にわかが道をやってくる

競馬のこととか、競馬以外のこととか。



2017 京阪杯 感想戦

ジャパンカップが終わっちゃった。
馬券はトリガミだった。
シュヴァルグランは好きな馬だけど、今回この陣営には勝ってほしくなかったなあ正直。

本当に終わっちゃったんだなあ……

狂騒の余韻ムンムンの東京競馬場。
祭りの後の虚脱状態でターフビジョンをぼんやり見つめる。映し出されたのは、古都で繰り広げられるこちらも今年最後の決戦。

京都開催が終わり、次は阪神ですよってことで京阪杯なのかな、よく出来てるなとか思いながら。

www.bakenbaka.com

◆京阪杯

◎⑦ソルヴェイグ
◯⑮アットザシーサイド
▲⑥ビップライブリー
△⑤ヒルノデイバロー
☆⑭イッテツ

【買い目】
馬連・3連複 ⑦ー⑤⑥⑭⑮

他は散々迷っての印付けだが、まずソルヴェイグは連対は確実、間違っても3着だろう、こういうときの川田はソツない筈とこういう買い方。⑭あたりが来るとデカイぞこれはと期待。
 


【着順】
④ネロ
⑥ビップライブリー ▲
⑭イッテツ ☆
⑪フィドゥーシア
⑫ダイシンサンダー

まさかのネロ逃げ切り。ダート使って復活とか聞かない話ではないが、手を回すことはできなかった。

一方、堅軸と思われたソルヴェイグはまさかのぶっ飛び。まあ、そんないつも全力で駆けることはできんよってことか。
ビップライブリーは期待どおり距離短縮で好走。そして、怒涛の末脚でイッテツが3着に入っただけに悔しい結果。
ソルヴェイグが飛んだときのために、ヒモ馬たちのワイドも抑えておこうなんて発想に至ってれば……

そして、このレースでは一つの生命が失われた。
ありし日のメラグラーナは、自分の中で軽視することが多く、どちらかといえば人気吸って飛んでくれるありがたい馬ぐらいの扱いだった(しばしばヒモでは抑えていたが)。
なので、メッセージを送ったりするのはメラグラーナを応援し続けていたファンの方におまかせするとして、ただ合掌。

このような形で僕たちの前から姿を消す競走馬が、少しでも減ってくれるよう祈りたい。
そう願うこと自体が、人間のエゴそのものだったとしても。