にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 京王杯2歳ステークス・アルゼンチン共和国杯・みやこステークス 感想戦

実家で過ごした土曜日は、慎ましやかに重賞1つだけ楽しんだ。
www.bakenbaka.com

◆京王杯2歳ステークス

◎①タワーオブロンドン
◯⑤タイセイプライド
▲⑧アサクサゲンキ
△②トーセンアンバー
☆⑩ピースユニヴァース

【買い目】
馬連 ①②ー②⑤⑧⑩

タワーオブロンドンからだけで良いかなと思いつつ、これだけの人気馬、ルメール飛ばしちゃうパターンなのでは? などと期待も込め、出遅れリスクはあるものの直線勝負になればと中穴どころのトーセンアンバーからも少し流してみる。
来日早々2つ重賞勝ってるデム弟がここでもやってくれるんじゃないかと。

【着順】
①タワーオブロンドン ◎
⑥カシアス
⑧アサクサゲンキ ▲
⑩ピースユニヴァース ☆
④ニシノウララ

問題なく強かったタワーオブロンドン。積んでるエンジンが1頭だけ違うかのような勝ち方だった。来春はいささか気が早いにしても、年末は有力な主役候補となるだろう。

アサクサゲンキが何とか2着に粘ってくれれば……といったところだったが、もう1頭の重賞馬のカシアスに飛び込まれてしまった。
当然すぐにバッサリでなく取捨を迷った1頭ではあったが、函館2歳Sの勝ちは相手関係と勝ち方的にそんなに評価しなくて良いかなと切ってしまっていた。不明。
 


日曜は仕事。メインの時間に休憩をとりWINSへ足を運ぶ。
www.bakenbaka.com

◆アルゼンチン共和国杯

◎⑪アルバート
◯⑥プレストウィック
▲⑭レコンダイト
△④スワーヴリチャード
☆⑬ハッピーモーメント

【買い目】
3連複 ④⑥⑪⑬⑭
ワイド ⑥⑬⑭/⑥ー⑪

金額を散らして色々と。どれか当たれば十分にプラスとなるがどうか。

【着順】
④スワーヴリチャード △
⑦ソールインパクト
①セダブリランテス
⑪アルバート ◎
⑧カレンミロティック

ダービー2着馬の格を素直に評価すべきだったか、スワーヴリチャード大楽勝。
軽視していたセダブリランテスも一度は落ちていくかなと思ったが、坂が終わったぐらいでまた持ち直して3着。
とはいえ、アルバート以外強豪と呼べる馬がいないこの舞台での結果をもって3歳牡馬が古馬に通用すると判断するのは早計。
次走はどこかわからんけど、さすがにもう少し厳しい相手になるはず。注目したい。

アルバートは衰えが始まってるか調子を落としてるか斤量がこたえたかで、明らかに強いときの状態ではなく、好位にいた馬が残る展開も向いていなかったとはいえ、セダブリランテスとの追い比べて劣ったのは今後に向けて印象悪いかなと。
とはいえステイヤーズSやダイヤモンドSではさすがにまだまだ中心に考えざるを得ないとは思うが。

◆みやこステークス

◎①モルトベーネ
◯④トップディーヴォ
▲⑪ローズプリンスダム
△⑨シャイニービーム

【買い目】
馬連・ワイド ①④⑨⑪

予想記事にも書いたが、ダートのこの辺りの顔ぶれって、好走時と凡走時の差が激しく、どうにも信用できないし、かといって即座に切って捨てることも難しいヤツばかり。
まあ馬連は願望程度で、ワイドを本線に外枠の人気どころがどっちか飛んでくれればという馬券勝負。

【着順】
⑯テイエムジンソク
⑩ルールソヴァール
⑫キングズガード
⑭タムロミラクル
①モルトベーネ ◎

買い目が5、6、7着。仲良くやってんじゃないよまったく。

エピカリスは沈んだものの、テイエムジンソクを外枠という理由だけで切るのは無理があった様子。キングズガードも距離伸びても強かった。
上がり馬では準OPで常に好走していたシャイニービームの方がそうでもないルールソヴァールよりも良さげに思ったが。わからんもの。

トップディーヴォの除外返還のみが僅かな救いという情けない結果。


結局この3日間は7戦7敗。3日ボウズとはよく言ったもの。あかんです。