にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 スワンステークス・アルテミスステークス 感想戦

天皇賞でやっちまったことで打ちのめされ、最早土曜日がどんなんだったかイマイチ思い出せないのだが、結果は確認できる。
翌日に大一番を控えたこの日は、東西2重賞のみの参戦。

www.bakenbaka.com

◆スワンステークス

◎②レッツゴードンキ
◯⑦キャンベルジュニア
▲④ヒルノデイバロー
△⑥ジューヌエコール
△③サングレーザー
△⑱カラクレナイ
☆⑨トーキングドラム

【買い目】
3連複 ②ー④⑥⑦ー③④⑥⑨⑱
ワイド ④⑥⑦⑨

【着順】
③サングレーザー △
④ヒルノデイバロー ▲
②レッツゴードンキ ◎
①ビップライブリー
⑮ダノンメジャー

外枠有利とか囁かれていたのが気掛かりだったが、蓋を開けてみたら内枠天国な結果に。
内々の好位を進めたヒルノデイバローとレッツゴードンキも、後方からだったサングレーザーもロスなく直線進路をとって叩き合いに突入できた印象。

人気してて軽視したいけど切るとロクなことにならないことが多い上がり馬→明らかに過小評価されていた穴馬→本命馬の決着となり3連複的中。
まず固いだろうと思われた軸馬が何とかの3着で、こちらも「ヤスナリ! 行け! ヤスナリ!!」と熱く叫んでしまった。

その他の買い目が軒並み後ろの方を占めており、決して胸を張れる予想ではなかったが、フトコロ的にはまあ上々。
 



◆アルテミスステークス

◎⑧トロワゼトワル
◯⑨スカーレットカラー
▲⑭トーセンブレス
△⑦ウラヌスチャーム
△⑪グランドピルエット

【買い目】
馬連 ⑧⑨⑭
3連複 ⑦⑧⑨⑪⑭

【着順】
⑬ラッキーライラック
⑥サヤカチャン
②ラテュロス
⑧トロワゼトワル ◎
⑨スカーレットカラー ◯

綺麗に◎→◯→▲でのフィニッシュ。4→5→6着であるが。

先行した馬が失速しにくい流れだったか、可愛い名前付けてもらったにも関わらず約2ヶ月で6戦と酷使されているサヤカチャンが粘って2着。
差し切ったラッキーライラックは強かった。一戦一勝馬の見極めは難しいね。


こうして、まあトータルでは悪くなかった土曜の結果を振り返るにつけても、本来なら日曜で大勝利決められたのになと口惜しくてたまらなくなる。

そんな未熟馬券師のわたくし、11月になったのを契機に、とうとうグリーンチャンネルに加入してしまった。
まあ前々からタイミングを見ていたのはあるが、天皇賞での失敗が背中を押す決定打になった部分はある。
こんなにも心を千々に乱される競馬という、単なる娯楽を超えた、業の深いシロモノ。もっと本腰据えて取り組んでやろうじゃないかと。

思えば、競馬に取り憑かれてからちょうど1年半。次のステージに進むには良い頃合かと。

幼雛期を終えて。ここから羽ばたこう。