にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 スワンステークス・アルテミスステークス 予想

天候を司る神とやらがいるとしたら、どうやらそいつは激しくウンコな奴らしい。
3週連続GⅠデーに雨を降らすとか、まさしく鬼畜の所業、下衆の極み、どうしようもないヤローである。

天にツバ吐いて臨む週末。せめて土曜の重賞をしっかりとって、気分だけでも晴れやかに、翌日の大決戦へと臨みたいところ。

昨日検討ほとんどできなくて、当日昼のアップになってしまったのでサラッと。

◆スワンステークス

◎②レッツゴードンキ
◯⑦キャンベルジュニア
▲④ヒルノデイバロー
△⑥ジューヌエコール
△③サングレーザー
△⑱カラクレナイ
☆⑨トーキングドラム
 


実績抜群で斤量54と、どん詰まりしない限りはまず連は外さないと思えるレッツゴードンキから穴っぽいところに広めに流していこうかと。
走るときは走るし、走らないときは全然って馬が多くて困ったもの。

前走距離短縮して大敗したことで人気を落としてるキャンベルジュニアは、元来力のある馬。
使ってくより鉄砲の方が良く、輸送さえクリアすれば。

ヒルノデイバローは前走ソルヴェイグとクビ差の2着、道悪もこなしそう。

ジューヌエコールは函館SSの大勝で、この距離でも底が見えない。道悪は微妙っぽいが、あまり人気してないし抑えておきたい。

500万から駆け上がってきたサングレーザー。経験上、こういうのを重賞では通じないとバッサリいくと悔やむことになる。道悪も得意。

NHKマイル、ローズステークス大敗のカラクレナイは、適距離と思われるこの舞台で復活なるか。鞍上も怖い。

トーキングドラムは安田記念は仕方ないとして、前走負けすぎでもう終わったのかなと思える。が、その2つを除くと案外頑張っている。
前から行って、そのまま残っちゃったりするかもと。

あとは、道悪で時計掛かる馬場ということで、そんなん大得意のセイウンコウセイの取捨をどうするかと。
斤量58、1400は逃げがハマった準OP以来と、切りたい要素も結構あって悩ましい。


アルテミスは印だけで。

◆アルテミスステークス

◎⑧トロワゼトワル
◯⑨スカーレットカラー
▲⑭トーセンブレス
△⑦ウラヌスチャーム
△⑪グランドピルエット

実際わからんす。