にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 ファンタジーステークス・JBC3競争 感想戦

金土日の珍しい3日開催ってことで、天皇賞のやらかしの傷も癒えぬうちにもう競馬。
現地参戦するとしたら大井かなと思っていたが、どうにもそこまでの気乗りはせず、中央・交流合わせて7つの重賞だけ買って、家のテレビジョンやら実家のテレビジョンやらWINSやらで観戦した3日間。まず初日。
www.bakenbaka.com

◆ファンタジーステークス

◎⑩アマルフィコースト
◯①ペイシャルアス
▲⑧コーディエライト
△⑤アルモニカ
△⑥スズカフェラリー
☆②レグルドール

【買い目】
馬連 ①⑧⑩
3連複 ①②⑤⑧⑩

元々△の二番手だったスズカフェラリー、出遅れからインついて3着の前走はそんな評価できないかなーと切ることに。

【着順】
⑨ベルーガ
⑧コーディエライト ▲
⑩アマルフィコースト ◎
⑥スズカフェラリー △
③モズスーパーフレア

新潟2歳S同様ハナから粘ったコーディエライト、後ろから伸びてきたアマルフィコーストは目論見どおり強い競馬だったが、大外ベルーガが飛んできてハズレ。新馬戦札幌1200ブッチ切りも相手弱いしなぁと考えていた。


まあ今日は中央の日ではないと、グリチャ、ウイニング競馬、MX、BS11とあちこちで中継している大井に戦場を移す。
 



◆JBCレディスクラシック

◎⑤ホワイトフーガ
◯③プリンシアコメータ
▲⑦アンジュデジール

【買い目】
馬連 ③⑤⑦
3連単 ③⇔⑤→⑦⑧⑭

【着順】
⑧ララベル
③プリンシアコメータ ◯
⑪ラインハート
①ワンミリオンス
⑦アンジュデジール ▲

いきなり100万馬券が飛び出す大荒れ。
ラインハートは後から見てみれば3年ぶりのダートで着順こそ悪いもののピオネロと0.2差、後に重賞勝つメイショウスミトモには先着しており、ここ十分にチャンスではあった。こういうの拾えるようにならんとなあ……

本命ホワイトフーガはずんずん垂れていき、中団からのアンジュデジールはそのまま進出できずにこちらの馬券は終了。
ホワイトフーガは喉鳴りがひどくて引退させる方向で話をすすめているとか……レース前に言いなさいよそういうことは。

物議を醸しているララベルの斜行だが、僅差の2着馬をラチに押しやった馬が降着無しって、じゃあどんなことすりゃ降着になるの? って感じがしますわな。
もしコメータの単勝買ってたら、絶対納得いかないだろうなあと。

◆JBCスプリント

◎①ニシケンモノノフ
◯③キタサンミカヅキ
▲⑧スノードラゴン

【買い目】
馬連 ①ー③⑧⑪
ワイド ③ー⑧

【着順】
①ニシケンモノノフ ◎
⑩コパノリッキー
⑪ブルドックボス
⑮ネロ
③キタサンミカヅキ ◯

本命の単勝でよかった定期。

予定を覆して初めての距離に急きょ参戦のコパノリッキーは、来たらしょうがないという思いで切っていた。出遅れて騎手がタコ踊りしてたときはシメシメと思ったものの、あれだけ力上位の競馬で来られたらしょうがない。
が、一応最後にブルドックボス抑えてたんで、改めてレース映像見るともっと弾けててくれてればな……と悔しさは否めないところ。

◆JBCクラシック

◎⑩アポロケンタッキー
◯⑫ケイティブレイブ
▲①アウォーディー
△⑧サウンドトゥルー

【買い目】
3連複 ⑩ー⑫ー①⑦⑧
3連単 ⑩⇔⑫→①⑧

【着順】
⑧サウンドトゥルー △
⑫ケイティブレイブ ◯
⑤ミツバ
①アウォーディー ▲
⑦グレンツェント

コーナー差し掛かる頃には手応え怪しく、鞭なんぞ使っていたアポロケンタッキーは有力馬の中では唯一垂れてまさかの8着。

どうやら冬にはカニ走りでもしない限り高い水準のパフォーマンスが出せるらしいサウンドトゥルーが差し切って3つめのGⅠ制覇。交流でもヒーロー列伝に入れてあげられないもんだろうか。

アポロケンタッキーもアウォーディーも飛んだ割には、3連複5,700円という辛さであるが、まあ当たらない人間には関係のない話。


てなわけで4戦4敗に終わった初日。
まあ3日あるんだし、どっかで勝てるだろう。
そう思っていた。この時は。