GⅠの戸崎というのが不安なところではあるが、ダービーのペルシアンナイトのときと違い、栗東まで調教乗りに行ってるあたり勝算があるんじゃないかと。
そもそも、東京にいれば群を抜いた馬質を集められるこの男が関西に乗りに行くというのはどういうことか。まさかアドマイヤナイト乗るついでって訳でもあるまい。
……違うよね?

ダンビュライトは当初対抗にしようとしたところ、改めて神戸新聞杯見ると、(結果的に菊花賞出走は叶ったものの)当時はどうしても権利獲りたかった筈のレースとしては物足りない印象。昨年のエアスピネル同様とは思えず、それなりに人気していることもあって無印に落としていた。
が、鞍上は京都を知り尽くした男。しかもここのところ好調。ダンビュライトとてキレ味では分が悪いが実力上位の馬。
まあ抑えといた方が良いだろうなあと。

基本的に前評判高いキレ味自慢組は、その持ち味を活かせない可能性が極めて高いんじゃないかと。

ミッキースワローは夏を経て、権利獲得のため仕上げて臨んだセントライト記念で最高のパフォーマンスを見せが、輸送競馬となる今回はどうなのかという不安点もある。
キセキも夏2戦して体重12キロ減らしての神戸新聞杯での高パフォーマンス。そもそも菊は目指していなかったという話だし、レイデオロいないなら繰り上がりで勝利、などとうまいこといくものだろうか。
むしろ怖いのは、前走余裕仕上げで3着に残し、道悪もこなした経験のあるサトノアーサーだろうか。
3頭とも切るのは怖いので、どうしたもんかなと思っているが、この辺りを外したワイド主体とかでいってみようかなあとうっすら考えているところ。


さて、既にえらい降ってるが、投票と、開票速報見ながら飲むという至高の楽しみを味わうためのビールを買いに行かなければ。
菊花賞の祝勝会を兼ねることができれば、なお言うことなし。