にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 ジャパンカップ 予想

今週は仕事が忙しく、時間外労働が続き、貴重な勤労感謝の日にはどうぶつの森に入り浸ってしまったりで、心の中では本業の競馬になかなか手が付けられず。
しかし、JCに出てきてる馬ぐらいになると、近走の走りぶりはしっかり記憶にも残っており、頭の中でずっとアレコレ考えを巡らす幸せな一週間でもあった。

◆ジャパンカップ

◎④キタサンブラック
◯①シュヴァルグラン
▲⑨レインボーライン
△②レイデオロ
△⑫サトノクラウン
△⑯ヤマカツエース
☆⑬シャケトラ

メインは3連複で、△は3列目にしようかなーと考えている。デムルメ一緒に来ちゃったらもうしゃあない。
サトノアラジンの惨敗で囁かれる天皇賞秋組の疲労については蓋を開けてみないとわからないが、秋2戦目の馬についてはそこまで懸念しなくて良いかなあと勝手に思っている。
 


というわけで、本命は素直に一番強いのは誰だろう、まあキタサンブラックでしょうということで。
枠も絶好で、今回の出走馬では初対決となるレイデオロと海外馬を除いた全馬を直接下してきているスーパーホースの東京競馬場ラストラン。負ける理由をこじつけて無理やり評価を落とすこともあるまい。

もしローテを重視するならば、最有力に躍り出るのはシュヴァルグラン。そもそも天皇賞春、昨年のJCでもわかるように、叩き2戦目で非常に強い馬。実績もGⅠ馬に見劣りしない。
ミルコがこっちに乗らなかったという理由で人気落とすのであれば、美味しいのではないだろうか。

レインボーラインは例によって応援込みだが、出遅れさえしなければキタサンが主導権握るであろう今回のレースは、キレ味よりも消耗戦に強いスタミナがものをいう展開になるのではないかと。天皇賞に続き、ワンチャンあるのではと期待。

△は切るに切れないレイデオロサトノクラウン、ルメとデム。
この秋3歳馬が席巻しているとはいえ、3歳横綱のレイデオロが古馬のトップを上回るかどうかはまた別の問題。未知数で、やってみなくちゃわからない。
サトノクラウンは調教がどうもイマイチに見えてならない。しかし2200以上になると抜群の安定感を誇るのもまた事実。そして鞍上の恐ろしさ。

あとは、昨年の有馬記念の走りからして、距離長めの方が良いのでは疑惑と、使い減りしないのでは疑惑のあるヤマカツエースも不気味なところ。

そして特選馬のシャケトラについては、こちらをご参照いただければ。

第3話 ジャパンカップ - UMAJOの澤多莉さん(若林新士) - カクヨム

微妙にタイトルを変えました。
コレ書く時間もなかなかなくて、京阪杯は犠牲になったそうな。まあこんなんが楽しいんで仕方がない。

さあ、ぼちぼち今年ラストの府中に向かうことにしようか。